どちらが良い?「短期投資」と「長期投資」

「投資」と聞くと、一発で億万長者になれる!という淡い期待を抱いてしまいがちだが、そのような考えは持っておかない方が良い。

なぜなら、投資で儲けた人のほとんどが「短期投資」ではなく、「長期投資」をおこなっているから。

短期投資・長期投資の違いはどのようなところなのか、また、なぜ長期投資の方が良いのか詳しくみていきたいと思う。

スポンサーリンク

短期投資で得たお金はすぐになくなる

短期投資で多額のお金をゲットした人のほとんどはすぐにそのお金を使い果たしてしまう傾向がみられる。

例えば、宝くじや株で一気に100万円儲けたとする。その100万円をあなたはずっと自分の口座に入れておくだろうか。

一気に儲けたお金は貯金しても、ほとんどの人がすぐに使ってしまうはず。

さらに、短期投資は必ずしも儲けが出るとは限らない。

株に関して知識が深い人でも短期投資で儲けが出るのは至難の業だと言われている。たとえ儲けたとしてもそれなりのリスクは背負っていかなければならないだろう。

短期投資は長期投資よりもリスクが高く、短期投資で得たお金は短期でなくなってしまうという特徴がある。

このことは絶対に忘れないでほしい。

スポンサードリンク

長期投資のお金はありがたみが増す

一方、長い間ずっと投資をし続け、そこで得たお金は短期投資でゲットしたお金よりもありがたみが増す。

お金を大切に使うことができるだろう。

長い間欲しいものがあっても辛抱して投資にまわし、その投資で儲けられたお金は大事にしたくなるはず。

そのお金で欲しいものをどんどん買おうとは思わないだろう。

長期投資で得たお金は自分の大切な財産となり、いざという時に大活躍してくれるに違いない。

よって、投資を始めるのであれば「長期投資」が断然良いのだ。長い間投資をしなければならないという辛抱強さが大切になってくるが、いつかその辛抱が大きな実を結ぶ。

短期投資よりも長期投資の方がじっくり自分の資産を増やすことができるに違いない。

“ガイアの法則”に従うべし

“ガイアの法則”という言葉を知っているだろうか。

「お金が出ていくスピードというのは、労力、お金を稼ぐために使った時間に比例する」というものが、ガイアの法則。

つまり、お金が早く出ていってしまうのはそのお金を稼いだ時間が短いから。短期間で簡単に得たお金であればあるほど人間は早く使ってしまうのだ。

しかし、あなたが一生懸命働いた時間が長ければ長いほどそこで得たお金は大切にとっておきたくなる。すぐには使おうとはしないだろう。

ガイアの法則は投資においてとても大切なものになるため、ぜひ知っておいてほしい。

あなたが投資で得たお金をずっと持っておきたいのであれば、長期投資がオススメ。人生のことを考えると長期投資の方が資産を増やすことができるだろう。

また、長期投資はリスクも少ないため、一度に自分の資産を減らすような失敗はない。

株で一儲けしよう!と考えている人は失敗する確率が高いので要注意。

投資を始めるのであればそのような考えを捨て、長期投資を視野に入れて始めてみてはいかがだろうか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top