【男女共通】下っ腹をへこませる筋トレ4選

女性・男性ともに気になる体の一部「下っ腹」。

下っ腹がたるんでいると、見栄えが悪くなるだろう。周りの反応も気になってしまうはず。

そこで、下っ腹をへこませる筋トレを4つ紹介しよう。

下っ腹で悩んでいる人は要チェック。下っ腹をへこませる筋トレを続けて、ステキな体のラインを手に入れてみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク

下っ腹をスッキリさせる筋力トレーニング「レッグレイズ」

下っ腹をへこませる方法として、代表的な筋トレと言えるのが“レッグレイズ”。

レッグレイズという言葉を初めて聞く人も多いのではないだろうか。

レッグレイズは、足を持ち上げる筋トレになる。足を持ち上げることで、下っ腹をへこませることができるのだ。

レッグレイズのやり方は、とても簡単なので誰でもできるだろう。正しいやり方について説明する。

1.仰向けになり、両手をお腹の上に置く
2.両足を伸ばし、お腹に力を入れる
3.息を吐きながら足を上げていくと同時に上半身も上げる
4.息を吸いながら足を地面につけないギリギリのところまで下げる

この動作を繰り返していこう。最初は、1セットだけで辛いが、毎日続ければ5セット以上できるようになる。

いきなり5セットするのは難しいため、自分が辛きつくない程度から始めよう。

急に高い目標を設定すると、逆に体へダメージを与えてしまうので注意しなければならない。

無理のない程度に始めていけば、徐々に回数が増やせる。

お腹の筋肉がしっかり鍛えられている感覚を持ちながら、筋トレをすることがポイントだ。

スポンサードリンク

膝を立てて行う筋トレ「レッグレイズ」

レッグレイズは、膝を立てて足を持ち上げる方法もある。足を伸ばしながらする方法よりも、比較的楽にできるだろう。

膝を立ててする筋トレ、レッグレイズは以下のとおり。

1.仰向けに寝て膝を立てる
2.太ももからゆっくりと持ち上げ、3~5秒ほどキープ
3.地面を足につけないようにゆっくりと戻す

以上の動作を10回2~3セット、毎日続けよう。

毎日すればするほど、下っ腹をへこませることができる。効果も実感できるに違いない。

ここで注意してほしいのは「腹筋」を意識すること。足ばかりに意識せず、下っ腹に力が入っているかどうか確認することが大切だ。

下っ腹をへこませるための筋トレであることを忘れないようにしよう。

簡単にできる下っ腹をへこませる方法

ほかにも、簡単にできる下っ腹をへこませる筋トレを2つ紹介する。

1つ目は、「腰あげ自転車こぎ運動」。腰をあげながら、空中で自転車こぎをするという簡単な筋トレになっているのでオススメ。

1.仰向けになり、腰からつま先まで天井に上げる
2.両手で腰を支えながら自転車をこぐように動かす

以上のような動作をするだけで、下っ腹をへこませる筋トレができる。

天井にまで上げることが難しい人は、バランスボールを使うと良い。バランスボールを使った腰あげ自転車こぎ運動を動画で紹介しているので、ぜひチェックしよう。

 

そして、2つ目の筋トレは、「クッションを使う下っ腹筋トレ」。

やり方はレッグレイズと似ているが、この筋トレは家にある“クッション”を使うのがポイント。

クッションを足ではさみながら腰から足を上に持ち上げる。両手は床について支えてもOK。

下っ腹を意識しながら持ち上げることで、下っ腹をへこませる筋力を鍛えることができるのだ。

詳しいうやり方は以下の動画で紹介しているのでチェックしよう。

きちんと正しい筋トレで毎日地道に続けていけば、下っ腹をへこませることができる。1日おきや1週間に1回ではなく、「毎日続けること」が大切だ。

ただし、体が疲れている、痛みがある場合は無理にしないこと。体の状況を見ながら筋トレをしよう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top