【生活習慣病】未然に防ぐための3つのポイント

糖尿病・脳卒中・心臓病・脂質異常症・肥満・高血圧といった病気は「生活習慣病」として一括りされている。

生活習慣病にかかってしまう人が年々増加しており、厚生労働省も予防を呼びかけているほど。

名前のとおり、生活さえきちんと気をつけておけばこれらの病気を未然に防ぐことはできるだろう。

では、どのようにすれば生活習慣病の予防になるのか、そのポイントは大きく3つ。それぞれのポイントについて説明していくのでチェックしてほしい。

スポンサーリンク

毎日食べるものから生活習慣病を予防しよう!

1つ目のポイントとして挙げられるのは「食生活」。

人間は毎日3食欠かさず食べ、エネルギーを補充していかなければならない。しかし、栄養バランスが崩れてしまうような食事を毎日続けてしまえば生活習慣病になってしまうだろう。

生活習慣病の予防として最適な食事は“和食”。

食文化の欧米化が進んできていることにより、ファストフードや脂っこい食事が増えてきた。毎日カロリーが高いものばかりだと肥満や高血圧になってしまう。

しかし、しっかり栄養バランスを考えた食事を摂れば生活習慣病にかかる恐れはない。

和食は野菜やお魚中心となるのでオススメ。野菜・お魚・大豆類にはミネラルやビタミン、アミノ酸といった栄養価の高い成分がたくさん入っている。

また、脂肪の吸収を抑制することができる食物繊維も豊富なのでコレステロール値を低下させることもできるだろう。

今まで洋食中心の食生活だった人は和食中心に変えてみてはいかがだろうか。

食生活を改善するだけでも立派な予防になる。この機会に改善していこう。

スポンサードリンク

ストレスを上手に解消しよう!

2つ目のポイントは、「ストレスを上手に解消する」こと。

生活習慣病にかかる若い人に多くみられるのが「ストレス」。ストレスがかかりやすい社会と言われている今の世の中、ストレスが原因となって生活習慣病にかかる人が急増している。

ストレスを解消せずにずっと蓄積されたままでいると、高血圧や血糖値の上昇から糖尿病になってしまう可能性が高い。

ストレスは免疫力の低下ともつながっているため、ストレスを感じることが多くなればなるほど免疫力がどんどん低下し、がんのリスクや感染症にかかりやすくなってしまうだろう。

生活習慣病の予防として、自分でストレス解消となる方法を見つけ、上手に向き合っていくこと。

ストレス解消はとても大切なことなので要注意!

適度な運動を毎日欠かさずしよう!

生活習慣病の予防として最後のポイントになるのが、「適度な運動」。

毎日欠かさず運動することで基礎代謝が高くなり、免疫力もアップするだろう。

ジムに行ったり、ジョギングをしなければ運動にはならないと思いがちだが、少しの散歩やストレッチでも立派な運動になるので大丈夫。

たった少しでも筋肉を動かすことで肥満・高コレステロールを防ぐことができる。

また、適度な運動はストレス解消にもつながるのでオススメ。

まずは自分が毎日続けられそうな運動をおこなっていってみてはいかがだろうか。

このように生活の中で生活習慣病の予防をすることはできる。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top