【葬式】香典はどのくらい包めば良いの?【目安】

大人になれば葬式のマナーについて疑問があっても、気軽に尋ねることはできないもの。

“こんなことも知らないのか”と世間知らずのレッテルを貼られてしまうからだ。

今さら聞けない葬式マナーの中でも、「香典はどのくらい包むべきなのか」迷っている人は多いはず。

そこで香典に包む目安の金額を3つのケースに分けてみていきたいと思う。

スポンサーリンク

親族が亡くなった場合

あなたの親や兄弟姉妹、祖父母、叔父・叔母、遠縁の人が亡くなった場合、包むべき香典はどのくらいになるのだろうか。

亡くなった相手が自分とどのような間柄だったのかによって変わってくるため、必ずチェックしてほしいと思う。

  • 親…およそ5万~10万円
  • 兄弟姉妹…3万~5万円
  • 祖父母…1万円
  • おじ・おば…1万円
  • 遠縁の親戚…1万~2万円

だいたいの目安はこのようになっている。

地域によっても香典の額は変わってくるのだが、全国平均は以上の通り。

また、親や兄弟姉妹ととくに仲が良かった人であれば目安の金額よりも気持ちとして多めに包むと良いだろう。

仲が良かった兄弟姉妹であれば5万円、よくしてくれた親戚の叔母であれば2万円と目安の金額よりも少し多めが最適。

香典は「お互い助け合っていこう」という意味も込められている。身内、近しい人が亡くなった場合は今までお世話になったという感謝の気持ちも込めておきたいものだ。

スポンサードリンク

友人・知人・近所の人が亡くなった場合

身内ではない、友人や知人、近所の人が亡くなった場合の香典はどのくらい包めば良いのだろうか。

目安としては以下の通りになっている。

  • 仲良くしていた友人・知人…1万円
  • 友人・知人…3,000円~5,000円
  • 友人・知人の家族…3,000円~5,000円
  • 近所の人…3,000円~5,000円

この値段を目安に香典に包めば大丈夫。

また、友人や知人の場合もどれだけ仲良く、親しくしていたかどうかによって金額が変わってくるので要注意。

近所の人でもものすごく良くしてくれた人であれば1万円は包むという人が多い。

数千円だけでは足りないほどお世話になったかどうか、人によって判断はさまざまだが、とても良くしてくれた方であれば今までのお礼として1万円は包もう。

もっとも悩んでしまう仕事関連の人

香典をどのくらい包めば良いのか分からない相手として多いのが、「仕事関連の人」。

会社の同僚や上司、取引先の人など仕事関連もさまざまな人がいる。

  • 会社の同僚…3,000円~5,000円
  • 上司…3,000円~1万円
  • 部下…5,000円
  • 取引先の人…5,000円~1万円

目安としてはだいたいこのくらいだろう。

会社の同僚でもあまり話したことがなければ3,000円でも良いが、とても仲がよかった同僚には5,000円以上は包んでおきたい。

また、上司や部下、取引先の人でもお世話になった方であれば多めに包むのが基本的。

親族・知人や友人・会社関係者の3つに分けて香典の相場についてみてきたがいかがだったろうか。

あなたがどれほどお世話になったかどうかで変わってくるが、基本的に5,000円ほど包んでおけば大丈夫だろう。

注意してほしいことは、苦しむや死ぬといった言葉を連想させる数字、「4,000円」「9,000円」は絶対にNGということ。

中途半端な数字ではなく、切りのよい数字で香典を包もう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top