これホント?南極で風邪をひかない理由

北極よりも平均気温が低いと言われている「南極」。

代表的な日本映画の舞台になるなど、日本人にとっては遠いようで近いような土地ではないだろうか。

南極は冬になると平均気温がおよそ-50℃~60℃にまで下がる。

そんな南極では風邪をひかないと言う噂が浮上しているのをご存じだろうか。

極寒の地なのになぜ風邪をひかないのか……。南極で風邪をひかない理由や土地の特徴について詳しく説明する。

その噂の真意について解明していこう。

スポンサーリンク

北極との違いは大きな陸地を持っていること

風邪をひかない噂を解明する前に「南極」の特徴について詳しく理解しておこう。

‟とても寒い場所”‟ペンギンが住んでいる場所”など人それぞれイメージを思い描いているはず。

どこか北極と似ているためか同じように思いがちだが構造はまったく異なる。基本的に北極は「陸地」がない。ほとんどが氷や海でおおわれている。

しかし、南極は大きな陸地を持っている。

そのため海が冷たくなりにくく、海の近くよりも内陸の方が寒いのだ。

では、なぜ北極のほうが温かいのだろうか。

その理由は北極には赤道から温かい海水が流れ込むが、南極は海水が流れ込まないようになっているから。

よって、全体の平均気温が一気に下がっているのだ。

このように、さまざまな仕組みが重なった上で2つの場所は相違点がたくさんある。

さらに、平均気温が低い南極では息を吐くと「白く見えない」という。

普段私たちは寒いところで息を吐くと白くなる。口の中にある温かい空気が冷たい外気に触れることで温度差により息が白く見えるのだ。

しかし、南極では息が白く見えない。

なぜなら、空気がとても澄み渡っているから。

空気の中にチリやホコリが一切含まれておらず、水蒸気がお互いくっつけないのだ。

一般的に水蒸気には小さなチリやホコリが含まれているためお互いくっつき合い「水滴」が生まれる。

完璧に澄み渡っている南極の空気は水蒸気自体がくっつかないので水滴も生まれず息が白くならない仕組みに。

このように、似ているようでまったく違うことを知っている人は意外と少ない。

これらの特徴を踏まえた上で本題の「風邪をひかない理由」について見ていこう。

スポンサードリンク

なぜ南極では風邪をひかないのか?

南極について知れば知るほどとても興味深い場所となる。

さらに興味が出てきた人も多いのではないだろうか。

寒い場所にい続けると風邪をひいてしまうが南極では風邪をひかないと言われている。

しかし、なぜ南極では風邪をひかないのだろうか。

その理由は主に2つ。

 

まず1つ目は「風邪のウイルスが入ってくる経路が少ないこと」

基本的にウイルスは人間がいるところで生まれ繁殖する。人間自体にはさまざまなウイルスが潜んでおり、他人と交流すればするほどウイルスが混じり合う。

つまり、人がたくさん存在している都会ほどウイルスの繁殖スピードが速くなる。例えば、職場で1人が風邪をひくとその場にいる人間はほとんどがウイルスに感染してしまう。

よって、集団感染が起きウイルスが流行するのだ。

しかし、極寒の地である南極にはまったくと言っていいほど人がいない。

調査している研究員などが数人いるだけなのでウイルスを育てて増やす存在自体がいないのだ。また、外部との交流も少ないためウイルスが入ってくる経路が少ない。

空気もキレイなのでウイルスが侵入しても繁殖できない環境になっている。

ウイルスの経路が少ない、繁殖する環境ではないことから風邪をひかないのだ。

そしてひかない理由はもう1つある。

 

2つ目のひかない理由は「寄生する動植物が少ないこと」

ウイルスが寄生するのは人間だけではない。動植物にも寄生してウイルスが繁殖する。

けれども、南極には動植物が少ない。

ペンギンやアザラシ、シャチなどは住みついているが日本にいる動植物よりは圧倒的に数が違う。大地には緑の植物も生えていないためウイルスが存在できないのだ。

 

以上のように、風邪をひかない理由は主に2つ。

・ウイルスが入ってくる経路が少ないこと
・寄生する人間や動植物が少ないこと

 

南極の土地柄、ウイルス自体がなかなか繁殖できない環境だと言える。

風邪をひかない理由は土地の特徴と深い関わりがあったのだ。

ウイルスが蔓延する可能性は否定できない

南極では風邪をひかないと言われているがまったくひかないわけではない。

極寒の地でも人間が住める環境はある程度キープされている。そのため、人間が住める環境でウイルスが蔓延して拡散する可能性もあるのだ。

例えば、今まで日本で生活していた人が南極に行くとする。今までとはまったく異なる環境の下で体内に潜んでいたウイルスが表に出てきてしまい体調不良になる人が多い。

さらに、旅の疲れや気候の変化が重なって病気になることもある。症状がくしゃみや鼻水など風邪に似たようなものであれば風邪。つまり、「南極で風邪はひかない」と断言できない。

また、南極にやってきた人間がウイルスを持ち運ぶ可能性もある。

以上のような点から、実際は風邪をひく可能性もあるのだ。

必ずしも病気にならないわけではないが、地球上の中ではウイルスが入ってくる経路が少なく、病原代が繁殖し住みつかない場所だと言える。

このように、南極には不思議が他にもいっぱい。知れば知るほどたちまちその魅力や不思議に引き込まれる人は多い。

もし興味を抱いた人がいれば、テレビや雑誌、本などで知識を増やしてみてはいかがだろうか。

もっと新しい発見が見つかるかもしれない。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top