これで快適生活!梅雨対策の豆知識5選

6月にやってくる「梅雨」。

雨が続き、じめじめとした生活を送らなければならない。外に洗濯物は干せない、髪型がうまく決まらないなど、嫌な思いをする。

しかし、梅雨対策を知っておけば、梅雨でも快適生活が送れるだろう。

梅雨対策の豆知識を5つ紹介するので、ぜひチェックしてほしい。

スポンサーリンク

主婦に知っておくべき「カビ対策の基本」

主婦が悩みがちな「カビ」。

梅雨になると湿気がひどくなり、カビがあちこちで発生することになる。

梅雨対策として、カビ対策はぜひ知っておいてほしい。特に、主婦は必見だ。

カビ対策の豆知識は、家の中の場所別によって異なる。主に挙げられる場所を示しながら、豆知識を紹介しよう。

浴室・・・お風呂からあがった後は必ず「換気」をする。
キッチン、洗面所・・・排水溝に溜まったゴミはすぐに片付ける。使った後は、漂白剤を吹きかける。
窓・・・窓のサッシやガラスについた水滴を拭きとる。
タンス、クローゼット・・・除湿剤を入れる。
エアコン・・・月に1度吹き出し口やフィルターの掃除をする
家具・・・壁から5cm程離す
下駄箱・・・定期的に下駄箱の扉を開ける。
洗濯機・・・洗濯機を使った後はすぐ衣類を取り出し、蓋を開ける。フィルターを掃除する。

主に知っておいてほしい梅雨対策の豆知識は、以上のとおりになる。

以上の項目に気をつけておけば、梅雨に発生しやすいカビも防げるに違いない。

常に、「換気」と「掃除」をこまめにすることが大切なポイントになるのではないだろうか。

スポンサードリンク

ゴワゴワになる髪の梅雨対策と豆知識

朝は、とても忙しい時間帯。なのに、髪型がうまく決まらないと悩んでいる人は多い。

梅雨時期は湿気がひどく、髪型がなかなか決まらないだろう。

「髪がごわごわになってしまい、何か良い梅雨対策はないものか」と悩んでいる人にオススメしたい豆知識がある。

梅雨でも髪がまとまりやすくなる豆知識は、「ドライヤーの使い方」。

毎日お風呂上りにドライヤーを使って髪を乾かすが、ドライヤーの使い方だけでも大きく変わる。

梅雨対策としてオススメしたい「ドライヤーの使い方」は以下のとおり。とても役に立つ豆知識なので、ぜひ知っておいてほしい。

1.ごわごわになりやすい前髪から乾かす。
2.いろいろな方向から均等に髪を8割程度乾かす。
3.ヘアスタイルを整えながらドライヤーを当てる。
4.最後の仕上げとして「冷風」を当てる。

以上のやり方で、髪を乾かしてみよう。

たったこれだけでも、梅雨でも次の日のヘアスタイルが決まりやすくなる。梅雨対策にはもってこいの方法・豆知識になるだろう。

できるだけキューティクルを傷つけないようにドライヤーを当てることが大切。キューティクルが傷ついてしまうと髪が乾燥してしまい、余計にまとまらなくなる。

最後の仕上げとなる「冷風」はキューティクルを閉じ込めることができるため、必ず実践しよう。

梅雨時の「洗濯物」における豆知識とは?

梅雨の時期になると困ってしまうのが、「洗濯物」。梅雨対策として知りたい人も多いのではないだろうか。

そこで、ぜひ知ってもらいたい豆知識が2つある。

それは、
・お風呂の残り湯を使わないこと
・除菌作用のある洗剤を使うこと

以上の豆知識に注目して、洗濯物を上手に洗おう。

梅雨時期になると、どうしても部屋干しが多くなるため、菌がたくさん繁殖する。繁殖を抑制するためにも、お風呂の残り湯は絶対に使ってはいけない。

もったいないからと使う人もいるが、残り湯にはさまざまな菌がいる。できれば、新しい水を使って洗濯してほしい。

また、除菌作用の強い洗剤を使うことも梅雨対策の豆知識。さまざまな洗剤が発売しているので、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top