これでスッキリ!胃もたれ解消は“寝方”を工夫するだけ

食べすぎ・飲みすぎた翌日には“胃もたれ”が待っている。

なんとなく調子が悪い日、胃もたれで悩まされる人も多いはず。

薬を飲んだけれどなかなか解消されない人は必見。これから胃もたれ解消に効果的とされる「寝方」について詳しく解説しよう。

スポンサーリンク

人によって様々!「胃もたれの症状」

主な胃もたれの症状は以下の通り。

  • 胃がムカムカする
  • 体が重たい
  • 鈍い痛みがある
  • 吐き気がある
  • ゲップが多い

以上の5つが症状として挙げられる。

なんとなく体がだるくなる胃もたれはできるだけ早く解消したいもの。長く続けば続くほど生活や仕事に支障をきたしてしまう。

胃もたれは胃が食べ物を受け付けない状態になっており、無理に食べようとすると逆に胃潰瘍や胃炎を起こす。

そのため、できるだけ安静にしなければならない。

解消するためには1日食事を抜く方法もある。もし、何か食べたい場合はうどんやおかゆ、フルーツジュースなど消化に良いものを食べよう。

食べ物は体内に入ると消化されるまで最低6時間かかる。胃腸の活動が低下している人は12時間とさらに時間がかかるので、その間は胃の中を空っぽにしなければならない。

あまり固形物を食べないこと、そして「寝方」にもポイントがある。

胃に負担がかかるような寝方は症状を悪化させるので注意しよう。

では、胃に負担がかからない寝方とはどのようなものがあるのだろうか。

スポンサードリンク

胃に負担がかからない寝方をマスターしよう!

胃の中に入る物は自然と右に流れる傾向がある。そのため、右を下にして横向きで寝よう。

体の右側を下にする寝方こそ、胃もたれが解消できるベストな方法。

そうすれば食べ物がスムーズに流れ、消化されるだろう。自然と胃のムカムカや体のだるさも解消されるのでぜひ試してほしい。

胃もたれがやってきた時、数分間だけでも横になるとリラックスでき、気分が落ち着く。仕事の休憩時間でもソファーで横になってみてはいかがだろうか。

体の右を下にする寝方とほかの寝方とでは朝のスッキリ感が大きく変わる。

さらに効果を実感したい人は解消できる寝方だけでなく、ほかのポイントも把握しよう。寝方を変えただけで解消されたという人はいるものの、必ずしも寝方だけで解消されるわけではない。

胃もたれを解消するには“食生活”を徹底すべき

最初に説明した通り、胃もたれの時はできるだけ固形物を食べないことが大切だ。

そこでオススメしたいのが“白湯”。胃もたれをしている時も飲み物は必ずこまめに摂取しなければならない。

食事を控える分、白湯を毎日2リットルは飲んでほしい。一気に飲むのではなく、こまめに少しずつ摂っていこう。

スッキリしたいからと冷たい水を飲む人は多いが、冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので逆効果になる。丁度良いぬるま湯程度の“白湯”を飲もう。白湯は血行促進効果があり、基礎代謝をアップさせてくれる。胃の中に溜まっている液を洗い流し、活動を活性化するのでオススメだ。

そして胃もたれが解消されたからといって、急に固形物を食べることもNG。

固形物を食べていなかった胃の中は粘膜が薄くなっている状態になっている。正常な粘膜に戻るまで最低3日間はかかるだろう。

そのため、3日間は胃に刺激を与えない、やさしい食べ物を食べること。辛いものや甘いもの、食物繊維が多いもの、脂っこいものは控えめに。

また、胃をびっくりさせないように少しずつ固形物の量を増やしていくことも大切だ。

このように胃もたれ解消には寝方だけでなく、食生活にも注意すべき点がたくさん。胃の状態を把握しつつ食生活にも目を向けるとスムーズに解消できる。

胃もたれで悩んでいる人は「寝方」と「食生活」に目を向けよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top