【肌トラブル】化粧品の消費期限に要注意!安心・安全な化粧品を使おう

化粧水、美容液、乳液、ファンデーション、マスカラ、リップなどなど、毎日使っている化粧品にはそれぞれ“消費期限”がある。

どれだけスキンケアに気を遣っていても肌トラブルがなかなか治らないという人は、スキンケアに使っている化粧品の消費期限が切れているかもしれない。

実は、多くの人が化粧品の消費期限について知らないとアンケート調査で分かった。

しっかり化粧品の消費期限を把握しておかなければ肌トラブルを招いてしまうこともあるため、この機会に知っていこう!

スポンサーリンク

なぜ“消費期限”を気にしなくちゃいけないの?

化粧品を使っている人の中にはもったいないからといってずっと使い続けている化粧品もあるのではないのだろうか。

しかし、消費期限が切れている化粧品は逆にお肌に悪影響をもたらしてしまう。

ニキビが出たり、増殖してしまった細菌が皮膚の中に入り、炎症やかゆみを引き起こしてしまうこともあるので要注意。

消費期限というものは、その期間のうちは使っても良いけれど、期限外は使うことをオススメしませんという表示であり、薬事法において「通常の保管条件下で3年以内に変質するもの」にはすべて消費期限の表示が義務化されている。

よって、消費期限は気をつけておかなければならない。

お肌をいつまでもキレイに保ち続けておきたいのであれば安心・安全な化粧品を使うことが大切。

今使っている化粧品の消費期限はどのくらいになるのか把握しておこう。

スポンサードリンク

化粧品の消費期限をチェック!

これから主に使う化粧品の消費期限を挙げていきたいと思う。

化粧品のジャンルによって消費期限が異なるため、使うまえにこの化粧品はどのくらいの期間使うことができるのか確かめてほしい。

  • スキンケア用品・・・6ヶ月以内
  • リップメイク・・・6ヶ月以内
  • マスカラやリキッドアイライナー・・・3ヶ月以内
  • ファンデーション・・・6ヶ月以内
  • チーク用品・・・2年以内
  • 日焼け止め・・・6ヶ月以内

大まかにチェックしたところ、ほとんどの化粧品が6ヶ月、半年以内で新しいものに交換していかなければならない。

たとえしっかり保管をしていても、消費期限が過ぎている化粧品は酸化が進んでいるため、菌が繁殖している状態。

菌がたくさん入っているものをお肌につけてしまっていると知れば、もう二度と使いたくはないだろう。

肌トラブルを防ぐためにも化粧品はどのくらい使えるのか知っておいてほしい。

保管方法にも要注意!

化粧品に記載されている消費期限にかかわらず、保管方法が悪ければ消費期限が短くなってしまうので注意しておかなければならない。

保管方法はしっかり化粧品に書かれてあると思う。

絶対に守ってほしいのは、「日光が当たる場所」「湿度が多い場所」この2点が重なっているところには置かないこと。

きちんと正しいところに保管しておかなければ消費期限にも影響するため、ぜひ注意してほしい。

また、多く取りすぎたからといって容器に戻さないこと、蓋は必ず閉める、ファンデーションやチークを塗るときに利用するブラシやパブは定期的に洗うなど、気をつけるべきところはたくさんある。

正しい保管方法で消費期限を気にしながら化粧品を使っていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top