あなたのお子さんは大丈夫?子供の口臭の原因と対策

なかなか自覚できない問題のひとつ「口臭」。

口臭は比較的中高年世代の男性に多くみられるものだが、最近では子供の口臭問題が急増している。

もしあなたのお子さんが口臭で悩み、同年代の子供たちから悪口を言われたら・・・。もはやこれは他人事ではないはず。

だからこそ、お子さんの口臭に問題はないかチェックしてほしい。

今回はその原因と対策について解説していく。

スポンサーリンク

口臭の原因は“口内環境”による影響?

まだ小さい子供の口がなぜ臭くなってしまうのか、その原因は子供によってさまざま。

とはいえ、主な原因として挙げられるのは、“乾燥”と“環境”の2点だ。

まずはあなたのお子さんが口で呼吸をしてはいないかチェックしてほしい。

口呼吸が続いてしまうと口の中だけでなく喉も乾いてしまい、口の中にウイルスがどんどん増えてしまう。また、乾きは菌やウイルスを死滅させる唾液の分泌も抑制するため、ただ細菌が増えるばかりとなる。

つまり、細菌が原因なのだ。

子供は口呼吸が多いが、できるだけはやめに口呼吸から鼻呼吸に改善させなければならない。

なかには鼻づまりや鼻炎で口呼吸をせざるを得ない状況になっていることお子さんもいるので、そのような症状であれば耳鼻科に一度診断を受けさせるべき。

鼻づまりと鼻炎を解消しなければ、口呼吸は改善できないので注意。

よって、自分の子供はどのような様子で口呼吸になっているのかチェックすることが大切だ。

続いては、口臭の原因となる口の中の“環境”について。

虫歯をはじめ、上手に歯磨きができていない、食事のときに数回しか噛まないといった習慣が身についていると、食べカスが歯の中にはさまったままになる。

これでは口内で細菌が増えるばかりなので、正しい習慣を徹底させなければならない。

間違った習慣が口臭の原因を作り出している可能性もあるのだ。

スポンサードリンク

噛む回数を増せば予防につながる

最近、子供の口臭に悩んでいる親が増えてきているが、食事のときにきちんと物を噛んで食べるように指示しているだろうか。

食べ物を噛むことは口の中に唾液の量を増やし、細菌を分解してくれる。唾液は口臭を防ぐだけでなく、消化の助けにもなってくれるため、胃腸が弱い子にも効果的なのだ。

やわらかい食べ物が多くなってきている影響か、よく噛まずに飲み込んでしまう子供たちが多い。これも口臭がひどい子供が増えている原因と考えられる。

だからこそ、食べ物はよく噛んで食べるように指示しよう。

唾液を出すトレーニングとしてオススメなのは「舌を動かすこと」。

舌を口の中で動かすことで唾液を生み出す唾液腺が刺激され、どんどん唾液があふれてくる。唾液が多ければ多いほど口の中が乾燥する確率は減る。さらに細菌の数も減少するので、自然と口臭の原因が改善されるわけだ。

子供の口臭対策は正しい歯磨きをすること

毎日の歯磨きもまた、口臭予防には欠かせないポイントのひとつ。正しいブラッシングを行わないと、細菌の増殖を許すばかりで、口を臭くしてしまう原因となる。

なお、正しいブラッシングは小児歯科の専門医から聞くことが可能だ。

ネット上には間違った情報があふれているため、それらを参考にするよりも専門医から直接アドバイスを受けたほうが効果的である。

最後になるが、子供の口臭に敏感になっている親が増えてきているのも事実だ。

親が子供の口臭に対して神経質になってしまうと、お子さんにストレスがかかり、逆に悪化してしまうこともある。だからこそ、あまり敏感にならずにアドバイスすることが大切だ。

大切なことは子供の気持ちを第一に考え、正しい方法で対策をおこなっていくこと。

これが徹底されれば必ず治る。

何よりも小さな頃から正しい習慣を身につけさせることが重要なのだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top