ストレスから来る白髪はシャンプーで治るのか?

今は若白髪になる若年層が急増しているが、一般的に考えると白髪が増えるのは30代あたりから。

白髪だらけの人からすれば、もはやそれを治すことを考えないかもしれない。

しかし、ストレスなどが原因で急激に白髪が生えた人からすれば、何とかして治す方法を見出したいはずだ。

では、ストレスが原因と思われる白髪は、どのような対策をすれば治るのだろうか?

今回はストレスから来る白髪が治る方法を徹底調査した。

スポンサーリンク

髪が白くなる原因はやっぱりストレス?

まずなぜ人は白髪が増えるのか?
その原因を知ることが治すための方法を探る大切な一歩となる。

基本的に白髪の原因とされているのは、遺伝をはじめ、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、栄養不足。

不摂生をおくっていると、当然ながら髪に栄養が配給されないので白髪になってしまう可能性は高い。

また、遺伝は何をやっても治す術を見つけられないので、白髪染めや専用シャンプーでケアをする他ない。

ストレスなどの原因が克服できるものであれば、十分に治すことも可能だろう。しかし、いたって健康な身体なのに白髪が増えるケースもある。

「特に生活習慣が乱れているわけでもなく、ストレスや栄養不足の疑いもない」にもかかわらず、白髪が生える人は前述した原因ではない“何か”がそうさせている。

その何かとは、“シャンプー”の可能性が高い。

あなたに頭皮環境に合っていないシャンプーを使っていると、髪はやせ細り、薄毛や白髪を招くことがあるのだ。

では、どのようなシャンプーを使うことが理想なのだろうか。

白髪が治る理想的なシャンプーとは?

今から解説する内容は、あくまでシャンプーやストレスが原因で白髪になっている方を対象にしたものになる。

つまり、それ以外の原因が治ることを条件としていないので、ご理解の上読みすすめて頂きたい。

では、白髪が治る理想的なシャンプーの条件とは何か。

まず、白髪が増える原因はストレス、もしくは間違ったシャンプーを利用していることを把握してほしい。それによって頭皮にダメージが蓄積し、メラノサイトの機能がいちじるしく低下するのだ。

メラノサイトは“黒い色素”をつくる重要な存在であり、これがなくなると髪は必然と白くなるわけだ。

つまり、白髪が治る理想的なシャンプーの条件としては、「メラノサイトを活発化させる働きをもっている商品」ということになる。

現在、メラノサイトを活性化させる成分として「ヘマチン」が挙げられる。

この成分が配合されたシャンプーを使えば、白い髪が治る可能性を期待できることだろう。

オススメできる「白髪に最適な条件を揃えているシャンプー」

白髪が治るシャンプーを探している人に“朗報”だ。

前述したメラノサイトを活性化させる「ヘマチン」が配合されたシャンプーは販売されている。

そのシャンプーはharu黒髪スカルプ・プロ」

現在、スカルプシャンプーは一般的なものとなったが、このharuのこだわりようはその他シャンプーでは太刀打ちできないレベルだ。

「haru黒髪スカルプ・プロ」の特徴

同シャンプーは100%天然由来の成分を使用し、頭皮にやさしいノンシリコン。

さらに「ヘマチン」をはじめ、髪に有効な3種のミネラル成分を配合している。

また、発毛・育毛にかかせないとされる、「ミノキシジル」の約3倍の効果をもたらす「キャピキシル」も配合している。

つまり、このシャンプーは白い髪が治る可能性を秘めながらも、薄毛や抜け毛に悩む方にも効果が期待できるのだ。

なお、同シャンプーはヘアケアのプロが監修・推奨していることもあり、知る人ぞ知る白髪が治るシャンプー。

ということで、ストレスもしくは間違ったシャンプーを利用していることが原因で、髪が白くなっているなら同シャンプーを使うことで治る可能性があるわけだ。

髪質が治ることを目的にシャンプーを探している人にとっては、最高のシャンプーと言っていいだろう。

 

以上、ストレスから来る白髪が治るシャンプーについて解説した。

白い髪が治るシャンプーは発売されているので、あなたの頭皮環境と照らし合わせながら、有効成分が配合されたものを利用してほしい。

まずはあなたが現在使用しているシャンプーについて調べ、それが適切なものかどうかをチェックすることをおすすめしたい。

 

■製品の詳細はこちら

デメリットは計り知れない?白髪を抜く行為

もしあなたの髪に“白髪”が混ざっていたら、どのような対処をするだろうか?

恐らく見つけた途端に抜くという人は少なくないことと思う。

しかしながら、髪を抜くことは非常に危険な行為である。

髪を抜くことでハゲを進行させてしまう恐れもあるため、無闇に髪を抜く行為は頭皮環境に大きなストレスを与えることになるのだ。

それでは引き続き、白髪を抜く行為のデメリットについて詳しく解説する。

スポンサードリンク



ハゲを招く危険アリ!?「髪を抜くデメリット」

髪を抜く行為のデメリットとして挙げられる点、それは「毛根が傷ついてしまうこと」だ

毛を抜くということは毛根から無理やり引き抜くことを意味する。そのため、毛穴が浮いた状態になってしまい、頭皮を傷つけるだけでなくストレスを与えてしまうのだ。

基本的に髪の毛は同じ毛穴から2~3本生えてくるが、たった1本の白髪を抜いただけで同じ毛穴の髪までも痛めてしまう。

また、痛むのは毛根だけではなく、髪の毛や毛根細胞も・・・。

毛根細胞が傷ついてしまうと、その後に生えてくるであろう髪の毛の再生機能が失われてしまい、髪の毛が生えなくなる危険性もある。

つまり、髪を抜くという行為は「ハゲやすくなる」ことを意味しているのだ。

実際に白髪を抜きはじめてから髪が少なくなったという人は少なくない。そう感じている人のほとんどは、髪を抜いたことで毛根細胞を傷つけてしまったのだ。

ということで、ハゲを気にしている人は髪を抜く行為をやめなければならない。

いずれにしても、白髪を見つけたら抜くことは避け、白髪染めシャンプーなどでで対処するか、髪の毛をカットしよう。

白い髪が治る情報を検索している人で、白髪を抜く習慣が身についているなら要注意といえよう。

白髪を抜くとメラノサイト機能が低下する

先述したように髪の毛が黒い要因は、メラニン色素を生み出している“メラノサイト”があるからだ。

ところが、白髪を抜いてしまうと毛根細胞はもちろんのこと、このメラノサイトにも悪い影響を及ぼしてしまう。

メラノサイトが痛んでしまうと機能が一気に低下し、メラニン色素が生み出されなくる。さらに白髪が増える可能性が非常に高くなってしまうのだ。

たった1本抜くだけでも痛んでしまうので、絶対に髪を抜く行為をしてはならない。

なお、抜いたあとも白髪が再び生えてくるが、それはメラノサイトが痛んでいる証拠。

何度も言うようだが、たった1本抜いただけでも、毛根細胞をはじめ、毛穴、メラノサイトなど、頭皮環境を悪化させることになる。

これはハゲが気になっている人も同様。

髪の毛をこれ以上減らさないよう、髪にリスキーな行為は控えよう。

髪を抜かずに対処する方法

白髪を抜く行為がどれだけ危険なことなのか、お分かりいただけたと思う。

では抜かずして対処するにはどうしたらいいのか?

もっともオススメできる方法は、「毛根近くまでカットする」ことだ。

言うまでもなく、髪をカットするだけなら、毛根やメラノサイトを傷つけずに対処できる。

この方法は白髪染めシャンプーを使うと頭皮が荒れてしまう人にもオススメ。それらのシャンプーには刺激が強い成分がたくさん含まれているため、使うと頭皮が荒れてしまう人は少なくない。

だからこそ、白い髪はカットで対応するよう心がけよう。

 

また、健康的な黒い髪を生やすこともテーマにしなければならない。

シャンプーに気遣うだけでなく、髪にいい栄養素を摂取することも白髪が治る近道といえよう。

特にミネラル・ビタミン・アミノ酸は髪に必要不可欠な成分。これらの栄養素をバランス良く食事から摂取していこう。なお、日々の食事で摂取が難しい場合は、サプリを利用するといい。

以上が髪を抜く行為のデメリットについてだ。

まとめると、以下の5点に注意した生活習慣を送ることが大切になる。

  • 白髪は絶対に抜かないこと
  • 毛穴や毛根細胞、メラノサイトが痛む可能性がある
  • 再び白髪が生えてくることもある
  • 1番良い方法は毛根まで髪をカットすること
  • ハゲ対策のためにも栄養バランスの良い食生活を送る

今まで髪を抜いていた人であっても、今から改善していけば十分な対策は可能。

まずはできることから少しずつ対策を始めていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top