それ間違ってない?正しい「犬の散歩の仕方」まとめ

「犬の散歩がしにくいな…」と困っている人は必見。

愛犬が従ってくれない、他の犬と会うとケンカをするなど困っている人こそ、正しい犬の散歩の仕方を把握しなければならない。

そこで、正しい犬の散歩の仕方について説明しよう。

今の散歩の仕方を見直しつつ、ぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

犬の散歩は“人間が主導権を握る”必要がある

散歩をするとき、いつも犬に引っ張られている人は要注意。犬が散歩をリードしているため、散歩がしにくくなっている。

犬の散歩の仕方において最も大切なのは「人間がリードすること」。主導権は私たち人間、飼い主が持たなければならない。

そのため、犬にリードされている人は主導権を握るところから始めてみよう。

犬の散歩の仕方で主導権を握るためのポイントは‟リードの使い方”にある。

散歩中、引っ張られてしまったらリードを強く握り、引っ張られないように踏ん張ろう。そうすれば犬は「どうしたのだろう?」「何で前へ行けないのだろう」と引っ張るのを止める。

犬の散歩の仕方は犬が引っ張るのを止めるまで飼い主がしっかりリードを引っ張ること。犬の自由を飼い主がコントロールしなければならない。

いつも愛でている犬ほど甘えさせてしまいがちだが、人間がリードすることこそ正しい「犬の散歩の仕方」になるのだ。

スポンサードリンク

犬と人間のコミュニケーションを取ることが大切

犬の散歩の仕方において、もうひとつ大切なことがある。

それは、散歩で「犬と人間のコミュニケーションを取ること」。

あくまで人間が散歩をリードしなければならないが、犬とコミュニケーションを取らない散歩の仕方はNG。犬の散歩の仕方は、犬の顔をしっかり見ながらコミュニケーションを取ることが大切になる。

そこで、リードを引っ張るとき1度犬の顔を見よう。前へ進めなくなった犬は不思議に思い、飼い主の顔を見る。

犬がしっかり止まってくれたら顔を合わせ、「えらい、えらい」と褒めてあげよう。

ここで褒めると同時にえさなどのご褒美をあげる。そうすれば、犬は「リードを引っ張っていけない」と正しく意識するのだ。

そして、飼い主の歩調と合わせて歩くことを覚える。

逆に、犬の散歩の仕方で間違っているのは「叱る行動ばかりすること」。そのため、犬がきちんとできたら飼い主が褒めてあげなければならない。

つまり、アメとムチを上手に使い分けることで犬も正しい行動と悪い行動が区別できる。

きちんと飼い主の言動や動きに合わせてくれたときはたくさん褒めてあげてほしい。

犬の散歩の仕方で大切な「リードの持ち方」

あなたは「リードの持ち方」をどのようにしているだろうか。

犬の散歩の仕方において「リードの持ち方」はとても大切なポイントになる。なぜなら、持ち方によって犬は勘違いをしてしまうから。

そこで、正しいリードの持ち方を説明しよう。

まず、リードの輪を親指にしっかりかける。そして、手の甲にリードを回し、手前に持ってきたリードを再び親指にかけよう。そのまま親指にかけた状態でリードを手で握る。

以上が正しいリードの持ち方になるのでしっかり覚えておこう。犬の散歩の仕方でリードをゆるく持っているといざというときに犬を引っ張れない。

そのため、持ち方をしっかりしておけば散歩中に逃げる、他の犬とケンカするのを防げる。

また、リードはコントロールしやすい長さにすること。しかし、あくまで犬が苦しくない程度の長さにしなければならない。

犬が引っ張るようであれば、おへそのあたりまでリードを強く持ち上げられるような長さにしよう。

たまに街中で長いリードのまま散歩をしている人を見かけるが、長すぎるのはよくない。いざというときに犬の行動がコントロールできなくなる。

よって、きちんと自分にとって犬の行動がコントロールできるかどうか確認してほしい。

以上の点を踏まえつつ、犬の散歩の仕方に注意を向けていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top