チクチク痛む…生理前の腹痛・腰痛を改善するためのポイント

生理になると腰痛や腹痛があるのが悩みになっている女性も多いだろう。あまりにもひどい場合は学校や仕事を休まざるをえないときもある。

なぜ生理になると腰痛・腹痛が発生してしまうのだろうか。原因を知り、その原因にあった緩和する方法を見つけていきたいと思う。

痛みをなんとかしたいと思っている女性はぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

女性ホルモンが大きく関係している

女性のホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」と呼ばれている2つのホルモンで成り立っている。普段の生活であればこの2つのホルモンバランスが整えられているのだが、生理が始まるとプロゲステロンの分泌が活性化され、バランスが崩れてしまう。

プロゲステロンは自律神経である交感神経が活性化し、心と体同時にさまざまな不調があらわれることになる。それが「PMS(月経前症候群)」なのだ。

腰痛・腹痛はPMSの症状のひとつであり、ホルモンバランスが崩れてしまうことで引き起こされることになる。

プロゲステロンの量が増えると同時に、また違ったほかのホルモンである「プロスタグランジン」が登場する。このホルモンは子宮を収縮させる働きをもっており、腹痛をさらに悪化させてしまう原因になっている。

では、どうやって腹痛・腰痛を改善することができるのだろうか。

スポンサードリンク

基本は“規則正しい生活習慣”を心がけること

生理中に腰痛や腹痛が引き起こされるのはPMS、ホルモンバランスが原因ということがわかった。その原因から1番の対策方法として挙げられるのはホルモンバランスを崩さないようにすること。

ただし、特別な薬を飲んだり、治療をする必要はない。ただ、毎日当たり前に過ごしている生活を見直していけば良い。

PMSがひどい人に限って生活習慣が乱れてしまっている傾向が多くみられる。例えば毎日深夜まで起きていたり、十分な睡眠がとれていない、昼夜逆転になっているなど、乱れてしまっている生活習慣を見直してほしい。

最近は自身のPMSが出やすい時期などをチェックできる、キレイサイクル女性医学といったアプリもあるので、有効活用するといいだろう。

また、良質な睡眠はとても大切だ。質の良い睡眠をとることで体をゆっくり休めることができ、心もリラックスすることができる。ストレスも腰痛・腹痛の原因になっていることもあるため、上手に解消していかなければならない。たいていの人が生活習慣を見直してから腰痛・腹痛が緩和されているのだ。

身近なところから見直していくことも改善するためのポイントである。

腰まわりの決行を良くすること

生理中だけでなく、常に気をつけてほしいのが「体の冷え」。冷え性で悩まされている女性も多いはずだ。体の冷えは血液の流れを悪くさせ、下腹部に血液が溜まることで腰痛や腹痛を引き起こしてしまう。

血行を良くするためにも体を冷やさないようにしなければいけない。入浴中に体全身をマッサージしたり、お風呂からあがったときはストレッチをする。また、冷たい水ではなく、白湯を飲むことも効果的だ。

また、冷えを改善するために有効なサプリ温活宣言などもあるので、日々の健康を維持するためにも有効活用したいところ。

もし、自分でできる限りのことはやってみたが一向に症状が緩和されない場合は、病院に一度診てもらった方が良いだろう。自分の体質や症状に見合った治療で改善できる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top