デカ目に癒し目!“涙袋”が容姿にあたえる影響は計り知れない

メイク技術の発達はいちじるしく、昨今はメイクひとつで別人になれてしまうほど。

とくに女性における最新のトレンドは少しでも目を大きくすることではないだろうか。いわゆる“デカ目”にすることで、可愛らしさと女子度をアップさせ、異性につよい印象を与えることができる。

が、今回はデカ目にするためのメイク技術を紹介するわけではない。あるかないかで印象がガラリと変わってしまう、“涙袋”についての考察を書き記したいと思う。

あなどることなかれ、涙袋があるだけで目を大きくできるだけでなく、癒し目効果も生み出すことができるのだ。

スポンサーリンク

涙袋が容姿にあたえる“2つの影響”

涙袋が容姿にあたえる影響は本当に計り知れない。

そのひとつが“デカ目効果”だ。

nmd
出典: 自宅で簡単涙袋の作り方(WEBOO)

ご覧のように涙袋があるのとないのとでは目の大きさが違って見える。これは涙袋が目の存在感を広げているため。わかりやすく説明すれば、一重よりも二重の方が目が大きくなる現象と同様。

涙袋がない・目立たないという方でも、メイクによって作り出すことでデカ目効果を得ることが可能だ。

つづいては“癒し目効果”

上記画像をあらためて閲覧いただきチェックしてほしいのだが、涙袋がない状態はどこか平坦かつ無機質な印象がつたわってくる。対してある状態では膨らみが優しさを演出することで、癒し効果がプラスされる。

よって涙袋は単純に目を大きく演出する効果だけでなく、表情に優しさと癒しを加える効果も持っているのだ。

スポンサードリンク

華やかさもアップする涙袋の魅力

涙袋のメインとなる効果は前述した2点となるが、実はまだまだ華やかさを演出する効果を持ち合わせている。

その代名詞となるのが“3D効果”だ。

nb
出典:プリ画像

ご覧のように立体感がプラスされるため、奥行き感ができる。これにより目元にメリハリが生まれる。さらに“ドールチーク”と呼ばれる、自ハイライト効果も。

全体的に輝かしい表情になり、無機質な表情から一変できるだけでなく、若々しさと可愛らしさがプラスされるのも特徴。

このように涙袋があるだけでさまざまなメリットが得られる。目を大きく見せたいなら、涙袋をつくるメイクにしたほうが理想の容姿に近づくかもしれない。

やりすぎはNG!バランスを考えたメイクを

自然なカタチで涙袋を演出できればそれに越したことはない。もともと涙袋が目立つという方はそれを有効活用できるメイクを習得するといいだろう。

しかし、涙袋がない方はやりすぎに注意。少しでも目を大きくみせようと、過剰なメイクをすると不自然さばかりが目立ち、異性から怖がられること間違いなし。

メイク技術の向上は認めるが、あまりにも過激なメイクでサイボーグのような容姿になっている女子は少なくない。

世の中の男性はあくまでナチュラルな容姿で可愛い女性を好むので、バランスを考えたメイクをこころがけよう。あきらかに書いているとわかる涙袋はいうまでもなくNGだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top