【統計】日本のでき婚離婚率を徹底調査!

今や、授かり婚との呼び名もある“でき婚”。

結婚する予定はなかったのに赤ちゃんができたので結婚するというカップルがここ近年日本において急激に増えてきているのだ。

日本は高齢少子化に悩まされているため、赤ちゃんができることはとても喜ばしいことだができ婚は非常に離婚率が高い。ここが少しやっかいである。

なぜでき婚をしたカップルの離婚が多いのか、離婚率の統計をチェックしながら詳しくみていきたいと思う。

スポンサーリンク

ここに注目!でき婚が多い年齢層

2000年に厚生労働省が発表した統計によると、もっともでき婚が多かった年代が“10代後半”、次いで“20代前半”と若い世代が目立つ。

でき婚、いわゆるできちゃった結婚は結婚する予定でもなかったのに赤ちゃんができ、妊娠がきっかけで結婚することだ。

つまり、結婚を前提にした交際でなくとも計画性のない性行為で結婚に至ったということになる。

結婚したい相手かどうか考える間もなく、その時の感情で結婚したケースが多い。これが離婚率に大きく現れているのではないだろうか。

さらに若い世代はまだまだこれからたくさんの人と出会い、交流することになる。でき婚の相手よりももっと素敵な人が現れる可能性が高いのだ。

もし、結婚後にもっと素敵な異性と出会ったらきっとその人の方に夢中になってしまうだろう。

経験が浅いからこそ新しいものに惹かれてしまうもの。

よって、若い世代あればあるほど離婚率も高くなるのだ。

実際にその証が日本の統計に現れている。

スポンサードリンク

日本の統計では若い世代の離婚率が多い

年齢層別の有配偶人口に対する離婚率をチェックしてみると、20~24歳までの離婚率が42.5%、そして19歳以下の離婚率はなんと58.4%と半分をきっていた。

でき婚をした19歳以下のカップルのうち2組の1組は離婚していることになる。

この統計には正直驚きを隠せない。

また、さらに統計を調べてみると、10代のでき婚をしたカップルが5年以内に離婚する確率が80%もあることがわかった。

若いときにでき婚をした人ほど離婚率が非常に高く、結婚生活も短いと言えるだろう。

やはり、若い頃はまだまだ遊び盛りで「結婚」や「育児」に縛られることに耐えられず、離婚を決意する人が多いのではないだろうか。

また、年齢が若いと家族を養っていけるだけの経済力もなく、結婚式もまともにできない、準備不足、金銭的にも精神的にも追い詰められることが原因だと考えられている。

日本のでき婚離婚率はこのようになっているが、海外での離婚率はどのようになっているだろうか。

日本の統計と比較して考えていきたいと思う。

海外のでき婚事情と離婚率

海外のでき婚事情をみてみると本当に面白い。

でき婚の確率が1番高いのがカザフスタンとロシア。次いでウクライナとなっている。ちなみに日本は世界ランキングで12位。

例えば、2位のウクライナは性教育がきちんとされていないため、避妊に対する意識が低いことが多い原因となっている。

3位のフィリピンは妊娠すれば結婚するという風習となっており、できちゃった結婚が当たり前。

このように文化の違いによってでき婚に対する見方が変わってくるのがとても面白い。

さらに、海外でも若い頃にできちゃった結婚をしたカップルほど別れる傾向が強い。すべてのカップルとまではいかないが、年齢が上のカップルよりも若い世代の離婚率が高いのだ。

日本だけでなく、海外の離婚率もチェックした上で、離婚をしないためにはやはり真剣に相手が結婚すべき人かどうか考えること、計画性のない性行為はしないことが大切だ。

日本はお互いが同意すれば離婚できるが、離婚暦がついてしまうと再婚が難しくなる。

子供にとっても離婚はやはりよくないだろう。

このように統計では、若い世代のでき婚ほど離婚率が高いことが示されており、そのことをきちんと若い世代は知っておかなければならない。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top