もう限界…仕事ストレスが招く“不眠症”を解消するためのTips

毎日仕事をしていると必ずストレスは抱えてしまうものだ。

誰しもストレスを背負いながら仕事をしているわけだが、物事には限界というものがある。

そう、仕事上のストレスを現秋までに溜め込んでしまうと、心身に悪影響が及ぼされ様々な“不具合”が生じてしまう。

そこで今回は仕事上のストレスが原因でなかなか眠れない方を対象に、その不眠症を改善するための方法を解説する。

スポンサーリンク

ストレスによる不眠の原因は“交感神経”の活発化

最近の不眠症にもっとも多く見られる原因は、“仕事上のストレス”となっている。

では、なぜ仕事ストレスが不眠の原因になっているのだろうか?

その理由は“交感神経”が大きく関係している。交感神経は自律神経のひとつで、緊張やストレスを感じると活性化する働きを持つ神経。

そして、もうひとつの自律神経である「副交感神経」が、リラックス効果を与えてストレス緩和を実現するのだが、交感神経が活性化することで副交感神経の作用は弱まってしまうのだ。

つまり、不眠症を招いている原因は「副交感神経」が働いていないことが原因。

よって、仕事ストレスを過剰なまでに抱えてしまうと、副交感神経の働きを邪魔する交感神経が活性化し、心身を休めることができなくなってしまう。そう、結果として「不眠症」になってしまうのだ。

だからこそ、不眠症を解消するためには交感神経を改善するのではなく、副交感神経を活性化させることが大切になる。

これって逆効果?薬を使って眠気を誘う行為

世の中には「睡眠薬」を利用している人が多い。

それだけ仕事上のストレスを抱えていると共に、それを解消する術が見当たらないことが理由だろう。

しかし、睡眠薬を用いて不眠症を解消する方法はあまりオススメできない。

そもそも医薬薬を使う場合は、きちんとその薬の副作用について知っておかなければならないが、多くの人は副作用になど目を向けず効果ばかりを意識してしまう。

睡眠薬の副作用として懸念されていること、それは“依存症”である。

睡眠薬を飲まなければ不眠を解消できない状態になってしまうと、もはや薬が生活に欠かせないものとなってしまう。すなわち、この状態は薬に依存した状態なのだ。

そのような身体になってしまうと、もはや睡眠薬なしでは生きていけなくなる。

この先ずっと睡眠薬を飲み続けなければならない生活を送らなければならないのだ。

言うまでもなく、睡眠薬に依存してしまうと不眠を解消するどころか悪化してしまう。だからこそ、本当の意味で安らかに眠ることはできなくなるのだ。

質の高い睡眠をとりたいのであれば、睡眠薬を使わずに不眠症を解消していくことをおすすめしたい。

薬を使わずとも不眠を解消することは可能なのだから。

安眠を誘う「仕事ストレス解消法」

仕事ストレスを毎日感じている人は、いかにしてストレスを解消していくかを考えることが大切だ。

つまり、上手に仕事ストレスを解消することができれば、不眠対策を実現することができるだろう。

おすすめしたい仕事ストレス解消法としては以下のものがある。

  1. あなたがリラックスできるアロマを焚く
  2. 読書(マンガでもOK)
  3. 軽めのジョギングで汗を流す
  4. 友人と出かける

人によって仕事上のストレス解消法は違うが、必ず自分にあった解消法があるはずだ。

だからこそ、あなたに適した仕事上のストレス解消法を見つけてほしい。

また、不眠症を解消するコツとしては、昼間に太陽の光を十分に浴びること。日光浴は自律神経失調症をはじめ、うつ病になっている方への効果が確認されており、かんたんに不眠を解消することができる。

その理由は日光を浴びることで「メラトニン」と呼ばれるホルモンが脳内に生成され、12時間~15時間後の睡眠に大きな影響をもたらしてくれるためだ。

よって、昼間はしっかり日光を浴びて不眠解消に努めよう。

スポンサードリンク

これでスッキリ!仕事のストレスで“不眠”になっている人が実践すべきポイント

毎日仕事をしていれば、ささいなことでミスをしたり、失敗してしまうこともある。

しかし、その失敗がストレスに変化し、不眠に発展するケースは少なくない。

仕事の悩みは社会人につきもの。その悩みをどのように捉えるかであなたの精神状態は大きく変わってくるだろう。

では、どうすれば仕事上のストレスを減らして、不眠に悩む日々を解消することができるのか?

続いては仕事のストレスで不眠になっている人を対象に、ストレスを溜めない仕事の仕方を解説する。

ストレス撃退!仕事で優先順位をつけて行動する

たくさんの案件を抱えている場合、どこから手をつけたら良いのか分からず作業するはず。そんな時ほどほぼ高確率で失敗するので、まずは仕事上でストレスを溜めない工夫を施してみよう。

効率的に仕事をしている人のほとんどは優先順位をつけている。要するに、真っ先にこなす必要のある仕事から消化しているということ。

順番を決めておくとスムーズに作業ができるので、ストレスを溜め込むことなく行動できる。おまけに提出が必要な書類などがある場合、〆切日まで提出することもできるので効率化を期待できるのだ。

だからこそ、どの作業から始めるべきなのか優先順位をつけて仕事をしていこう。

そして、“影響の度合い”によって優先順位をつけるよう行動してほしい。

今、あなたが抱えている案件が周囲にどのくらいの影響を与えるのか?
同じ会社の仲間に迷惑をかける案件なのかどうか?

このように“影響度”で優先順位をつけてもらいたい。

つい“重要度”で判断しがちだが、ポイントは“影響度”に注目して行動すること。

これができるようになれば、効率的に作業ができるようになる。さらに自然と仕事上のストレスが緩和され、成績も上がり、不眠を解消することが可能だ。

最も身近な仕事ストレス解消法は「プライベートの充実」

仕事で失敗したときは「切り替え」が重要。

失敗したことを二度と繰り返さないと言った決意も大切だが、失敗をどのように活かすのかにウエイトを置いた考えにした方がいい。そうすることで、次へ切り替えることができる。

ずっと失敗を引きずってしまっても意味はないし、先に進むことができなくなってしまう。おまけにますます眠れない状態が続くので、切り替えを即座にできる日々を徹底すべきだ。

また、抱えたストレスをリフレッシュするためにも、プライベートを充実させることに注目してほしい。

例えば、プライベートは彼氏・彼女とデートする、遠いところに1人で出かける、近所の公園で家族と過ごすなどなど、リラックス方法は必ずあるもの。

プライベートを充実させることでリラックスできるため、眠れない現状を打破することが可能だ。

そもそもいつも仕事ばかり考えていては、気がはってしまうため眠れない状態になるだけ。

下手に快眠グッズなどを購入するよりも、日常生活の中でリフレッシュして息抜きをしたほうが効果的。リフレッシュできれば眠れない日々から卒業できるとともに、仕事を上手にこなせるようになる。

周囲から信頼を得る人物になろう

社会人になるとその会社の一員としてさまざまな仕事をこなすことになる。仕事で困ったとき、助けてくれる同僚や部下がいたらこれほど助かることはない。

つまり、ストレスを抱えずに仕事をこなすには、「周囲からの信頼」も大切なポイントとなる。

信頼される人物になることで、作業をスムーズにこなせるだけでなくストレスも大幅に軽減できる。そう、指示をしなくとも周囲があなたをサポートしてくれるからだ。

周囲の信頼を得ている人は常に明るく、仕事や仲間に対して「誠実さ」をもっている。ウソをつくこともなく、1人1人誠実に付き合い、話を聞いてくれる人だ。

よってストレスを受けずに作業を上手にこなすためには、

「優先順位をつける」「プライベートを充実させる」「信頼される人になる」
この3点に注目してもらいたい。

そうすれば、ストレスで不眠になった日々を解消でき、安眠生活を送ることができるだろう。
以上、ストレスで不眠になっている人は、睡眠環境を変化させるよりも日常における行動を改善したほうが効果的だ。

不眠に悩んでいるなら、是非とも試してみてほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top