なぜ?生理前眠い・だるい理由を徹底解剖

生理前に眠い・だるくなってしまう女性は多いはず。

なぜ生理前にかぎって眠い・だるいのか。
その理由は“女性ホルモン”にある。

理由についてしっかり把握しておけば、今後対策をたてやすくなるのでオススメ。

そこで今回は生理前に眠い・だるい症状がでる理由と対策について詳しく解説していく。

スポンサーリンク

なぜ?眠気が誘発される理由

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類がある。

ホルモンの分泌周期によって生理もやってくるのだが、生理前になるとプロゲステロンの分泌が活発化し、基礎体温があがってくる。一方、生理に入り、次の排卵までの卵胞期になると逆に基礎体温が低下し、もうひとつの女性ホルモンであるエストロゲンが活性化する。

この2つの女性ホルモンのバランスが睡眠に大きく関係しているのだ。

生理前に眠い・だるい症状に見舞われるのは、プロゲステロンの分泌が多くなるため。基礎体温があがると夜でもなかなかさがらず、ずっと高温期を維持し続けるのだ。

この状態になると熟睡が困難になり、結果として眠い・だるいという症状をまねく。

これが生理前に眠い・だるい症状を引き起こす理由である。
よって、女性ホルモンが大きく関係しているということを把握しておこう。

スポンサードリンク

生理前だけじゃない!妊娠中も眠い・だるい症状が出る

女性ホルモンに乱れが生じているため、十分な睡眠がとれず生理前に眠い・だるい症状に見舞われるが、妊娠中も同じ症状があらわれる。

妊娠していなくても生理前に今までとは比べものにならないほどの眠気がきたら、それは妊娠をしている証拠だ。

プロゲステロンの分泌量が多くなるということは、妊娠の準備をしているということ。

この時期に性行為をおこなえば、妊娠する確率が高いともいわれているため、妊活中の女性はこの時期を計算するという人も多い。

妊娠中は体全体が休息を求めているため、プロゲステロンが睡眠中枢に刺激を与え、眠気を与えるということもある。

しかし、あまりにも眠いと仕事や学業にも支障をきたしかねない。

では、どうすれば生理前の眠気対策ができるのだろうか。

生理前に眠い症状を対策する方法

生理前の眠い・だるい症状を解消するためのポイントは以下のとおりだ。

  • 寝る時間を決める
  • 寝る前はテレビや携帯電話の明かりを見ない
  • 朝起きたときは必ず太陽の光を浴びる
  • 漢方薬を飲む
  • 半身浴をする
  • 寝る3時間前に運動をする

以上のような対策が挙げられる。
自分ができそうなことをぜひ試してみてほしい。

1番大切なのは“良質な睡眠をとること”。
良い眠りさえ確保しておけば、日中に眠い・だるいといった不快感を抱かずに済む。

また、女性ホルモンバランスを整えることも大切だ。ホルモンバランスを整えるために毎日寝る時間を一定にしたり、規則正しい生活習慣を心がけていこう。そこでオススメしたいのは「半身浴」。下半身を温めることで女性ホルモンのバランスが整えられ、引き起こされる悩みを解消してくれる。お風呂から上がったときはストレッチをするのも良いだろう。

仮にどんな方法を試してもなかなか解消されない場合は、「漢方薬」の利用を考えてみるのも手。

漢方薬が1番効果的だと言われており、体にも良いものが使われているのでオススメ。ただ、人それぞれ体質が違うため、必ずしも効果があるとは限らない。一度、漢方薬を取り扱っている専門店や病院に相談をし、自分の体質にあった漢方薬を見つけてみると良いだろう。

生理前の眠い・だるい症状は自分次第で解消できる。
無理はせずに、まずはできることから対策していこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top