【遠距離恋愛】連絡頻度が減る・少ない不安な状況から抜け出す方法

遠距離恋愛ほど不安なものはないはず。

今どこで何をしているのか?
浮気はしていないか?

相手への想いが強いほど、不安になってしまうもの。

とくに遠距離恋愛で辛いのは、連絡頻度が減ることだろう。
連絡が少ないとより一層、不安で仕方がなくなる。

では、連絡頻度が少ない不安な状況だったとして、
あなたはどういった行動をとるべきなのか。

今回は遠距離恋愛の連絡頻度を改善するための、
具体的な方法について解説したい。

スポンサーリンク

連絡頻度は少ないほうがいい

連絡頻度が少ないから不安という一心で、
毎日連絡することを“二人の決まりごと”としているカップルもいるだろう。

しかし、それはかえって恋愛を冷めさせる原因となる。

安心したいから連絡頻度を多くするという心理はよくわかるが、
メールや電話を毎日していると、さすがにどんな人間でも“飽きてくる”。

かえって連絡頻度を多くすることがケンカに発展したり、
お互いに不満を溜め込む原因となってしまうのだ。

不安な状況であることは十分にわかるが、
大切なことは未来を考えて、より良いチョイスをすること。

こまめに連絡することは非常に重要なポイントだが、
度を超すような頻度になるのはNGということだ。

もっともオススメできるのは、お互い“ラフ”になること。

話したいときに話す、といったように、
気分や気持ちによって連絡するのがベストだ。

そうすることで、お互いに不満やストレスを溜め込むことがない。
これも遠距離恋愛を成功させる秘訣といえよう。

無駄に連絡頻度を増やしてしまうと、
逆に不幸を生んでしまう可能性が高くなるので注意しよう。

スポンサードリンク

遠距離恋愛の連絡で絶対にやってはいけないこと

恋愛は“心理”がベースになっているわけだが、
それはケースバイケースと考えたほうがいい。

もし、あなたが今、不安な遠距離恋愛をしていて、
相手の心理をゆさぶるような行為を検討しているなら改めたほうがいい。

遠距離恋愛のさまざまな情報を見ていると、
よく連絡をとらずに相手を不安にさせるという方法が解説されている。

もちろん、人によっては効果がある方法といえるが、
その方法が完全にハズれて別れをむかえることも。

基本的にお互いにリスク承知でしている遠距離恋愛なのに、
駆け引きをするという手法自体が間違いだ。

逆にあなたがそのような駆け引きをされたらどうだろう?

いずれにしても、ハイリスクな駆け引きなど考えず、
お互いを信じて今を楽しむことが大切といえる。

すべてあなた都合の恋愛になってしまったり、あなたの要求ばかりを押し付けてしまうと恋が終わってしまう可能性もあるので十分に注意してほしい。

すべては“考え方次第”でラクになる

不安要素をふくらませているのは、
実はあなた自身だったりする。

むしろ、遠距離恋愛になったことで、
ひとりの時間を楽しむ機会が増えたわけだ。

執拗なまでの束縛もされなければ、
あなたの自由に行動することができる。

もちろん、相手への気持ちが深いのは前提としても、
あなたはもっと自分の時間を楽しんでいいのだ。

この先もずっと会えないわけではないし、
いつか一緒になる時だってあるかもしれない。

現状が遠距離恋愛となっているだけのことであり、
未来はどうなっているのかわからない。

だからこそ、相手を思いながらも今を楽しむ。
これが遠距離恋愛をラクにするポイントだろう。

不安になりすぎたところで何も解決しないので、
いっそのこと開き直ってみるのがGood

あなたが考えているほど、
遠距離恋愛はむずかしいものでないのだ。

連絡頻度にこだわるのではなく、
自分らしいスタイルを築き、恋愛が負担にならないように努めよう。

考え方次第であなたが抱く不安はいくらでも解消できるのだ。

あなたが考えているほど、
遠距離恋愛はむずかしいものでないのだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top