【更年期障害】男性にも多くみられる症状を徹底解剖

歳をとるたびにいろいろな症状があらわれてくる「更年期障害」。

体だけでなく、心にも不安定要素が出てくるだろう。更年期障害で悩まされている人も多いのではないだろうか。

更年期障害は女性に多くみられる症状だといわれてきたが、男性にも更年期障害があることがわかっている。

では、男性にみられる更年期障害とはどのようなものがあるのかみていこう。

スポンサーリンク

男性にみられる更年期障害の症状

  • 抑うつ感
  • 不安な気持ち
  • 疲労感
  • 集中力の低下
  • ほてり
  • めまい
  • 筋力低下
  • 体毛減少

などなど、男性にみられる更年期障害の症状はたくさんある。

女性にみられる症状と似ているように感じるが、男性の更年期障害で多いのは「うつ」。精神面でのダメージが大きな特徴となっている。

抑うつや不安、疲労感、記憶力の低下というような精神面への影響が女性よりも出やすくなっているのだろう。

男性の更年期障害はうつ傾向が強いということを知っておくと良い。

では、なぜ更年期障害は男性にも引き起こされるのか、その原因についてみていこう。

スポンサードリンク

男性ホルモンである“テストステロン”の減少

男性の更年期障害は主に、男性ホルモンである“テストステロン”が原因となっている。

テストステロンの分泌が減少されることにより、ホルモンバランスが崩れ、さまざまな更年期障害の症状が引き起こされるのだ。

ホルモンの分泌が減少する要因は人によってさまざま。

ほとんどの男性が加齢による老化や体の変化によって崩れる傾向があるが、ストレスや疲労などいろいろなことが重なって引き起こされることもある。

毎日の生活を見直してみて、自分の体の変化がどうなっているのか、更年期障害のような症状があらわれていないかどうか確認してみよう。

もし心当たりがあるならば、早めに対策をたてておかなければならない。

更年期障害の対策法とは?

男性の更年期障害の要因である、テストステロンの量は20代を過ぎると下り坂になっていく。

ホルモンバランスをずっと維持し続けていくためには、「生活習慣」が大きなポイント。

ストレスを上手く解消し、しっかり睡眠を確保していこう。昼夜逆転生活や睡眠不足が続いてしまうと体内のリズムが崩れてしまい、ホルモンバランスも乱れてしまいがちに…。

規則正しい生活習慣を毎日過ごしていくことから更年期障害の対策ははじまる。

また、「食生活」からテストステロンの分泌を活性化させる成分を吸収することもできるので対策としてオススメ。

ネギ・ニンニク・牡蠣といった食材にはテストステロンの量を増やしてくれる亜鉛やタンパク質が入っている。日々の生活に取り入れていってみてはいかがだろうか。

このように、自分次第で更年期障害を解消することはできる。

女性特有の症状だからといって男性も油断はしてはいけないし、更年期障害を未然に防ぐためにも日々の生活を見直すことが大切。

とくに、几帳面・真面目・責任感が強い男性は更年期障害を引き起こしやすいといわれているので要注意!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top