【NHK】ためしてガッテンの斬新なカリフラワーの食べ方

冬が旬の野菜「カリフラワー」。大好きな食材と答える方もいれば、ブロッコリーの二番手に過ぎない、もしくは嫌いと答える方も多い。いずれにしても、カリフラワーという野菜はあまりスポットライトがあたらない。

事実、カリフラワーの人気は低く、スーパーなどでもあまり目にしない野菜に。しかし、NHK番組「ためしてガッテン」において、同野菜の特集が組まれると急激に人気が情報した。

その理由はNHK「ためしてガッテン」において、斬新な食べ方が紹介されたためである。そこで今回は同番組が紹介した斬新な食べ方にせまっていく。

スポンサーリンク

NHK「ためしてガッテン」が紹介した“斬新な食べ方”

あなたはカリフラワーをどのように調理するだろうか。おそらく、「茹でる」といった方法を実践することだろう。

しかし、NHK「ためしてガッテン」が紹介した斬新な食べ方は「生で食べる」というもの。え・・・生で??と思った方が大半だろう。だが、同野菜は茹でるよりも生で食べたほうがオイシイことが判明。

冒頭でも説明しているが、同野菜はブロッコリーの二番手とされている。とはいえ、ふくまれる栄養素を比較すると、茹でたブロッコリーよりもビタミンCの量が多く、あらゆるレシピに適応できるというメリットが。

実は生のカリフラワーは独特の食感を楽しめるため、次のような料理に適用できる。

  • ラーメンにのせると“シナチク”感覚に
  • お寿司に入れると“レンコン”感覚に
  • アイスやチョコに入れると“ナッツ”感覚に
  • いくらと一緒にしょうゆ漬けすると“数の子”感覚に

実はこれ、すべて同番組で紹介されているので、すべて“事実”。驚くべき特徴をもっていることから、同野菜は今ふたたび注目されようとしているのだ。

スポンサードリンク

大きな反響を得たのは“数の子カリフラワー”

どれも斬新すぎて目からウロコというべきメニューばかりだが、とくにその中でも話題だったのが「数の子カリフラワー」。数の子が大好きな方にとってはお得にその食感を味わえるとして、食卓の定番になること間違いなし。

そこで数の子カリフラワーのレシピを紹介しよう。

 

用意するもの

  • コリフラワー ・・・ 50g
  • しょうゆ ・・・ 大さじ2
  • みりん ・・・ 大さじ2
  • いくら ・・・ 小さじ1 (お好みでも構わないが大体5g)

 

調理方法

  1. しょうゆとみりんを混ぜてから煮つめて冷ます
  2. 1の煮汁といくらを密封袋に入れ、よく揉んで潰す
  3. さらにカリフラワーを入れて5分待つ

以上の工程だけで、まるで数の子ようなカリフラワーが完成する。誰でもカンタンにできる料理なので、大の数の子好きという方にはおすすめだ。

あらゆる料理の脇役として活躍する

一度でも生のカリフラワーを使った料理をつくったなら、徐々にその使い道がわかってくるはず。同番組が紹介したメニュー以外にも使い道はたくさんあるはずだ。

○○の変わりにカリフラワーを使ってみようというアイデアが浮かんだならぜひ試して欲しい。そもそも同野菜は味の主張がないといった特徴をもっているため、どんな料理にも適応できる能力をもつ。

つまり、主役にはなれない野菜だが脇役としては十分すぎるほどの活躍を発揮してくれるのだ。

また、ビタミンCを摂取したい方にもおすすめ。美容にもうれしい野菜のひとつなので、独自の食べ方を発見してほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top