【実験】かき氷シロップは全種類“同じ味”なのか【錯覚】

夏と言えばかき氷が無性に食べなくなる季節だが、あなたはそのかき氷にかかっているシロップにまつわる噂をご存知だろうか。

「かき氷のシロップはすべて同じ味」

現在、このような噂がネット上で拡散している。

普通に考えると、イチゴ、メロン、レモン、ブルーハワイなど種類によって味は異なるもの。誰も味が違うなどと疑いもしないことだろう。

そこで今回はかき氷のシロップがすべて同じ味という噂の真相を突き止めるべく実験を行った。最初に断っておくが、かき氷をこよなく愛する人は同記事を読まない方がいいかもしれない。

いずれにしてもすべて真実をお伝えさせていただく。

(※夢を抱く子供にはあまりにも酷な記事になると思われるので、できれば大人の方のみが読むことをおすすめする)

スポンサーリンク

シロップの種類こそ違えど味は同じ

ご存知のようにかき氷には様々な種類がある。

メロンであればメロンの味、イチゴであればイチゴの味を堪能できるわけだが、単刀直入に言うとこれらのシロップには原料は使用されていない。

実はかき氷のシロップはすべて同じ味であり、私たちがメロンならメロン味と感じてしまう理由は着色料と香料によるものなのだ。

例えば、メロン味のかき氷の場合、メロンをイメージさせるグリーン系の着色料とメロンの香料さえあれば、人間はそれをメロン味と錯覚してしまうのである。

イチゴ味のかき氷も同様。レッド系の着色料にイチゴの香料が加われば、メロンに使用されている同じ味のシロップでもイチゴ味と感じてしまうのだ。

では、なぜ人間はシロップが同じ味にもかかわらず、着色料と香料のみで錯覚してしまうのだろうか。

スポンサードリンク

かき氷シロップが同じ味でも錯覚してしまう理由

種類が違っても同じ味であることがわかったかき氷シロップ。

では、なぜ人間は同じ味であるはずのシロップを錯覚してしまうのか。

その理由は人間の味覚にとって見た目と香りは非常に重要な要素だからだ。

前述したように同じ味のシロップであっても、着色料と香料だけで思うがままに人間の味覚をコントロールすることができる。

すなわち、見た目は着色料で香りは香料で演出することによって、人間はあたかも種類によって味が異なるものと判断してしまうのだ。

これはいわゆる絵画関連で言えば“だまし絵”に似たもの。私たちの舌も見た目と香りによっていとも簡単に騙されてしまうのである。(緑なら自然とメロンのイメージ、赤なら自然とイチゴのイメージが浮かぶように・・・)

つまり、巷で「かき氷はすべて同じ味」という噂は紛れもない事実。

人それぞれ好みの種類を選んで食べるかき氷だが、実はシロップすべてが同じ味で作られていたのだ。

それでも信じられないあなたにお勧めしたい実験

「シロップが種類など関係なく同じ味だなんて信じれない・・・。」

そんなあなたにお勧めしたい実験がある。

その実験を行えば、嫌でもあなたはシロップがすべて同じ味であることを理解するはずだ。

実験は何一つ難しいことはない。

まずは2種類の味が異なるかき氷を用意する。そして、目隠ししながら鼻をつまんでかき氷を食べてほしい。

たったこれだけでの実験で「かき氷はすべて同じ味」という噂の真相を知ることができるだろう。

なお、ネット上では同じような実験をされている方がいるようなので、その動画を掲載させていただく。以下の実験動画を参考に、時間があるならば是非実験していただきたい。

 

■味に違いがあるか実験している動画

 

かき氷を愛する人には申し訳ない記事としか言い様がないが、シロップがすべて同じ味なのか疑問に感じている方は多いこともあり、実験および真相を解明することとした。

つまり、シロップが種類によって味が違うと感じてしまう原因は脳の錯覚なのである。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top