さよならテカリ!顔の皮脂を減らす方法

皮脂の量が多いと、常に顔のテカリが気になってしまうもの。

会社や学校でも、テカリが気になって頻繁に鏡で確認しなければならない。

なぜ、顔の皮脂が多いのだろうか。

顔の皮脂を減らす方法や原因、対策について詳しく説明する。

気になっている人は、ぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

皮脂の過剰分泌はなぜ起こるのか

なぜ、顔の皮脂が過剰に発生するのだろうか。

顔の皮脂を減らす方法について知る前に、「原因」を詳しくチェックしよう。原因がわからなければ、適切な対処もできない。

人によってさまざまだが、主な原因は「お肌の乾燥」にある。

「皮脂がたくさん出てきているのに、乾燥しているの…」と不思議に思うかもしれないが、乾燥しているからこそ、皮脂の分泌量が多いのだ。

顔の表面はテカリがひどくても、皮膚の中は乾燥している「インナードライ」の可能性が高い。

自分は本当に脂性かどうか、改めて顔を確認してみてはいかがだろうか。

また、ほかにも「不規則な生活習慣」「偏った栄養バランス」「ストレス」など、さまざまな原因がある。

スポンサードリンク

顔の皮脂を減らす方法は「洗顔」にある?

顔の皮脂を減らす方法で、ぜひ気をつけてほしいのが「洗顔」。

あなたはどのような方法で洗顔をしているだろうか。洗顔は、顔の皮脂を減らす方法の大切なポイントになる。

顔の皮脂を減らす方法としての適切な洗顔方法を説明しよう。

洗顔方法で大切なポイントは全部で3つある。3つのポイントは、以下のとおり。

・自然由来の成分でできている石鹸を使う
・よく泡立ててやさしく洗う
・ぬるま湯で洗い流す

以上のポイントを踏まえながら、毎日洗顔をしていこう。

テカリがひどい顔には、たくさんの皮脂がつまっている。無駄な皮脂を洗い流すため、できるだけ自然由来の成分でできている石鹸を使おう。

石鹸は、泡立ちが非常に良いのでおすすめ。しっかり泡を立てて、泡で汚れを取りのぞいていくこと。

そして、洗い流すときは「ぬるま湯」にしよう。過剰に発生していても、皮脂は毛穴を守るためのバリア機能になる。

冷水で洗い流すと毛穴は引き締まるが、余計な皮脂まで洗い流してしまうのだ。必要な皮脂はお肌に残しておかなければならない。

ぬるま湯は、無駄な皮脂だけ洗い流してくれるだろう。

また、きちんと洗顔した後は、清潔なタオルでやさしく水分をふき取ること。これも、顔の皮脂を減らす方法の大切なポイントだ。汚いタオルでふくと、菌が入ってしまうので要注意。

できるだけ、清潔なタオルでやさしく顔にあてていこう。

顔の皮脂を減らすには「食生活」がカギに

顔の皮脂を減らす方法は、「洗顔」ともう1つ、「食生活」に注目してほしい。

食生活は、顔の皮脂を減らす方法の大切なポイントになる。

皮脂の量が多い人ほど、食生活が乱れている可能性が高い。毎日脂っこいものやお肉ばかり食べてはいないだろうか。

仕事が忙しいからと自炊を怠り、ファストフードやコンビニ弁当ばかり食べている人は、食生活を改善しなければならない。

顔の皮脂を減らす方法として、野菜中心の食生活を心がけよう。

野菜には皮脂の量を減らしてくれるビタミンやミネラル、アミノ酸など、豊富な栄養素がたくさん入っている。できるだけ、毎日野菜を食べていこう。

毎朝、野菜と果物のスムージーを飲む、野菜サラダを追加するのも良い。

どうしても野菜の摂取量が少ない場合は、ビタミンサプリメントを摂取するのも、顔の皮脂を減らす方法だ。ビタミンは、皮脂の量をコントロールする力を持っているのでおすすめ。

食生活の改善は、皮脂の量を減らす方法の中でもお金がかからない。毎日コツコツとできる方法なので、ぜひ実践していこう。

毎日の取り組みが、次第に皮脂の量を減らしてくれる。

顔の皮脂を減らす方法は、「洗顔方法」と「食生活」。この2つに注目していこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top