病気の可能性も?口が渇く原因と今日からできる対策法

「最近、口の中がネバネバする」「口がよく渇く…」と感じている人は、病気になっている可能性が高い。

口が渇くとさまざまな菌が入り、悪影響を及ぼす恐れがある。

口が渇く原因と関係する病気、対策についてしっかり把握しよう。

スポンサーリンク

口の渇きで引き起こされる「病気」

よく口が渇く人ほど、“ドライマウス”になっている可能性が高い。

ドライマウスは病気ではないが、注意しておかなければさまざまな悪影響が起こる。

特に男性よりも女性に多いと言われているので要注意。

ドライマウスは、口の中がネバネバする、歯周病や虫歯が進行する、唾液が少ない、味覚がなくなる、口臭がひどくなるなど、さまざまな症状が起こる。

唾液が少なくなると、口が渇くだけでなく、菌がたくさん発生し、口内環境が最悪な状態になりかねない。唾液には、口内環境を清潔にする役割があるのだ。

そのため、口が渇く=菌が繁殖すると考えておこう。

また、ドライマウス以外にも気をつけなければならない病気がある。その病気とは、「シェーグレン症候群」。

シェーグレン症候群と呼ばれる病気は、口の中だけでなく、目やお肌などさまざまな部位が乾燥状態になる特徴を持っている。

唾液腺や涙腺の働きが低下してしまう病気なのだ。

関節の痛みや疲れやすさ、耳下腺の腫れ、合併症などを起こす危険性もあるので、注意しなければならない。

このように、口の渇きは、さまざまな病気につながることを知っておこう。

さまざまなな原因がある“口が渇く症状”

なぜ、口が渇いてしまうのか、原因は人によってさまざまある。

主に挙げられる原因は、“ストレス”や“食生活の乱れ”“口呼吸”だ。

ストレス社会と言われる今の世の中、過剰なストレスによって唾液の量が極端に少なくなる人が多い。

唾液の量が少なくなると、口の中にある菌や食べ物のカスが除去できなくなる。そのため、口が渇く状態になり、環境が悪化するのだ。

食生活の乱れも、唾液の分泌に関係するので要注意。

よく、ダイエットと称して食事制限をしている女性を見かけるが、食事をきちんととらなければ唾液の量が減り、口が渇く症状に陥りやすくなる。

必要な栄養素を食事から摂取しなければ、唾液線の活動も弱まるので、できるだけ栄養バランスが整った食事を心がけよう。

そして、子供に多いのが“口呼吸”。口呼吸は、口が渇く要因になるため、できるだけ早めに鼻呼吸へと改善しなければならない。

ほかにも、原因として免疫システムの異常や加齢、更年期障害、薬の副作用、全身疾患、喫煙・アルコールなどが挙げられる。

自分の原因は果たして何になるのか、考えてみてはいかがだろうか。

渇きを防ぐための「対策法」とは?

口が渇く症状は、さまざまな原因があり、病気になる可能性もあることがわかった。

それでは口の渇きを防ぐための「対策」について説明する。

原因によって対策は異なるが、できるだけ「ストレス」を溜め込まないことが大きなポイントになる。

ストレスが原因で口が渇く人は多いため、自分にとってストレス解消ができる方法を見つけることが大切だ。

ストレスを溜め込まないように解消し、上手に付き合おう。

そして、以下のような対策も心がけなければならない。

・規則正しい生活を送る
・栄養バランスが整った食事をとる
・鼻呼吸をする
・喫煙、アルコールの摂取を控える

など、日ごろから気をつけるべき対策はたくさんある。疾患を持っている、薬を飲んでいる人は、担当の医師に相談しよう。

また、唾液の量を増やすために“ガムを噛む”“噛む回数を増やす”ことも対策のひとつ。

さまざまな対策で防げるが、まずは、自分の口が渇く原因を知り、その原因に合った対策を実践していくことが大切になる。

病気の可能性も考えて現実的な対策を

口の中が乾く=病気なのではないか心配になる人も少なくない。

緊張や不安で口の中が乾くことはよくあることだが、普通にいるときでも乾く場合は体の異常を知らせる病気のサインとなる。

なぜ口の中が乾いてしまうのか、どのような病気につながるのか詳しくみていこう。

唾液が少なくなった口の中は乾きやすい

目が乾くことで発症する病気を“ドライアイ”と言うように、口の中が乾く症状のことは“ドライマウス”、または“口腔乾燥症”と呼ばれる。

ドライマウスは口の中の唾液が異常に減少し、常に乾いている状態のこと。

乾燥以外にもネバネバする、舌が痛い、味が感じられないなどさまざまな症状がみられるのでチェックしてほしい。

また、最近ドライマウスで多いのが「口臭」だ。

口の中が乾くということは唾液が極端に減るということ。唾液は口の中についている細菌や食べかすをキレイにしてくれる役割をもっている。

しかし唾液の数が減ってしまうとその役割も果たせなくなり、口の中に細菌が広がってしまうのだ。

これが「口臭」を引き起こす仕組みとなる。

唾液がなくなるとほかにも虫歯・歯周病になったり、口の中で発生した細菌がそのまま肺に入ると肺炎にかかってしまう恐れもある。

人によって症状はさまざまだが、味覚障害になり、食べ物の味がわからなくなった人も少なくない。

このように、唾液が減り、乾くとドライマウスになり、さまざまな病気を引き起こす危険性がある。このことを忘れずに覚えておこう。

スポンサードリンク

口の中が乾く原因って何?

口の中が乾く原因はたくさんある。

  • 口呼吸
  • 糖尿病
  • 薬の副作用
  • 唾液腺の病気
  • 精神的ストレス
  • 喫煙
  • 更年期障害
  • 口周りの筋力低下

主に挙げられる原因は以上のとおり。当てはまることがあるだろうか。

これらはすべて“脱水症状”または“唾液分泌の減少”どちらかにわけられる。

例えば、糖尿病や疾患、薬の副作用、口呼吸からきているドライマウスの原因は“脱水症状”になり、水分が足りていない証拠。

水分をこまめに摂取していかなければならないだろう。

一方、唾液腺の病気や精神的ストレス、喫煙からきている場合は“唾液分泌の減少”が原因となり、唾液腺を活性化させなければならない。

自分の乾く症状はどこからきているのかまずは原因を突き止めよう。

原因からどうすれば解消されるのか、何をすればよいのか対策が立てやすくなる。

原因把握が病気を改善する近道!

口の中が乾く病気、ドライマウスは原因によって治療法が異なる。

よって、まずは原因を知ることが大切だ。原因を知り、その原因に合った治療法でドライマウスを改善していこう。

自分でするには限界があるため、口の中が乾く症状がみられたらすぐに歯科・口腔外科などドライマウスに関して専門的な知識をもっている施設に診せること。

人によって症状が異なるため、服用する薬を調節したり、人工唾液や保湿ジェルを活用して口の中の乾燥状態を防ぐなどさまざまな対策がおこなわれるだろう。

病院によっては「漢方薬」を用いるところもある。

どのような治療法でドライマウスを改善するのか医師と話し合えば、改善できる可能性アップ。

病院で受ける治療はもちろんのこと、上手にストレスを解消したり、糖尿病の人はできるだけ甘いものを控えるなど食生活にも気をつけることが大切だ。

自分の生活と病院でおこなう治療をバランスよくとり、併用して症状を緩和しよう。

口の中が乾く症状はそのまま放置しておくと命に関わる病気につながることもある。このことをしっかり頭の中にいれておこう。

何よりも早めの処置が未然に病気を防ぐ大きなポイントになる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top