特集 美容

あなたはどれ?日本人における鼻の形の種類

更新日:

コンプレックスを感じている人が多い「鼻」。鼻の形にもさまざまな種類はあるが、日本人における鼻の形を3つ紹介しよう。

日本人によく見られる鼻の形を画像つきで解説する。自分の鼻はどのような形になるのか、画像を見ながら確認してほしい。

スポンサーリンク

お団子みたいな鼻の形「団子鼻」

全体的なバランスを左右する鼻はとても大切な顔のパーツ。1mmでも形が変わるだけで顔の雰囲気が大きく変わる。

「西洋人のような高い鼻がほしい…」と憧れを抱いている日本人も多いのではないだろうか。

日本人は西洋人のような高さのある鼻ではない。日本人に多くみられる鼻の形は「団子鼻」だ。

団子鼻とはお団子のような鼻の形をしていて鼻先が丸く、大きく膨らんでいる種類だ。わかりやすいように「団子鼻」の画像を紹介する。

 

03
image: veriteclinic.jp

 

団子鼻には2つの種類があり、1つは以上のような画像になる。中央部分が大きく膨らんでいるのが特徴的。

そして、もう1つの種類である団子鼻が以下の画像になる。

 

03a
image: veriteclinic.jp

 

以上の画像は、同じ団子鼻でも先端部の幅が広い種類。どちらかというと、日本人は中央部分が大きく膨らんでいる鼻の形が多い。

スポンサードリンク

鼻の穴が見える種類「豚鼻(アップノーズ)」

日本人に多い鼻の形は団子鼻だけではない。

鼻の穴が大きく見える「豚鼻(アップノーズ)」も日本人に多い種類となる。豚鼻は先端が上を向いているため、正面から鼻の穴が丸見えになるのが特徴的。ここで画像を1つ紹介しよう。

 

d0d8ae66201becc4ccadf4c0414d8ca6
image: 美容整形名医.com

 

豚鼻の画像は以上のとおり。画像からわかるように鼻筋がとても短いため、鼻の穴が正面から見えてしまうのだ。

日本人によく見られる団子鼻の中にも豚鼻が隠れている可能性が高い。鏡で自分の顔を正面から観察してみよう。

観察したときに鼻の穴が見える場合は豚鼻(アップノーズ)になる。

自分の鼻はどのような種類になっているのかぜひチェックしてほしい。

日本人に見られる鼻の形は「団子鼻」「豚鼻」の2種類になるだろう。

直線的な鼻の形をしている「ローマ鼻」

主な種類は「団子鼻」「豚鼻」どちらかになるが、直線的な鼻の形をしている「ローマ鼻」も日本人の一部に見られる。

ローマ鼻の特徴は「目頭付近のくぼんだ鼻筋」「直線的な鼻」の2点。

団子鼻や豚鼻とはまったく違う種類になる。鼻筋がまっすぐとおっているため、うらやましいと感じる日本人も多い。

ローマ鼻とは以下のような画像になる。

 

o0644045311171058331
image:Ameba blog

 

以上の画像に見られる鼻は芸能人でもよく見かける。筋が通っている鼻の形になるだけでも、顔の印象が大きく異なるのだ。

日本人では滅多に見られない種類だが、鷲鼻や段鼻、ニンニク鼻、ゴリラ鼻など特徴的な鼻の形もある。

鼻の形にコンプレックスを抱いている人は「整形しなければならない…」と不安になっているだろう。しかし、整形をする必要はない

鼻はとてもやわらかく、ゆがみやすいと言われている。そのため、マッサージや矯正、形をつくる食べ物で大きく変化するのだ。

今では鼻の形を矯正するグッズも発売されている。正しいマッサージをやり方をマスターしたり、グッズを使うなどしてコンプレックスから抜け出そう。

その前に、まずは自分がどのような種類の鼻なのか知ることが大切になる。

 

■ 手軽に鼻を高くできる「ノーズシークレット」

 

スポンサーリンク

-特集, 美容

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.