健康 生活

【高血圧】飲み続ける薬が効かない・下がらない理由

投稿日:

高血圧を抑えるための医薬品、そして市販されている薬はさまざまな種類であふている。

基本的に高血圧における治療をしている方の多くは、病院で薬を処方してもらっていることだろう。

無論、処方された薬であろうと市販されたものであろうと、確かな効き目があるならそれに越したことはないのだが、ネット上では「まったく効かない」「服用しても下がらない」と悩んでいる人が多い。

そこで今回は高血圧における治療薬を飲み続けても一向に効かない・下がらないと悩んでいる人を対象に、なぜ効かないのかその原因について迫っていく。

スポンサーリンク

高血圧を治療する「降圧薬」

病院で処方される高血圧を治療するための薬として一般的なものは「降圧薬」である。

降圧薬は市販されていないため、病院でしか手に入れることができない。つまり、医師の処方がなければ誰もが手に出来る薬ではないといことだ。

 

降圧薬は血圧を下げる効果があり、主に食事療法や生活習慣の改善をおこなっても血圧を下げることのできない場合に服用する。

 

ただ、降圧薬を飲むだけでは高血圧を改善することはできない。生活習慣や食生活の改善をおこなっていくとともに降圧薬を服用することで効果があらわれることを認識しておいてほしい。

 

多くの人が誤解しているが、高血圧に関する薬は生活習慣や食生活の改善も実践してはじめて効果を発揮するものである。よって、どれだけ高血圧における治療薬を飲み続けても、基本的な生活を正していかなければ効かない可能性があるのだ。

 

なお、病院で処方される降圧薬は患者それぞれの症状をみて出されることを理解しなければならない。

つまり、本気で高血圧を治療したいのであれば、市販薬を購入するのではなく、病院で診察を受けて自分にあった薬を処方してもらうのがベストということになる。

それでは引き続き、降圧薬の種類を解説していく。

 

意外にもたくさんある降圧薬の種類

高血圧治療ではおなじみの「降圧薬」だが、けっして種類はひとつではない。

すでに降圧薬を飲んでいる方はご存知だと思うが、それぞれ名称も異なれば、生じる可能性のある副作用も違う。

 

前述したように降圧薬は自分に合ったものを選ぶことが重要になるが、いずれにしても医師との共同作業になるので種類をそれぞれ把握しながら、相談して確かなものを処方してもらおう。

 

それではそれぞれの種類について解説していく。

 

「カルシウム拮抗薬」

種類:アムロジピン、ニフェジピンなど

副作用:動悸、頭痛、ほてり感など

 

「ARB」

種類:ロサルタン、テルミサルタンなど

副作用:めまい

 

「ACE阻害薬」

種類:カプトプリル、エナラプリルなど

副作用:空咳

 

「利尿薬」

種類:トリクロルメチアジド、ベンチルヒドロクロロチアジドなど

副作用:低ナトリウム血症、耐糖能低下、高尿酸血症など

 

「β遮断薬」

種類:アテノロール、ビソプロロールなど

副作用:徐脈、代謝の異常など

 

スポンサーリンク

高血圧の薬を飲んでも効かない&下がらない理由

「高血圧の薬を飲んでも効かない・下がらない!!」

おそらくこの記事を読まれている方の大半がそのように思っていることだろう。

薬そのものがあなたの身体に合っていないのであれば、効かない・下がらないといった結果になっても当然といえるが、何らかの原因が邪魔をしている場合もあることを把握しておくべきである。

 

薬を飲んでも効かない・下がらない原因のひとつは、高血圧の薬を飲む間隔が短すぎる(頻度が多すぎる)ことだ。

 

薬というものは立て続けに飲むものではない。
必ず用法・用量によって定められた間隔を厳守する必要がある。

むしろ、間隔を無視した服用は副作用を生じる確率が増すので注意してほしい。

また、飲み始めてから1週間では薬の効き目はあらわれない。高血圧の薬に即効性がないということを把握しておかないと、「結局、高血圧の薬は効かない・下がらないもの」と勘違いしてしまうので注意すべきである。

 

個人差はあるものの、高血圧の薬は最低でも2~3ヶ月間ほど飲み続けなければ実感できないというデータがある。医師も患者の状態にあわせて薬を選択し、処方していくので、まずは2ヶ月間飲み続けよう。

 

そして、薬を飲んでも効かない・下がらないもうひとつの原因は、「食生活や生活習慣の乱れ」が挙げられる。

先述したとおり、高血圧の薬は食生活や生活習慣を規則正しくおこなっていくことで効果を期待できる薬だ。要するにただ薬を飲んだだけでは効かないし、下がらないのも無理はないのだ。

薬を飲んでいながら効かない・下がらないという人で、暴飲暴食や不摂生を繰り返している方は、自身の生活習慣・食生活を改善することを目標にすべきである。

このように高血圧の薬が効かない・下がらない原因はあなた自身にある可能性もあるので注意してほしい。

 

「薬をやめる」という選択肢もある

高血圧を改善するためには、ただ処方された薬だけを飲めばいいというものではない。

あなたの生活習慣が健康にそのまま比例するように、どれだけ優秀な薬を飲んだとしても身体に最悪とも言える生活を続けていたら効かないのも当然といえよう。

つまり、高血圧を治療するためには地道な努力が必要なのである。

 

なお、医薬品には副作用が生じるリスクがあり、体調に合わないと逆効果にあるケースもある。世の中には薬を一切使わず、自身の自然治癒力を高めて高血圧を改善した方があふれている。

 

そもそも、怪我や病気を治すのは「クスリ」ではない。
誰にも備わっている「自然治癒力」が治しているのだ。

ところが、現代人はストレスや不摂生の影響によって自然治癒力が低下し、治る病気や怪我も治りにくくなっている。

あくまで自然治癒力を高めることで高血圧を改善する方法は素人には危険が伴うので、安易におすすめすることはできないが、現状の治療をやめることで状態が良くなる可能性があるのだ。

 

たとえば、生活習慣を見直して健康な日々を送ったとして、身体が本来の自然治癒力を取り戻して状態がまるまる改善してしまうこともあるのだ。そのため、「薬をやめる」という選択肢があることも覚えておいてほしい。

 

スポンサーリンク

-健康, 生活
-, , , , , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.