よく涙が出る…それってドライアイの症状かも

最近、目やに・涙が出ることが多くなったという人は、“ドライアイ”の可能性が高い。

パソコンを使用して作業をすることが多くなった昨今、目に不快な症状をうったえる人が急増している。

以前はごく普通だったのに、ある日を境から目がおかしくなった・・・。

こんな人はまず、ドライアイを疑ったほうがいいかもしれない。そこで今回は急増している“ドライアイ”の症状や原因、そして対策について解説していく。

スポンサーリンク

よく見られる “症状”

ドライアイといっても症状はひとつではない。症状は多岐にわたるので、ドライアイと自覚する人はあまりにも少ないのだ。

では、どのような症状があるのだろうか。以下がよく見られる症状となっている。

  • 目やにが多くなる
  • 目が乾くようになった
  • 眼が疲れるようになった
  • 目に痛みを感じるようになった
  • 目がよく充血している
  • 目が痙攣するようになった
  • 数秒でも目を開けているのがキツイ
  • 涙が出ることが多くなった

実はドライアイが悪化すると大変な障害を引き起こすことがわかっている。

なんと角膜や結膜にダメージを与えてしまい、目そのものに多大な悪影響をおよぼすことになるのだ。

基本的に目というのは涙で満たされていないと、乾いた状態になるため、より傷つきやすくなってしまう。これがすなわち、ドライアイというわけだ。なおドライアイが進行すると、目の表面にキズが多くなるため、別の症状が発生する可能性が高くなる。

また、涙が不足すると酸素や栄養分が配給されず、異物を排出できなくなってしまう。

さらに殺菌作用がいちじるしく低下してしまうため、目の病気にかかりやすくなってしまうのだ。

スポンサードリンク

 “原因”はひとつじゃなかった

ドライアイの原因もひとつではない。

もっとも多いケースは“目の酷使”といえるだろう。

長時間、パソコンやスマホを閲覧・作業していたり、自動車の運転や読者なども目の酷使につながる。

目は何かひとつの画面に集中していると、まばたきの数が必然と少なくなるので、涙の量が減る。最終的に目の水分が失われる状態となり、ドライアイとなってしまうのだ。

つづいて、第二の原因は“乾燥”だ。

これは単純に目が乾燥していなくても、空調設備などによって乾いた環境に身を置くと、自然とドライアイになりやすくなるというもの。

第三の原因は“コンタクトレンズ”

基本的にドライアイの人がコンタクトレンズを使うのはよろしくない。乾燥した状態にレンズを被せるわけなので、さまざまな影響が考えられる。

さらに乾燥が進行してしまう可能性があるので、ドライアイの人はコンタクトレンズの装用を控えたほうがいい。

以上が主な原因だ。

この他にも年齢によるものや、アレルギー性のものなどが考えられる。いずれにしても目に負担をかける行為は、症状を悪化させる危険があるので注意してほしい。

ドライアイの症状を対策するには?

ドライアイは軽度の場合にかぎり、自己対策によって自然治癒する可能性もある。だが、目の酷使が多い現代社会では適切な治療をしないかぎり、自己対策による自然治癒は期待できないだろう。

とにかくドライアイの症状に悩まされており、軽度の対策をしても回復しないなら、眼科やクリニックなどを受診することをおすすめする。

すでに眼の表面にキズがある状態かもしれないので、間違っても自己対策をしようなどと考えてはいけない。

日常生活にかかせない“目”だからこそ、効果があるかわらない対策に時間を費やすよりも、安全で信頼できる治療を受ける必要がある。

ここでいう対策とは日常生活において目に負担をかけない習慣のこと。間違った対策は症状の悪化をまねくかもしれないので、避けたほうが賢明だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top