これスゴイ!スムーズに知識を身につける方法

たくさん知識を身につける人ほどスキルアップし、さまざまなところで知識が役立つだろう。

しかし、知識を身につけるのも簡単ではないし、一筋縄ではいかない。

どうすればスムーズに知識を身につけられるのだろうか。知識を身につける方法について詳しくみていきたいと思う。

いろいろな知識を習得したい人は要チェック。

スポンサーリンク

知識をスムーズに身につける方法

スムーズに知識を身につける方法がある。

それは“今学んでいる知識・スキルを日常でどんどん使うこと”。

学ぶときだけでなく普通に生活しているときも積極的にその知識を使っていくのだ。実際に使うことでどんどんその知識に慣れていき、脳にその行動を記憶させられる。

脳が記憶すれば自然と知識が身につき、インプットされるのだ。

一度インプットされれば忘れることはまずない。

この効果が大きく実感できるのは「外国語の習得」。

例えば今あなたが英語を学んでいるとする。学校やスクールで学ぶときは積極的に英語を使うが、日常生活はやはり便利な日本語で会話するだろう。

しかし日常生活でも英語を積極的に使えば耳も慣れていき、英語の使い方が習得できる。

数学でも同じことが言えるだろう。1回しか使ったことがない数式よりも何回も使っている数式の方が頭の中にインプットされ、すぐに思い浮かぶ。

知識を身につけるためには日常生活でどんどん知識を使うことが大切なのだ。

このような方法を実践して知識・スキルをスムーズに身につけていこう。

スポンサードリンク

知識を身につける時間を一定にする

2つ目の方法は“知識を身につける時間を決め、一定にすること”。

知識を身につける為、毎日勉強していると思うが勉強する時間を決めて、毎日同じ時間帯にすると効果的。よりスムーズに知識が身につけること間違いない。

ある研究によると眠る前に学習した人の方がほかの時間よりも記憶力テストの結果がよかったとわかった。

知識を身につける効果的な時間は「眠る前」。

就寝前に勉強するとより頭の中に知識がインプットされ、翌日になっても覚えている。神経細胞間の結合が強くなるのだ。

知識を身につけるために「記憶の固定」はとても大切なポイント。

記憶の固定が強い眠る前は知識を身につけるベストな時間ではないだろうか。

眠る前の学習を常に毎日続けていってほしいと思う。そうすればスムーズに知識が身につき、忘れることはないだろう。

「集中学習」よりも「分散学習」

よくありがちなのが一夜漬けでおこなうテスト勉強。

一夜漬けでテスト勉強をしても翌日にはキレイさっぱり忘れていたという経験をしたことがある人も少なくないだろう。

この方法は「集中学習」と呼ばれ、知識を身につけるためには効率が非常に悪い方法である。

集中学習ではなく、「分散学習」に変えていこう。

分散学習は短い間隔で何度も知識を身につける方法のこと。つまり、極端に集中するのではなく、学習を分散させることで記憶にインプットさせる方法なのだ。

集中学習とは間逆の方法である。

実際に集中学習をおこなった子供と分散学習をおこなった子供にテストを受けさせたところ、圧倒的に分散学習をおこなった子供の方が点数は良かった。

今まで一夜漬けで知識を身につけていた人はこれから少しずつでも良いので毎日知識を身につける分散学習方法に変えていこう。

30分~1時間でもよいので絶対に毎日続けることが大切だ。

このようにスムーズに知識を身につける方法は主に、

  • 今学んでいる知識・スキルを日常生活で積極的に使う
  • 知識を身につける時間を決め、一定にする
  • 分散学習方法に変える

といった3つのポイントがある。

知識を身につけてもすぐに忘れる人、スムーズに知識を身につけたい人はぜひ試してほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top