【葬式の基本マナー】正しい髪型や服装をチェック

あなたは葬式のマナーについて基礎知識を身につけているだろうか。

何も知らないまま葬式に参列し、恥をかいたことがある人も少なくないと思う。「この人は世間知らずだ」と思われないためにも基本的なマナーは身につけてほしい。

では、最低限知っておきたい葬式のマナーについてみていきたいと思う。

スポンサーリンク

お悔やみの言葉

葬式の会場にもよるが、畳の場であれば正座をし、パイプイスであれば静かに着席する。

久しぶりに会った親戚や知人でも大声で話すことは絶対にNG。あくまで故人を偲ぶ席だということを忘れないでおこう。

そして、悩む人が結構多い、「お悔やみの言葉」。

故人の家族に挨拶をするとき、お悔やみの言葉をかけることが基本的な葬式のマナーとなっている。

どのような言葉を発したら良いのか分からない人も多いだろう。

一般的なお悔やみの言葉は、「この度は、ご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」「心中、お察しいたします」といったフレーズ。

故人の死を悼む言葉以外にも親族に対して、「お体を大事にしてください」と励ましの言葉をかけるのも良い。

また、お香典を渡すときも「どうぞお供えください」と一言伝えてから渡すと良いだろう。

ほんの少しの言葉かけでも遺族にとっては大きな励みとなり、これも大切な葬式のマナーである。

スポンサードリンク

会場に到着→受付までの流れ

葬式が始まる10分前には会場に到着し、受付を済ませておこう。

仕事や用事で遅れてしまった場合は速やかに受付をして静かに葬式会場に入ること。しかし、極力遅刻しないようにすることが第一だ。

受付では、まずお悔やみの言葉を受付の遺族の人にかけ、一礼する。そして、ふくさで包んでいた香典を取り出し、両手で差し出そう。

ここで、香典は受付の相手からみて読めるような向きで差し出すこと。つまり、自分からみると逆になっている。

香典を渡したら次は、芳名帳に名前を書く。名前を書いたら再び一礼をして会場の中に入ろう。

もし、会場に受付がない場合は祭壇に供えるか、またはお悔やみの言葉を述べてから遺族の人に直接手渡すかどちらかになるはず。

どっちにしても、お悔やみの言葉は欠かせないので言葉かけは必ずしてほしい。

どんな服装で行けばいいの?

宗教に関係なく、ほとんどの葬式では「黒」が一般的。

男性であればホワイトシャツ・黒ネクタイ・黒スーツ・黒の靴下。女性であれば、黒のワンピースやスーツ、着物が無難だろう。

このとき、アクセサリーは身につけても良いかどうか迷ってしまうが、極力アクセサリーはつけないこと。化粧もナチュラルメイクで。

どうしてもアクセサリーをつけたい場合は1連の真珠ネックレスがオススメ。2連は「不幸」の意味をもっているため、必ず1連にすること。

学生は制服でOK。

基本的に派手めじゃない「黒」のシンプルな服装、毛皮といった殺生をしているものを使っている洋服は葬式ではNGとなっている。

以上のように、

  • お悔やみの言葉かけ
  • 会場に到着してから受付までの流れ
  • 葬式の適切な服装

については必ず知っておきたい葬式のマナーである。

初めて葬式に参列する方は行くまえにチェックしておいてほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top