健康

インナードライ治療は特徴の把握で効率化できる

投稿日:

普通肌・乾燥肌・敏感肌・オイリー肌・混合肌など、人によって肌質は違う。

日本人のほとんどが「乾燥肌」だと言われているが、最近多くみられるのがが“インナードライ肌”。

雑誌、テレビ、ラジオなどさまざまなメディアで取り上げられており、一度聞いたことがある人も多いのではないだろうか。

そこで今回はインナードライ肌の特徴と治療(改善方法)について詳しく解説する。

「インナードライ肌かもしれない…」と気になっている方は要チェック。

特徴・原因を把握し、適切な治療を行っていこう。

スポンサーリンク

「インナードライ肌」の基礎知識

インナードライ肌とは表皮こそ乾燥していないものの、肌の奥底や角質は水分が足りていない乾燥状態のこと。

肌は表面が乾燥すると何とかして皮脂の分泌量を増して潤そうとするが、逆に皮膚の奥底にある潤いが減ってしまう。

 

この流れがインナードライ肌が生じるメカニズムであり、肌の内側の水分が蒸発してしまう原因である。

 

よく似たケースに乾燥肌が挙げられるが、これは「皮膚の表面が乾燥している状態」。一方のインナードライ肌は皮膚の内側が乾燥している状態である。

表皮は大量の皮脂で覆われているため、皮脂が多いオイリー肌だと勘違いする人が多い。

 

オイリー肌と勘違いし、皮脂を取り除いてしまうと余計に乾燥が悪化してしまい、治療や改善方法の効果が減少する可能性があるので注意しなければならない。

 

よって、インナードライ肌の特徴を把握し、適切な治療もしくは改善方法を実践する必要がある。

 

インナードライ肌に見られる症状

インナードライ肌になることで生じる典型的な症状は以下のとおり。

  • ニキビが発生しやすい
  • お肌のキメが悪い
  • 毛穴が目立つ
  • 皮脂があるのにつっぱり感がある
  • 肌がごわつく
  • 化粧ノリが悪い
  • かさつきがある
  • スキンケアをしているのに乾燥がひどい
  • 肌の状態が常に不安定

 

このように様々な症状があらわれる。

上記症状にひとつでも該当するならインナードライ肌になっている可能性が高い。よってすぐにでも治療(改善方法)しなければならないだろう。

 

特に多くみられる症状は「皮脂がたくさん出ているのにつっぱり感がある」「肌の状態が不安定」の2点。

 

インナードライ肌は皮膚の内側・角質が乾燥するため、つっぱり感が出やすく、ニキビや吹き出物が発生し、化粧ノリが悪いなど常に肌トラブルを抱えこむ傾向がみられる。

この場合、治療や改善方法を実践しても時間がかかってしまうので注意が必要だ。

まずは自分の先述した症状に自身の肌が該当していないかチェックしてみよう。

何事も適切な治療と改善方法を実施するためには、特徴や症状・原因の把握が必須となる。

 

スポンサーリンク

自分でできるインナードライ治療(改善方法)

インナードライ肌の治療(改善方法)は、特徴を把握しているかどうかで大きく変わってくる。

無論、インナードライの特徴や症状を把握しておけば、よりスムーズに治療することが可能だ。

そこで治療や改善方法について説明する前に、まずはインナードライ肌になる原因について解説する。

 

インナードライ肌になる主な原因は「乾燥」。

乾燥が激しい冬場をはじめ、冷暖房によるお肌の乾燥、紫外線から受けたダメージ、間違った改善方法などさまざまな原因が挙げられる。

 

これらの原因は外的要因だが、栄養バランスの悪い食事、不規則な生活、ストレス、喫煙・飲酒などさまざまな内的要因も関係しているので注意しなければならない。

日常生活にも原因が潜んでいるのがインナードライの特徴であり、治療や改善方法を実践する上での重要なポイントになる。

インナードライの「外的要因」「内的要因」どちらの特徴にも共通しているのが、「潤い」「水分」を外に逃がしていること。

 

つまり、インナードライ肌の治療(改善方法)は保水力の高いセラミドを補給し、潤いと水分を外に逃がさないようにすることがテーマとなる。

 

しかし、セラミドをきちんと補給すればインナードライ肌が治るかというとそうではない。

セラミドを補給したとしても、外に逃がすような肌質になっていたら意味がないのだ。

よって、まずはキメが整っている肌質に改善する必要がある。

 

言うまでもなくキメ細かい肌を手に入れるためには、スキンケアだけでなく食事や睡眠、運動など生活習慣の改善が必要不可欠となるので、健康的な毎日を過ごすことを意識しよう。

 

インナードライ肌の自ら治療(改善方法)する場合は以下に注意して生活を送って欲しい。

  • 規則正しい生活を送る
  • 栄養バランスのよい食事を摂る
  • ストレスを上手に解消する
  • 正しい洗顔を行う
  • 睡眠をしっかりとる
  • 紫外線対策をする
  • 水分補給をこまめにする

 

要するに心身の健康が維持されないと、各機能が低下するために回復が見込めないということだ。

 

洗顔による改善方法

自分でできる治療(改善方法)には「洗顔」の見直しも有効だ。

あなたは正しい方法で洗顔を行っているだろうか。

洗顔はスキンケアの基本であり、1日ついた汚れや無駄な皮脂が取り除ける。

 

皮脂が大量分泌された状態でも内側が乾燥している「インナードライ肌」は、間違った洗顔で状態が悪化しやすくなる。だからこそ、適度に洗顔を行い、ゴシゴシこすりすぎないことがポイントだ。

 

こすりすぎてしまうと皮膚の表面が傷つき、ますます乾燥がひどくなる。

この場合、治療にも時間がかかってしまうので、次第に手に負えない“敏感肌”になってしまう。

洗顔後は保水力のある化粧水・美容液をつけ、必ず保湿クリームで蓋をし、肌のキメを整えることに努めよう。

 

皮膚科で治療する場合のメリット

先述したように自分でできる治療や改善方法はいくつかあるが、回復が見られない場合は皮膚科で治療を受けることも重要だ。

 

しかし、インナードライ肌に専門の治療はない。とはいえ、自分の肌質に合った化粧水や美容液、乳液を紹介してくれるので皮膚科に通院する意義はある。

 

専門的な施設で調べてもらえば、正しいスキンケアをレクチャーしてくれるので適切な治療ができる。

特に毎回化粧品選びに失敗している人は専門家のアドバイスをもらおう。細かい特徴から適切な対策や生活の中でできる治療の方法も細かく指導してくれる。

 

ただし、インナードライ肌を皮膚科で治療する場合、専門医に信頼と実績が伴っていることが重要。よって、評判や口コミなどを参考に、近所で頼れる皮膚科を探すことが大切だ。

 

なお、アドバイスだけでなく効果的な方法でインナードライ肌を治療したい場合は、「美容点滴」を行っている皮膚科をあたってみよう。

美容点滴はお肌に必要な水分を与える「セラミド」の合成を高めてくれる。

 

美容点滴の値段は皮膚科によって異なるが、およそ5,000円~10,000円ほど。

 

点滴を行ってもセラミドが外に逃げてしまうと意味がないため、皮膚科での治療はもちろんのこと、生活の中での対策・改善が大切になる。こまめに水分を補給し、外出するときは紫外線を浴びないように日傘をさす、日焼け止めを塗るなど対策を心がけよう。

毎日地道に対策し、生活を改善すればインナードライも自然と解消されるはずだ。

 

スポンサーリンク

-健康
-, , , , , , , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.