なんで?!自分の声が変に聞こえてしまう理由

誰でも一度は経験しことがあると思うが、録音された自分の声を聞くと、何とも言えない気持ちになるはず。

そこで自分の声が変だと知ることで、ウソであってほしいと願ってしまうものだ。

だが、録音された声は紛れもなくあなた自身の声であり、その声を周囲は聞いていることになる。

もし、自分の声が変でイヤだ…と悩んでいるなら、少しでも理想の声に近くための努力が必要になる。

今回は自分の声が変に聞こえる仕組みと、それを解消するためのヒントを解説したい。

スポンサーリンク

普段聞こえている自声は本来の声じゃない

まず、明確にしておかなければならないことがある。
それは自分に聞こえる声と、周囲に聞こえる声は違うということ。

つまり、自身が発している自分の声というのは、本来の声ではなく、ややエフェクトがかかった状態というべきなのだ。

そもそも、自分の声は耳をふさいだとしても聞こえる。
それは体内で声を生成しているためだ。

そう、自分に普段から聞こえている自分の声というのは、あくまで体内で鳴っている声なのである。

そのため、録音した自分の声が変と感じたり、周囲に聞かれている声と違って聞こえるのは当たり前なのだ。

つまり、自分の体内で聞こえている声というのは、残念ながら人に聞かせることはできない。

これを理解しないかぎり、声を変えていくステップには進めないのである。

だからこそ、まずは録音されたものが、自分の声だと認めることが重要。たとえ、自分の声が変だったとしても、認めることが自分の声を克服するための第一歩なのだ。

スポンサードリンク

自分の声が変…から好きになるためのステップアップ

誰でも理想的な声というイメージを抱いているはず。

それと自分の声があまりにもかけ離れていた場合、悲しさのあまり、絶望感すら覚えてしまうかもしれない。だが、周囲から聞かれている声を改善することで、あなたは自分の声が変と思わずに好きになれる可能性があるのだ。

そこでおすすめしたいのが「ボイストレーニング」。

人間の声が変化するのは成長期のみであり、根本的に変えることは難しいと言われているが、何事も鍛錬することである程度の変化は加えることができる。

正しいボイストーレニングを重ねれば、あなたが思い描く理想の声に近づいていくことになる。

もちろん急激な変化は期待できないが、トレーニングは実を結ぶ。

辛い日々になるかもしれないが、日々の声を録音し、修正点を実行していけば変わるのだ。

事実、自分の声が変と悩んでいた人がボイストレーニングの成果によって、自身の声を好きになったケースは少なくない。

自分の声に自信をもつために

声というものは不思議なもので、思い描く声になるための努力を継続すると次第にそのようになっていく。時間をかけて磨きあげていくということが大きなポイントで、少しずつ改善していくことが重要なのだ。

もし、自分の声が変で変えたいと思っているなら、ボイストレーニングを受けることをおすすめしたい。

だが、自身で日々鍛錬を続けて変えていくことも可能だ。

やはり、少しでも理想の声を手に入れたいと思うなら、プロの指導とアドバイスほど有意義なものはない。

ナレーター、声優、歌手を目指している人からすれば、声はあなたを表現する重要なもの。これを正しく改善できれば、いつしか人々を魅了する声をもつ存在になるかもしれない。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top