ズバリ診断!男性・女性別の“結婚適齢期”を徹底解説

近年、結婚をしない男性・女性それぞれが増加傾向にあるため、結婚適齢期があがってきている。

昔は10代後半~20代前半で結婚するカップルが多く見られたが、現在はアラフォーになってようやく結婚する男性・女性が多い。

その理由としては様々なものが挙げられるが、特に女性の活躍の場が広がったことが大きな要因といえよう。

そこで今回は男性・女性それぞれの結婚適齢期について掘り下げていく。

まずは女性の結婚適齢期から解説していこう。

スポンサーリンク

過去と比較すると“3歳”上昇!現代女性の「初婚年齢平均」

多くの女性が気にかける“初婚年齢平均”。

平成25年度、内閣府が発表したデータによると、女性の初婚年齢は「29.0歳」となっている。

これを30年前のデータと比較すると、「3.0歳」の上昇。更に内閣府の推測によれば、これから先もさらに女性の初婚年齢は上昇するとのことで、ますます初婚年齢が高くなると思われる。

では、現代女性の初婚年齢が上昇した理由は何なのか?
その背景には「女性の社会進出」があった。

現代女性は“仕事上のキャリア”を大切にする傾向があり、それを結婚や出産でストップさせたくないと考える方が増加。つまり、仕事が充実している女性ほど結婚が遅くなる可能性があるのだ。

そもそも遅かれ早かれ結婚に対する価値観は人によって異なるが、すでに平均初婚年齢である29.0歳を過ぎても結婚していない女性は、現時点でのデータに基づいて結論を出すと「遅い」と判断せざるを得ない。

しかし、結婚が遅くなっているからといって焦る必要はない。

「遅い時期に結婚したことで幸せを手にできなかった・・・」というケースは稀で、40代で結婚した女性でも幸せを手にしている方は数え切れないほど存在する。

だからこそ、自分にとって最適なタイミングを見極めることが、あなたの結婚適齢期と言っていいだろう。

「女性の結婚適齢期」=「妊娠・出産しやすい年齢」

実際のところ、「出産適齢期」に規定など存在しない。
しかし、女性には妊娠・出産できる年齢が限られていることは事実だ。

だからこそ、いずれ子供を産んで家庭をもちたいと思っている女性は注意しなければならない。

妊娠・出産しやすい年齢は20代前半~30代前半。
すなわち、この20代前半~30代前半が女性における“結婚適齢期”と言っていい。

40代に突入すると妊娠できる確率が減少すると共に、出産におけるリスクが高くなる。
よって、妊娠・出産を希望するのであれば、最低でも30代前半までに結婚を考えなければならない。

総じて考えると、女性の結婚適齢期は30歳がベストといえよう。

20代の女性は「まだまだ仕事で働きたい」「いろんな男性とお付き合いしてみたい」という方がほとんど。それに20代はさまざまな経験ができる年代といっても過言ではない。

だからこそ、20代のうちにたくさん仕事をし、遊ぶというスタイルでも構わない。
しかし、30歳になる前に最良の男性と出会い、30歳で結婚するプランは立てておくべきだろう。

女性がもっとも注意すべきは「結婚適齢期」という問題ではなく、妊娠・出産しやすい時期である。

仮にあなたが子供を望まなくとも、相手はそうとは限らない。
そういった問題もクリアしない限り、幸せな家庭を築くことは困難といえよう。

いずれにしても結婚適齢期を気にするがあまり、女性として大きなテーマに掲げられる妊娠・出産を忘れてはならない。

結婚適齢期にとらわれず「最適のタイミング」をチェックしよう

女性は妊娠・出産を考えたうえで結婚しなければならないことは事実だ。

しかし、妊娠・出産しやすい時期が結婚適齢期であると考えてしまえば、どこか強引に結婚せざるを得ないという解釈すらできてしまう。

だからこそ現代女性は「結婚適齢期」にとらわれず、結婚したい“そのとき”を探ってみてほしい。

これは前述した内容と矛盾してしまうが、「結婚したい!」という願望を持つことこそ、ゴールインを考える時期といえる。

そもそも大して結婚する意思がないのに結婚に至っても、後に失敗する可能性の方が大きい。

一般的に20歳前半~30歳前半が女性における結婚適齢期と言われているが、まだ自分に結婚願望がないのであればそれを気にする必要はない。

これはごく当たり前のことだが、本人に結婚したいという意思がなければ、結婚に向けて積極的に動くことはできない。

人それぞれ結婚適齢期は異なる。だからこそ、その時期がやってきたとき、スムーズに結婚できるよう自分自身を磨いたり、さまざまな男性と交流して結婚を意識できる相手を見つけることが大切だ。

言うまでもなく理想の男性と出会うためには、“行動”することがカギになる。

また、仮にあなたが現時点で巷で言われる結婚適齢期を過ぎていたとしても、この先素敵な人と出会うかもしれない。やがて訪れるであろう結婚のチャンスを確実に掴めるよう、自分自身を磨いていくことをおすすめする。

本文では何度も解説したが、女性の結婚適齢期は“20歳前半~30歳前半”。
しかし、これは世間でいう女性の結婚適齢期でしかない。

あなた自身が結婚したいときこそ、ベストタイミングなのだ。

仮に結婚適齢期があなたを苦しめているなら、一度それを意識せずに人生を楽しむマインドに切り替えてみよう。

誰にでも機はやがて訪れるのだから。

スポンサーリンク



女性とはまったく違う?!「男性の結婚適齢期」を徹底解剖

“結婚適齢期”とは結婚に適した年齢の許容範囲を示しているが、男性の結婚適齢期はいったいどのくらいになるだろうか。

女性は妊娠・出産があるため、結婚適齢期は妊娠できる年齢が許容範囲となっている。

しかし、男性にはそのようなことがないため、女性よりも年齢幅は広いといえよう。

それでは男性の結婚適齢期について解説していく。

男性にとってベストな結婚時期は“20代後半~40歳代”

内閣府のデータによると、女性の結婚適齢期は“20代前半~30代前半”だが、男性は“20代後半~40歳代”と女性よりも年齢幅が広い。

その背景には男性が「仕事」にウエイトを置いたライフスタイルになる、という理由がある。

結婚する男性のほとんどが、社会人になって数年経過した「安定期」に入った頃をチョイスする傾向にあり、その時期が「結婚適齢期」と判断することも可能だ。

逆に社会人になりたての20代前半はまだまだ仕事に不慣れなこともあり、結婚を意識できない男性がほとんど。

よって男性の結婚適齢期は、ある程度社会人経験を積み重ね、安定してきた時期といえよう。

事実、仕事が安定し、将来のキャリアプランが具体的になってから結婚を考えるようになったと答える男性は多い。

結婚を視野に入れたお見合いパーティーで、20代よりも30代や40代の男性が多く見られるのはそれが理由だろう。

よって、男性は仕事が安定すると結婚を意識しやすくなる特徴を持っている。
そして、家族を養っていくことで自信を身につけていく生き物という言い方もできる。

いずれにしても不安定な状態で結婚しても経済面での不安が大きいため、その後に失敗する可能性が高い。

そうなると、もはや結婚適齢期などを意識する以前の問題となってしまうのだ。

統計データ「初婚年齢」から自身の適齢期を導き出す!

男性が自身の結婚適齢期を判断するには、まず統計データに見られる「初婚年齢」チェックすることが大切になる。

これは前述しているが、内容を飛ばしている方にために改めて記述すると、女性の初婚年齢は平成25年度の内閣府のデータによれば、平均29.0歳。

一方、男性の初婚年齢は30.7歳。

これを30年前のデータと比較すると、およそ3歳の上昇となっており、女性同様、この先徐々にあがるのではないかと考えられている。

よって、男性の結婚適齢期は30歳が目安になるといえよう。
アラサーを意識しながら結婚を視野に入れて行動する、というのがベストかもしれない

実際にアラフォーになって婚活をしている男性数名に話を聞いてみたところ、「30代のうちに結婚しておけばよかった」と後悔する声が多く聞かれた。

とはいえ、結婚適齢期を逃してアラフォーになってしまった男性にはそれなりの理由がある。

それは多くの男性が30歳から人間としての魅力を出すケースが多く、その時期がモテ期に繋がることも。つまり、この時期に調子にのって遊んでしまうと、気が付けば結婚適齢期を逃し、アラフォーになってしまうのだ。

なお、お見合いパーティーに参加した40代男性の口コミをまとめると、結婚相手がなかなか見つからない人がほとんど・・・。もちろん、人によっては40代でも結婚相手を見つけることは可能だが、できることなら安全圏の30代のうちに結婚した方がいいだろう。

正直なところ、男性は生殖活動ができる状態であれば何歳でも結婚できる。
しかし、男性の結婚適齢期は平均初婚年齢からみても“30代前半”がベストと言っていいだろう。

理想的なゴールインまでの流れとしては、「20歳後半で結婚を前提にした交際をスタートし、30歳前半で結婚を決める」。これがもっとも理想的だ。

男性が結婚適齢期を逃さないための“秘訣”

男性の結婚適齢期は“20代後半~30代前半”がベストだが、いつその機会が訪れるかはわからない。

場合によってはすぐさま機がやって来ることもあるので、スムーズに結婚するための準備をしておくことが大切だ。

では、その準備とは何をすべきなのか?

答えは至って単純で、“仕事”を熱心に取り組むだけで構わない。

冷静に考えてみればわかることだが、どれだけ結婚したい相手がいても、安定した収入がないことにはお先真っ暗だ。

つまり、安定した職に就き、家族を養っていける経済力をもつことが結婚するための条件になるだろう。

ちなみに現代女性の多くは現代男性に対して、安定した収入を求めている。
よって、不安定な状態では結婚を承諾してくれないだろう。

そもそも男性は家族を養う力を持つことが当然であるし、いずれ家族の大黒柱とならなければならない。

だからこそ、結婚適齢期に自信をもって「結婚をしよう」と言えるよう、日ごろから仕事に力を入れよう。

おまけに仕事ができる男性は女性から尊敬されやすい。
そして、仕事ができる男性ほど「この人と結婚したい」と女性から思われるものだ。

あなたが結婚適齢期を逃したくないのであれば、その時がやってくるまで仕事に力を入れること。そして、家族を養えるだけの財力をもっておくことが大切になる。

男性としての自信を持つことができる状態を手に入れれば、スムーズに結婚することができるはずだ。

 


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top