こりゃスゴイ!たった3分で猫背を治す方法

街中を歩いているとよく猫背になっている人を見かける。

猫背は見てわかるようにだらしない人に見えるし、姿勢も悪くなり、からだ全体が歪む原因にもなってしまうのだ。

そこで今回は若い世代を中心に人気番組となっている「Rの法則」で紹介された、3分で猫背を治す方法について紹介する。

スポンサーリンク

数分でOK!効果てきめんの猫背改善法

忙しくて時間がない・・・という方でも安心。
たった3分で猫背を治す方法がある。

それではRの法則で紹介された「3分で猫背を治す方法」を紹介しよう。

3分で猫背を治す方法をする前にまずは“ストレッチ”から。

ストレッチは全体の筋肉を伸ばし、ほぐすことができるので絶対にやっておこう。

ストレッチのやり方

最初に胡坐をかくように座り、
両足の裏をくっつけながら両膝を床に近づける。

これにより硬くなりがちな股関節を和らげ、背骨を支える筋肉がほぐされる。

続いてアキレス腱や太ももの裏側も伸ばしていこう。

以上でストレッチは終了。
いよいよ3分で猫背を治す方法だ。

3分で猫背を治す方法はとても簡単。

  1. 両足をそろえ、背筋を伸ばしたまま立つ。
  2. 両膝の角度と同じくらいにつま先を広げる。
  3. そのままゆっくり膝をまげ、再び元の位置に戻す。

これを5回ほど繰り返していこう。

たったこれだけで背筋がぴんっと伸び、猫背を改善することができる。

3分で猫背を治す方法でポイントとなるのは2

つま先を広げるとき、無理して広げるのはNG
膝の方向と同じくらいにするのが大切。

いろいろな筋肉を動かしている意識をもちながら、
3分で猫背を治す方法を行うと効果がアップする。

以上がたった3分で猫背を治す方法。

特に難しい方法ではないので誰でも簡単に行うことができる。これを毎日行っていれば、自然と猫背が改善されること間違いなしだ。

スポンサードリンク

3分で猫背を治す方法の効果が得られない場合は?

3分で猫背を治す方法を行えば、
猫背だけでなく、O脚も改善できるだろう。

ストレッチを入念にした後でエクササイズを行うことにより、さまざまな筋肉が鍛えられ、伸ばすことができる。

そして背骨を支えてくれる筋肉が発達するため、結果として猫背が改善されるわけだ。

しかし、効果の現れ方は人それぞれ。

地道に続けて1週間ほどで現れる人もいれば、
1ヶ月経過してもなかなか実感できない人もいる。

もし3分で猫背を治す方法を20日間続けてみても効果がない場合は別の方法を検討すべき。
基本的に3分で猫背を治す方法は万人向けと言えるが、100%効果が得られる保証はない。ただし、毎日継続しなかったり、決められた回数を行っていない場合は論外。

3分で猫背を治す方法は最低でも20日間は地道に続けよう。

他にもある!猫背を改善する方法

前述した方法で効果が得られなかった場合は、ほかの改善法を試してみよう。

中でもおすすめなのが「背面部分の筋肉を鍛える方法」だ。

やり方

まず、うつぶせ状態になりリラックスしよう。
両手は体につけておき、脚を肩幅に開く。

そのまま息を吐きながら上半身を起こす。

起こしたまま5秒間キープした後、
また息を吐きながらゆっくり戻す。

これを5回ほど繰り返すのが理想的。

この方法を実践することで背面部分の筋肉が鍛えられ、背骨を支える筋肉や前後の筋肉バランスを整えてくれる。

筋肉バランスは猫背改善にとってとても大切なので、
意識をしながら行っていこう。

さらに効果を実感したいのであれば、
もっと高度な体操がオススメ。

やり方はさきほど説明した体操に両手を加えるだけ。

息を吐きながら上半身を起こすときに体につけていた両手を左右に開いていこう。

肩の位置まで両手をあげるのがポイント。
無理をせずにゆっくりあげて、そのまま5秒間キープし、ゆっくり下げる。

これでさらに背筋を鍛えることが可能だ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top