インフルエンザ予防接種は効果ナシ?副作用が増す場合も・・・

現在、インフルエンザが猛威をふるっているが、その頼みの綱とされているのが“予防接種”。しかし、その予防接種が期待しているような効果を持たないことが明らかになった。

場合によっては副作用を生じることもあるようで、インフルエンザに対しては別の対策をとったほうがいいことになる。そこで今回はインフルエンザの予防接種の真相についてメスをいれる。

スポンサーリンク

厚生労働省「ワクチンの効果は“ある程度”」

インフルエンザ関連の情報を調査している方ならご存知かもしれないが、厚生労働省のホームページを見ると予防接種において次のような回答をしている。

「インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度抑える効果や、重症化を予防する効果があり、特に高齢者や基礎疾患のある方など、罹患すると重症化する可能性が高い方には効果が高いと考えられます」

これはすなわち、予防接種(ワクチン)の効果が“ある程度”でしかないことを意味する。

そもそも予防接種における効果については以前から曖昧であり、その信ぴょう性は定かではなかった。ここ日本では子供から大人までが自然とおこなう予防の一種となっているため、効果があるものと認知していた方は多いはず。

しかし、国立感染症研究所の調査結果によると、昨年に流行した「A香港型」の予防接種をした人も、A香港型インフルエンザに感染していた人が多かったことが明らかに。よって、予防接種に過大な期待は禁物ということになる。

今回のインフルエンザも予防接種をしたからといって防げるわけではないのだ。

スポンサードリンク

実は知られていない予防接種の真実

予防接種は人間の体に抗体をいれる行為になる。つまり、ウイルスや生物などの組織を入れることになるので、それらが活性化でもすれば異常ともいえる反応を起こしなかねない。

また、ウイルスなどによって体内が汚染される危険性があることも忘れてはならない。要するにワクチンと呼ばれる類のものはリスクが非常に高いといえよう。

さらに予防接種には人体にとって害のある接着剤や防腐剤が使用されており、シックハウス症候群や科学物質過敏症を引き起こす要因にもなりかねない。つまり、ワクチンには劇薬が使われているというわけだ。

このように予防接種によって、さまざまな副作用が生じてしまう可能性がある。

自然感染したほうが強い抗体がつくられる

母里 啓子 著「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」を読めば、いかに予防接種というものが恐ろしいものかがわかる。同書によると、インフルエンザは自然感染したほうが強い抗体がつくられるそうだ。

インフルエンザ・ワクチンは打たないで!

そもそもワクチンは副作用の危険があるわけで、場合によっては重篤な副作用になる可能性も。リスクマネジメントを追求するなら、ワクチン接種は除外すべきといえよう。

もちろん、真っ向からワクチンそのものの効果を否定するわけではないが、100%、いや高い確率で効果があるか見込めないものに手を出す必要はない。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top