【肝臓・腎臓】“活性型ビタミンD3”錠剤の作用と副作用

内臓のなかでも大切な部分である肝臓と腎臓。それらの内臓を健康的に維持し続けるためにも必要な成分である「活性型ビタミンD3」。

一体、活性型ビタミンD3とはどのような効果をもたらしてくれるのか、副作用はあるのか、どのような成分になっているのかより詳しくみていきたい。

気になっている方は要チェック!

スポンサーリンク

活性型ビタミンD3とはどんなもの?

活性型ビタミンD3という言葉を始めて聞いたという人は多いだろう。実は、最近出てきた新しい錠剤ではなく、昔からすでに使われていた薬なのだ。

活性型ビタミンD3はカルシウムの力を助長してくれるビタミン類のひとつであり、食品から吸収できる成分ではない。少し特徴的な成分となっている。太陽の光を浴びることで体内に自然に生成される成分なのだ。よって、不足することはないと考えられていたが、ビタミンDの不足が最近は懸念されている。

とくに日本人女性は要注意。若い女性は紫外線対策やダイエットをおこなうことでビタミンDの不足が目立ってきているようだ。無理なダイエットはビタミンDの数を減らし、カルシウム不足にもなってしまう。

ビタミンD3は健康的な体を維持するためには欠かせない成分なのだ。

では、ビタミンD3を摂取することでどのような効果があらわれるのか、次の項でみていこう。

スポンサードリンク

活性型ビタミンD3が与えてくれる効果

活性型ビタミンD3を摂取することで1番に挙げられる効果は「骨粗しょう症・骨折の予防」。

カルシウムの補充を手助けしてくれる成分でもあるため、昔から骨粗しょう症で悩まされている患者さんに利用されてきた。現在でも治療薬として使用されている。骨を強く生成させ、骨折を防いでくれる。

また、「腎臓や肝臓の活性化」も期待できる成分となっている。ビタミンDの量が多ければ多いほど新陳代謝があがり、体のなかのさまざまな細胞を構成する力が働く。内臓の機能が活性化することでより健康的なからだづくりができる。

歳をとるたびに失われていってしまうカルシウムは活性型ビタミンD3を摂取することで働きが正常に戻り、いつまで経っても健康的な体を維持し続けることができるのだ。

副作用と安全に摂取する方法

活性型ビタミンD3を摂取するにあたり気になることが「副作用」だ。

食欲不振や全身倦怠感などが活性型ビタミンD3の副作用として挙げられる。血液中に含まれるカルシウム濃度が高くなることであらわれる症状だ。とくに、活性型ビタミンD3と一緒にカルシウム財を服用してしまうと副作用が出てしまう可能性が高いと報告されている。

副作用を避け、安心して摂取するためには医師の指示を仰ぐか、それとも良質なサプリメントを選ばなければならない。

最近ではお手軽な値段で手に入れることができる活性型ビタミンD3のサプリメントが発売されているのでチェックしてみてほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top