【時期】エアコン掃除は頻度よく行った方がいい理由

なかなか掃除する機会がない「エアコン」。

実はここにはたくさんのホコリと菌が隠れている場所となっている。今流行している“ハウスダスト”がエアコンから発生していることもあるのだ。

つまり、エアコンを掃除する必要はないと思っている人ほど危険。どれだけエアコンに汚れがたまっているのか、汚れが私たちに与える悪影響について知れば、きっと掃除をする重要性に気付くだろう。

エアコンの掃除がいかに大切なのか、詳しく説明していきたいと思う。

スポンサーリンク

使用する回数と時間によって“汚れレベル”が違う

エアコンの汚れは「使用する回数」と「時間」が大きく関係してくる。エアコンのスイッチを入れる回数が多ければ多いほど、そしてエアコンをつける時間が長ければ長いほど汚れがたまりやすくなるのだ。

つまり、エアコンをよく使っている方ほど、汚れがたまっているということ。
意外とエアコンの汚れはたまりやすいのである。

あまり使わないエアコンも自然と空気中の汚れやホコリが積もり、中にも入り込んでしまうため油断はできない。

寝室よりも家族が集まるリビングの方がエアコンを使う頻度と時間は多いはずだ。自分がどのくらいエアコンを使っているのか考えてみてほしい。エアコンの汚れは思っているほど汚れがたまるのが早い。

スポンサードリンク

エアコンの汚れは恐ろしい!?

最近の家庭ではエアコンの汚れをあまくみているところが多い。エアコンの汚れが私たちにどのような悪影響を与えるか知らないからだ。

汚れているエアコンにはカビやダニが繁殖するにはぴったりの場所。エアコンの内部にはたくさんのカビ・ダニが存在していることになる。そしてそのままスイッチをつけると…なんと恐ろしいことか。

私たちが息をしている空気中にカビ・ダニがからだの中に入り込んでしまうのだ。

吸い込まれたカビ・ダニがアレルギーや気管支喘息、アトピー性皮膚炎を発症させてしまう。

もとから喘息のある子供がいる家庭ではなおさらのこと、エアコンを内部までキレイに掃除しておかなければならない。

定期的に掃除することで生まれるメリット

エアコンの汚れからくる恐ろしさを実感したうえで、定期的に掃除をする重要性がわかったと思う。

定期的に掃除をすることで清潔でキレイな空気を保ち続けることがメリットではない。ずっと長くエアコンを使い続けることができるのもメリットのひとつになる。

さらに嬉しいことに、内部やフィルターをキレイに掃除することでエアコンの詰まりも解消される。故障を避けることができるのだ。わざわざ新しいエアコンに買いなおす必要もない。

また、効率的にエアコンを動かせることができるのもメリットのひとつ。

エアコンには「コンプレッサー」と呼ばれている装置があるが、このコンプレッサーに汚れが溜まってしまうと効率的に動かなくなり、電力を余計に消耗させてしまうのだ。

定期的に掃除をすることでさまざまなメリットが生まれる。この機会に、エアコンを定期的に掃除する習慣を身につけていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top