せっかちな性格の人が“柔軟性”を手に入れる方法

せっかちな性格の持ち主は何事もせかせかと行動するため、ときには大きなストレスを溜め込んだり、人を傷つけてしまうこともある。

また、自分では精一杯やっているつもりでも、せっかちが原因で嫌われてしまうケースも少なくない。

そこで今回は、せっかちな性格に悩んでいる方を対象に、柔軟性を手に入れるための方法を解説したい。

スポンサーリンク

せっかちな性格の人が柔軟性を手に入れるには

まず、せっかちな性格の人は、日常生活におけるすべての作業をいかにスピーディーに終わらせるか、といった課題に意識を集中させている。

もちろん、仕事や作業などを早く終わらせることはいいことなのだが、問題となるのはそれらを終えた後。今度は違った仕事や作業に取り掛かってしまい、自らストレスを招いているのだ。

また、作業スピードを上げすぎたがために作業内容のクオリティが著しく低下し、ミスを連発するといったケースも。
これにより、最終的に再び作業を見直す必要があり、時間をムダにしてしまう。

だからこそ、せかせかする気持ちを抑え、ひとつの作業が終わったらミスがないかの確認をしてほしい。修正に時間をかけないためには、ミスチェックをすることが重要。

より効率的な作業をするためにも、作業完了後のチェックを習慣にすることをおすすめする。そうすることで、次第にゆったりとしたペースで作業ができるようになる。

スポンサードリンク

すぐに結論を述べる性格を変えよう

せっかちな性格の人は結論を急ごうとしたり、すぐに結論づけたがる傾向にある。が、結論を先に述べたからといって、相手がそれを十分に理解できるかを考えて欲しい。

ケースによっては結論が先になることもあるが、大抵の場合はステップを話してからまとめに入るのが鉄則。
すぐにゴールを相手に伝えるといった性格を変えれば、せっかちという問題は解消されていく。

だからこそ、人と話す、あるいは商談の際は遠まわしで会話するように心がけよう。

これを意識することで、あなたは柔軟性を手に入れる。気がついたころには、せかせかと行動していた過去の自分がより明確になって見えてくるはずだ。

せっかちな性格の人は病気になりやすい?

最後になるが、せっかちな性格の人ほど病気になりやすいといわれている。

心理データによると、せっかちな性格の人はのんびりした人と比較すると、イライラしやすい傾向にあり、精神的ストレスが溜まりやすいとのこと。

つまり、ストレスが原因で精神的な疾患にかかりやすく、うつ病などになりやすいのだ。それだけではない。せっかちな性格の人は心臓疾患にかかりやすいというデータもあるため、デメリットが多い。

このように、せっかちにいい事はない。

柔軟性を手に入れ、何事も落ち着いてゆったりと行動する習慣を心がけよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top