イライラさせない「彼氏への不満の伝え方」

最初は幸せでも、長く付き合い続けると「不満」がたまってしまうもの。多くのカップルがおよそ3か月後に「倦怠期」がやってくる。

2人で倦怠期を乗り越えるためにも、不満をうまく伝えなければならない。無理に辛抱すると必ず爆発してしまう。

そこで、彼氏をイライラさせない不満の伝え方について説明する。

スポンサーリンク

伝え方によって変わる彼の態度

「彼氏とうまく関係を続けたいから・・・」と、不満をためこんでいないだろうか。

彼への不満がたまればたまるほど、つけるような態度をとってしまうもの。ためこむのではなく、彼の気持ちを考えながら自分の気持ちを伝えることが大切だ。

彼氏をイライラさせないためには、伝え方が大きなポイントになる。

ただ、気持ちをぶつけるのはNG。彼氏が納得するような言い方・態度で不満を伝えよう。

そこで心がけてほしいのが「優しく笑顔で不満を伝えること」。

冷静さを失うあまり、ぶつけるような伝え方をしてしまうもの。

しかし、不満をそのままぶつける伝え方は逆効果になるので要注意。できるだけ冷静に優しい言葉遣いで彼に伝えること。

例えば、「あなたも不満があったら私にも言ってね」と相手の意見を聞くことも大切だ。

一方的にぶつけることをせず、相手の気持ちを配慮しながら優しく言葉をかけよう。そうすれば、彼氏も「悪かったな…これから気をつけよう」と思える。

スポンサードリンク

ぶつけるのではなくお願いする形で彼氏に不満を伝える

彼氏がイライラせずに納得してくれるような伝え方は、「お願いすること」。

不満をぶつけると、つい「命令形」になってしまうのではないだろうか。「○○して!」「ちゃんと直して!」「私が辛いからやめてほしい」など、命令形のような伝え方はNG。

それでは彼氏が「何で俺が命令されるのか」と反感を持ってしまう。反感を持たれてしまったら、彼は一向に直してくれない。

自分の気持ちをぶつけるのではなく、彼に「お願いする形」として不満を伝えよう。

例えば、「寂しいときは一緒にいてください」「この頃ゆっくり会えなかったから、久しぶりにデートしない?」など、丁寧な伝え方が大切なポイント。

たとえ彼氏が悪かったとしても謙虚な気持ちで接すれば、彼は反省してくれる。

気持ちが高まっているときは思ってもいない言葉が出てしまうため、できるだけ冷静になってから丁寧な伝え方を心がけよう。

伝え方に不満を持った「理由」を付け加えれば、彼氏も納得してくれる。

今まで命令形になっていた人はお願いする形で伝えてみてはいかがだろうか。

一緒に「どうすれば改善できるのか」考える

自分が持っている気持ちをぶつける人は多いが、伝え方にぶつけるやり方はいらない。

思いのままぶつけるのではなく、「一緒に考える時間」を持とう。

彼に対する不満は人によってさまざまだ。意見が食い違う、自分が想像していた反応と違う、彼氏の要求がひどいなど、たくさんある。

そこでぜひやってほしい効果的な伝え方は「不満ばかりを伝えないこと」。

自分はこう思っているという内容ばかりではなく、「どうすればモヤモヤとした気持ちがなくなるのか」彼氏と一緒に考える時間をつくってほしい。

2人で話し合う時間も大切なポイントになる。不満ばかり言う伝え方だと、彼氏もうんざりしてしまうのだ。

そのため、伝える前に自分で改善策をいくつか挙げておこう。改善策を大まかに見つけてからの伝え方が効果的だ。

そして、彼に自分が考えた改善策を提案してみると良い。ただぶつけるのではなく、このように一緒に考え、2人で話し合うことも大切だと覚えておこう。

あなたがしっかり考えてくれたことに対して彼は、「自分のために真剣になってくれた」と感激する。「このままではいけない。彼女のためにも改善しよう」と思えるのだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top