スムーズに食べられる「抜歯後の食事レシピ」

歯を抜いた後、困ってしまうのが「食事メニュー」。

何を食べたら良いのか、食べてはいけないものがあるのか…悩む人も多いのだろう。

そこで、スムーズに食べられる「抜歯後の食事レシピ」について説明する。気になっている人は、ぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

抜歯後の主食におすすめしたいレシピ

痛みのある抜歯後は、できるだけ食べやすい食事メニューがおすすめ。

かみ合わせも悪くなっているため、スムーズに食べられる食事が好ましい。硬めのお肉やかみ応えがある食べ物は、極力控えめに。

主食でおすすめしたい抜歯後の食事レシピは、「おじや・おかゆ」「うどん・にゅうめん」「スープ系」。

ご飯が食べたくても、抜歯後はなかなか食が進まない。スムーズに食べられるよう、ご飯をやわらかくすることがポイントだ。

抜歯後の食事レシピにはぴったりのメニューになる。ご飯の中に野菜や山菜などの好きな具を入れて、おじや・おかゆにしてみよう。

卵を上から割って入れると、さらに美味しくなる。

麺類が好きな人は、「うどん・にゅうめん」がおすすめ。簡単にできる、抜歯後の食事レシピだ。

寒い時期は温かいうどん・にゅうめんにして、暑い時期は冷やにすると食が進む。

また、ワンタンスープや野菜スープなど、温まるスープ系もおすすめ。抜歯後の食事レシピでは、簡単な作り方なので、ぜひ試してほしい。

自分の好みに合った食べやすい主食を考えよう。

スポンサードリンク

おかずにおすすめしたい「抜歯後の食事レシピ」

次は、おかずにおすすめしたい「抜歯後の食事レシピ」を紹介しよう。

おかずでおすすめしたいのは、「豆腐」「魚の煮物」「ポテトサラダ」「茶碗むし」など、やわらかい食事メニューになる。

どれも歯を使わず、スルッと食べられるだろう。

お肉は硬いので、控えた方が良い。魚の煮物はやわらかいので魚を中心に食べていこう。

魚は、歯を丈夫にしてくれるビタミンやミネラルが豊富に含まれているのでおすすめ。

また、茶碗むしや豆腐、ポテトサラダもおすすめのおかず。豆腐や茶碗むしは、ヘルシーなのでダイエット中の人にぴったりだ。

豆腐は、バリエーション豊富なので飽きることもない。ポテトサラダは、できるだけつぶしたものにしよう。

じゃがいもやにんじんがゴロゴロ入っているポテトサラダは、抜歯後食べにくい可能性もあるため、つぶすことが大切なポイントだ。

このように、抜歯後の食事レシピは、いかに「歯を使わずに食べられるかどうか」が大切になるだろう。

おやつにおすすめのレシピと食べてはいけない食べ物

主食・おかずにわけて、抜歯後の食事レシピを説明してきた。

「ゼリー」や「ヨーグルト」、「カステラ」は、抜歯後のおやつにおすすめ。ヨーグルトの中にジャムを混ぜたり、野菜と果物を混ぜたミックスジュースも良い。

自分なりに、食べやすくなるよう工夫してみよう。

抜歯後の食事レシピでも、できるだけ控えておきたい食べ物がある。それは、「刺激物」「アルコール」「熱い物・冷たい物」だ。

余計な刺激を与えてしまうため、抜歯をした部分が悪化してしまう。

熱い物を食べるときは、ある程度冷ましてから食べる。極端に冷たくしないなど、工夫することが大切なポイント。

おかゆやおじやにアクセントがないからと、七味唐辛子や胡椒などの調味料を入れる人もいる。しかし、あまり刺激となる調味料は逆効果になるため、注意しなければならない。

できるだけ刺激を与えないように、抜歯後の食事レシピを考えていこう。

抜歯後の食事レシピで、さらに痛みが悪化するような異常が起きた場合はすぐに、歯医者に行くこと。あまりにも痛みが治まらない場合は、早めに対処しなければならない。

十分に抜歯後の食事レシピを考えつつ、刺激のない食事を心がけよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top