ストレス?ウイルス?下痢が続く原因と対策

下痢がずっと続いてしまうと体に大きな負担をかけてしまう。

できるだけはやく下痢から解放されたい人は必見!

今から“なぜ下痢が長く続いてしまうのか”、原因についていくつかピックアップしていきたいと思う。原因を知ったうえで、下痢の対策法について考えていこう。

スポンサーリンク

下痢は大きく分けて2種類ある

下痢には2つの種類があることを知っているだろうか。

「非感染性」と「感染性」の2つがある。

いきなり腹痛や下痢がやってくる人は「非感染性」の下痢になっている可能性が高い。非感染性の下痢は主に、アレルギーや薬剤、暴飲暴食、冷え性、そしてストレスが大きな原因となっている。

一方、「感染性」の下痢は細菌やウイルス、食中毒が原因。

もし、発熱や吐き気、便に血液が混じっている場合は「感染性」の下痢だと考えてもらってよいだろう。

下痢の種類によって原因が異なるため、まずは自分がどのような下痢なのか確認することが大切だ。

ずっと下痢が続いている人はとくに、注意しておかなければならない。

すでに“慢性下痢”となっている可能性が高いため、ストレスや不規則な生活が原因だけではなく、泌尿器の炎症、糖尿病、肝臓病、胃潰瘍大腸炎、ポリープ、ガンといった病気を発症している恐れもある。

スポンサードリンク

こんな下痢は要注意!病院ですぐに診てもらおう

次に挙げる下痢の症状に心当たりがある人はすぐに病院で診てもらう必要がある。

  • 吐き気、嘔吐、腹痛も同時にともなう
  • 便の色が普通とはまったく違う色
  • 便の中に血や消化されていないものが入っている
  • 強烈な臭いを発している

以上のような下痢は要注意!

体が危険信号を発していると思っておいて良いだろう。下痢が2日以上続けば病院で診てもらった方が良いとされているが、実際のところ、病院までいく必要がないと判断する人がほとんどだ。

しかし、以上のような症状があらわれた場合は急を要する。すぐに病院にいこう。

下痢対策でもっとも効果的な「食事法」

慢性的な下痢に効果的な対策法は、「食事法」にある。

腸内環境を整えるだけで下痢を改善することができるだろう。

腸内環境を整えるためには「善玉菌」を増やすことが手っ取り早い。善玉菌は腸内をキレイに掃除してくれ、環境を悪化させる悪玉菌を排除してくれる働きももっている。

ヨーグルトやチーズのような発酵食品や善玉菌を増やしてくれる成分を積極的に摂取していこう。そうすれば自然と慢性的な下痢も改善されるはずだ。

また、より効果的な対策法として、「規則正しい生活習慣を送る」「ストレスを溜め込まない」ことも大切なポイント。

規則正しい生活を送ると基礎代謝があがり、腸内の働きを活性化させてくれる。また、ストレスは精神だけでなく体にも悪影響を及ぼすためNG。

できるだけストレスを溜め込まないようにすることも対策法のひとつだ。

もし、何も食べたくないときがあればせめて水分だけはこまめに摂るようにしよう。下痢は脱水症状を引き起こしやすくなるため、水分補給はかかせない。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top