健康

これ病気?まばたきすると目が痛い原因

投稿日:

「まばたきすると目が痛い」という症状に悩まされている人は少なくないようだ。

目の下側のみが痛むなどの部分的なもの、突然痛みがやってきては消えるなど症状は人それぞれであるが、痛みを生じさせている原因は「細菌」かもしれない。

いずれにしても、まばたきすると目が痛いという症状には必ず原因がある。

原因を知り、適切な対処を行うことができればセルフケアで治癒する可能性もゼロではない。

そこで本記事では、まばたきすると目が痛い症状における原因と対処法について解説していく。

スポンサーリンク

原因として有力なのは「目とまぶたの異常」

まばたきすると目が痛いと感じる主な原因は、「目」もしくは「まぶた」に何らかの異常がある可能性が高い。

人によってその異常はさまざまだが、もっとも多い原因は「ものもらい

 

ものもらいは「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の2種類があり、注意すべき点は「他人から感染する恐れがある」ということだ。

 

事実、友人がものもらいになっていてそれが自分の目に移ってしまったというケースは珍しくない。

では、なぜものもらいは感染するのだろうか。

「麦粒腫」「霰粒腫」それぞれ症状や原因が異なるが、どちらにも共通しているのは「まばたきすると目が痛い」という症状が現れる点である。

それでは「麦粒腫」「霰粒腫」それぞれの特徴と症状について解説しよう。

 

「麦粒腫」の特徴と症状

「麦粒腫」はまぶたの表面に付着していた細菌が、まばたきすることによって分泌線・毛穴に入り、感染。炎症することで起こる。

最初は違和感やかゆみを感じる程度だが、次第にまばたきすると目が痛い、ゴロゴロする、充血などの生活に支障が出かねない症状が出てくるので要注意。(突然の症状は起こりにくい)

なお、他人から細菌感染する可能性もあるが、汗やまつげに付着した菌が主な原因なので清潔にすることが最善の対処法になる。

よって、普段からマスカラやまつげエクステなどをつける女性は注意すべきだ。

 

「霰粒腫」の特徴と症状

「霰粒腫」はまぶたの裏側にある“マイボーム腺”の出口が詰まることで起こる。

マイボーム腺は目を保護するために欠かせない器官ということもあり、出口が詰まると突然目に悪い症状が起きやすい。たとえば、まばたきをすると目が痛い、まぶたの中にしこりができる、ゴロゴロするなどの症状に悩まされる可能性が高くなる。

なお、霰粒腫は無菌性炎症なので痛みはないが、細菌に感染してしまうと痛みが伴うので注意してほしい。

ただし麦粒腫とは異なり、症状が数ヶ月続くという特徴をもっている。

いずれにしても目の周りを清潔に保つことが最善の対処法だ。

 

スポンサーリンク

結膜炎を患っている可能性も視野に入れるべき

まばたきすると目が痛い主な原因としてあげられるのは「ものもらい」であると説明したが、もうひとつ注目すべき原因がある。

 

それは「結膜炎(けつまくえん)」

 

結膜炎は目の結膜が炎症を起こす疾患であり、下側が痛いなどの部分的なもの、突然やってくるなど、炎症の進行レベルによってさまざまな症状が現れやすい。

 

主な症状としては以下のとおり。

・まばたきすると目が痛い
・目の充血
・目周辺の腫れ
・目の違和感・痛み

 

結膜炎は外部的要因によって引き起こされる可能性が高く、主な原因としては「ウイルス」や「アレルギー」があげられる。

例えば、プールに入った際にまぶたについた汚れ、花粉やハウスダストなどウイルスが目に混入することで、まばたきすると目が痛いという症状に悩まされるのだ。

 

特に注意すべきは小さな子供が結膜炎にかかったときである。

 

小さな子供の場合、無意識に目をこすることが多いため、突然まぶたが腫れたり、目の充血を引き起こすなど、症状を悪化させやすい傾向にあるのだ。

無論、これは子供にかぎったことではないが、普段からまばたきすると目が痛いということで周辺を掻いたり、触ったりする癖がついてる方はそれを対処することが回復への第一歩と言っていいだろう。

いずれにしても、小さな子供は症状が悪化しやすいので、「まばたきすると目が痛い」と訴え始めたらすみやかに病院を受診してほしい。

 

普段から頻繁に目をこするようであれば親がしっかり注意し、様子をみてあげることが重要だ。

 

このように、まばたきすると目が痛い症状の原因は「結膜炎」の可能性もある。

何の対処もしないまま放置すると突然生活に支障をきたす恐れがあるので、自己判断せずに医師から診てもらうことをおすすめしたい。

 

【第2類医薬品】ロート抗菌目薬i 0.5mL×20
ロート製薬 (2007-04-16)
売り上げランキング: 74

 

まばたきすると目が痛い症状が改善されない場合は…

まばたきすると目が痛い原因の「ものもらい」「結膜炎」の自然治癒は不可能ではないが、場合によっては悪化する可能性があるので注意しなければならない。

基本的に「ものもらい」「結膜炎」は専用の抗生物質の点眼薬・目薬を用いることで回復できる。

さらに言うなら、状態がきわめて軽度であるならドラッグストアで売られている目薬などでも完治するケースもあるのだ。

 

 

ただし、まばたきすると目が痛いという症状が悪化していたり、そもそも原因が不明という場合はセルフケアで対処することは非常に危険な行為。

 

言うまでもないが、間違った対処をすると症状が悪化するばかりで、最終的にまばたきすると目が痛い症状も限界に達するはずだ。

先述したように、まばたきすると目が痛い主な原因は「ものもらい」「結膜炎」であるが、稀にそれ以外の病気が関連しているケースもあるので注意すべきである。

とにもかくにも、まばたきすると目が痛い症状を抱えて不安な場合は、セルフケアで対処しようとせずに病院(眼科)を受診しよう。

 

スポンサーリンク

-健康
-, , , , , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.