それ間違い!水洗顔は“肌荒れ”を起こす確率が高いって知ってた?

あらゆるコスメを試してみたけど、
まったくお肌が改善されることがなかった。

そう思い、話題の「水洗顔」を実践したものの、
逆に肌荒れがひどくなり、乾燥肌が進行した・・・。

もし、あなたが今そのような状態にあるなら、
それは“リバウンド現象”によって悪化している可能性大。

そこで今回は水洗顔のメリット・デメリットをはじめ、正しい洗顔について解説する。

スポンサーリンク

実はリスキー?水洗顔がもつデメリット

誰でもお金をかけずして肌荒れが改善されるなら、
その方法を実践するのは当たり前。

とくに水洗顔はお金もかからなければ、
気軽に実践することができるので、大きな話題となっている。

ある芸能人も水洗顔を実践しているということで、
それを真似している人は少なくないだろう。

確かに水洗顔は下手なコスメを使用するよりも有効で、肌荒れなどのトラブルが改善される可能性は高い。

成分が強すぎるもので洗顔をしていると逆に肌が衰えダメージを受けるため、水洗顔はやさしい方法といえる。

しかし、水洗顔には最大のデメリットがある。

それが“リバウンド現象”だ。

水洗顔を実践してしばらく経つと、
急激に肌の状態が悪化して肌荒れなどのトラブルが頻発することがある。

このリバウンド現象がおこる原因はかつての過剰なスキンケアだ。

水洗顔を実践すると一切コスメを使用しないケアになるため、保湿や美容成分に慣れていた肌がある種の“反発”を起こすのだ。

このリバウンド現象がもたらす悪影響はとてつもなく、確実に誰もがショックを受けるレベル。つまり、メイクなしに外出できないほど酷くなるのだ。

スポンサードリンク

肌質に合わないと水洗顔は肌荒れを起こす

水洗顔にしてからお肌状態がよく、肌荒れもないという人は水洗顔が合っている人だ。

一方で水洗顔をしたことで逆に乾燥した、あるいは肌荒れなどのリバウンドに悩まされたという人は水洗顔が自身の肌に合っていないことになる。

残念ながら水洗顔は肌質によって合う人とそうでない人がいるのだ。

いうまでもなく、水洗顔を長期間ためしてみても何の変化も感じられない、逆に肌荒れなどで悪化したなら不適合なケアということになる。

もし、水洗顔で肌荒れなどのリバウンド現象に悩まされ大した改善ができなかったのなら、信頼できるコスメでの洗顔に戻すことが大切だ。

現在は肌にやさしく、必要以上に皮脂を落とさない洗顔フォームが登場し、自宅にいながらハイレベルな洗顔ができるようになった。

また、有効な洗顔フォームだけでなく、浸透率の高い化粧水、美容成分をあたえる美容液がセットになったものも。

確かなスキンケアができるセットを購入すれば、リスクなくお肌を改善することができるだろう。

肌トラブルとは無縁になるためのポイント

水洗顔はノーリスクというわけにはいかない。
それは先述したとおりだ。

では、リスクのない洗顔を実践するにはどのようなポイントに注意すべきなのか。

まずは、洗顔フォームは低刺激で肌にやさしいものを使用すること。

洗顔フォームは“泡タイプ”が一般的となっているが、
泡タイプほど界面活性剤が含まれるため、肌にダメージを与えてしまう。

また、泡は期待するほどの吸着力がなく、
皮脂をごっそり落としてしまうといったデメリットがある。

そのため、肌に優しく余分な皮脂のみを落とせ、
さらに吸着力が高い“泥タイプ”を使用するのがいい。

そもそも、泥は天然の成分であるため、
肌を傷つけることなく、自然でやさしい洗顔が可能になる。

続いて、保湿をおこなうための化粧水だが、
これは浸透率が高いものを選ぶことが大切だ。

どんなに有効な保湿成分が含まれていても、
それが肌の内部に届かなければ意味がない。

保湿ができるかどうかは、製品の“浸透率”が影響するので、高い浸透率をもった化粧水でないと正直役に立たないといえる。

最後に肌に有効成分をあたえる美容液。

これは肌のターンオーバーを促進させる、
ビタミンCが配合されたものが無難。

ニキビなどの肌トラブルを改善したいなら、なおさらビタミンCが高濃度で配合された美容液を選ぶのがベストだろう。

以上がセットになったコスメを選べば、
あなたの肌トラブルとその悩みが改善されるはず。

その条件をクリアしているのがb.glenだ。

最先端の技術と肌へのこだわりがつまったコスメなので、
安全に使用することができ効果的といえる。

もし、水洗顔で肌荒れが頻発するようなら、
こういったコスメで改善していくのも手だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top