【悩み】夫婦生活のあり方を見直して快適にするための3項目

幸せいっぱいの新婚生活を過ごしたとしても一緒にいる時間が長くなればなるほど、夫婦生活は上手くいかなくなってしまうもの。

夫婦生活の悩みをもっている人は要チェック!

これから夫婦生活が上手くいくコツについて3つ挙げていきたいと思う。

スポンサーリンク

夫婦生活のあり方「言葉で伝えること」

夫婦生活が長く続くと、「あ」「うん」の呼吸だけで相手の行動が分かるとよく言うが、大切なのは「言葉」で伝えること。

「言わなくても分かるでしょ!」と思うこともあるかもしれないが、言葉で日ごろの感謝の気持ちを相手に伝えることがどれだけ大切なことなのか思い知らされる。

例えば、いつも家事や育児をしてくれるお嫁さんに、「いつもありがとう」と伝えたり、仕事で疲れて帰ってくる旦那さんに「お疲れ様」と一言かけるだけでも違う。

態度で示すことも大切だが、言葉で自分の気持ちを表すことでより相手に想いを伝えることができるだろう。

何か相手に不満があれば溜め込むのではなく、そのことをきちんと伝えることも大切。

夫婦生活のあり方はよりお互いのことを知るチャンスである。

言葉で伝えるように一緒にいる時間をできるだけ増やし、会話をしていこう。

スポンサードリンク

2人のバランスを保つことで悩みは解消される

女性は「家事や育児」、男性は外に「働き」に出ることが一般的になっているが、大切なのは2人の「与える」「受ける」、この2つのバランスが保たれているかどうか。

自分はあなたのためにこれだけしているのに、あなたは何もしてくれないと不満を持っている人は少なくない。

なぜ不満が出るのかというと、自分が与えた分見返りを求めているからだ。

見返りを求めないようにすれば良いのでは…?と思うが、自分だけ相手に貢献をしていてはストレスになってしまうだろう。

1番良いのは、お互いを思いやり、受けた分、与えてあげること。これこそが理想の夫婦のあり方といえよう。

もし、奥様が家事や育児を一生懸命していれば休日は自分が代わりに家事を担当したり、また、旦那さまが家事の手伝いをしてくれたら笑顔で「ありがとう」と伝えるなど、「与える」「受ける」のバランスが保たれていれば夫婦生活も上手くいくこと間違いない。

お互いを「信頼」し合う夫婦のあり方

一度裏切られたら再び信頼関係になることがとても難しい。

旦那さまの浮気が原因で信頼できなくなり、別れてしまったという夫婦も増えてきている。

よって、夫婦生活のあり方で大切なポイントとしては「信頼」が挙げられるのではないのだろうか。信頼関係があるからこそ、何でも頼むことができ、相手を尊重できるもの。

言いたいことも言える関係になり、そこに思いやりが入れば夫婦生活の悩みはなくなるだろう。

ただし、いきなり最初からそうなれるとは限らない。

夫婦生活が上手くいくコツを掴んでいてもそのときの感情や気持ちによって思わぬ行動・言葉を発してしまうこともあるだろう。

まずは少しずつ、できることから自分を変えていこう。自分が変われば相手もきっとその気持ちに答えてくれる。

  • 言葉で伝えること
  • 「与える」「受ける」バランスが保たれていること
  • お互い信頼し合っていること

以上の3点に注意していきながら夫婦生活を気楽に楽しんでみてはいかがだろうか。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top