“つり目”を回避する、奥二重の方に最適なメイク

メイクに失敗してしまうとキツイ印象を与えてしまう「つり目」になりやすい“奥二重”。

しかし、上手にメイクできればとても魅力的な目になれる。奥二重には奥二重の形にあったメイクが必要だ。

奥二重のメイクを成功させるためのポイントとテクニックについて詳しく説明していきたいと思う。

メイクでキレイな自分に変身したい奥二重の女性は見逃すことのないように!

スポンサーリンク

目の印象を変える「アイメイク」

目の大きさや印象を劇的に変えることになる「アイメイク」は、奥二重にかかわらず、メイクの重要なポイントとなっている。

奥二重のアイメイクは2つのポイントがある。

 

まず1つ目は「細くラインを引いていくこと」。

まつげに沿って細くひいていくと二重の幅をより強調することができる。逆に太く引いてしまうとせっかくの奥二重が一重にみえてしまい、はれぼったい目になってしまうのだ。

 

そして2つ目のポイントは「少しだけ目じりからはみだすこと」。

あまり長くアイラインを引く必要はない。ほんの3mm程度目じりからはみだすだけで目を横長に大きくみせることができ、より印象的な目にみせることができるだろう。

 

ちょっとしたアイラインのコツとしては、黒のアイライナーよりもブラウンのアイライナーを使うこと。ブラウンのアイライナーの方がやさしい雰囲気の目にすることができ、黒よりも大きい目にみえるのでオススメ。

この2つのポイントをきちんと掴んでアイラインを引けば、奥二重の魅力を前面に押し出すことができるだろう。

スポンサードリンク

まぶた部分へ塗るカラーに注意して

奥二重の人は、まぶた部分にほどこすアイシャドウのカラーには注意しておかなければならない。

絶対に選んではいけないカラーは「赤」。

赤味のあるカラーは目をはれぼったく見せてしまい、せっかくのメイクが台無しになってしまうだろう。赤味ではなく、明るいベージュやブラウンといったマットなカラーを使っていこう。

パーティー等でキラキラしたシャドウをいれるときは、アイホールに沿っていれていくことがポイント。もし赤味の色を使いたいというときもアイホール程度におさめておけばOKだ。

基本的に奥二重が使うアイシャドウのカラーはベージュや白・薄いブラウンといった明るい色、薄めの色をベースに使っていくことを覚えておこう。

奥二重のテクニックは「目じりの強調」!

奥二重のメイクは難しい!と思っている人も多いだろう。しかし、このテクニックさえ覚えておけばメイクがきっと楽しくなるに違いない。

そのテクニックとは、「目じりを強調する」ことだ。

目じりを強調することで二重の幅を目立たせることができる。より目をぱっちり大きくみせることができるだろう。

例えば、目じり部分にだけつけまつげをつけたり、先ほど紹介したアイラインを目じりから少し長く引いたりといろいろなメイクを工夫してみる。

目じりを強調すればキツくなってしまいがちな奥二重のメイクもやわらかく、華やかな顔にすることができるはず。

人それぞれ奥二重や目の形は違うため、自分にあった方法を見つけ、奥二重のメイクの達人になってほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top