【子供にかかる費用】スムーズに貯金するためのコツを徹底解剖

子供ができると、育てていくために多額なお金が必要になる。

経済力がない家庭では、養育費が準備できないから子供をつくることができないと悩んでいるだろう。

しかし、収入が少ない家庭でも上手に貯金をすることができるので大丈夫!実際にスムーズに貯金をしている家庭はたくさんある。

では、一体育児にかかる費用はどのくらいになるのか、詳しくみていきたいと思う。

ある程度費用を把握しておけば、お金の使い道や貯金ができるかもしれない。

スポンサーリンク

幼稚園~大学までかかる費用

幼稚園・小学校・中学校・高校・大学すべてに通わせた場合の費用は以下のとおりになる。

  • すべてが国公立の場合:1,000万円
  • すべてが私立の場合:3,000万円
  • 国公立&私立の場合:1,500万~2,000万円

これらの費用を目安に考えておいた方が良いだろう。ちなみに、これらはすべて子供1人にかかる費用となっている。

幼稚園から大学まですべて、国公立に通わせることができても1,000万円という多額のお金がかかってしまう。

そして、私立になればさらに倍以上ものお金がかかるのだ。

ものすごく高い!絶対貯金できないし、お金の用意もできない!と思ってしまうかもしれないが、収入が少ない家庭でも上手にやりくりすれば養育費は貯金できる。

では、どうすれば貯めることができるのか、次で詳しくみていこう。

スポンサードリンク

養育費を“月あたりの金額”で考えてみよう

1,000万円とトータルで考えるから金額が大きくみえてしまうもの。

そこで、養育費を月あたりの金額で考えてみてはいかがだろうか。

幼稚園から高校までの15年間、かかる養育費はおよそ500万円となっているが、その金額を月あたりの金額になおしてみた。

そうすると、月あたりおよそ27,800円となる。

毎月27,800円であればなんとかなりそうな金額に感じられるだろう。15年間毎月この金額を貯金していけば大学までの費用を貯めることができるはず。

しかし、そのときの状況もさまざまなので、27,800円でもなかなか貯められない時期もあるだろう。

教育費の貯蓄が難しい時期とはいつなのか、しっかり把握しておけば上手にお金を使うことができるので大丈夫!

「幼稚園」と「大学」の時期は貯金が難しい

養育費の貯蓄が難しいとされているのが、幼稚園と大学に通う時期。

子供が小さく、共働きができない状態である幼稚園の時期は収入が少ない傾向にある。そのため、なかなか収入から貯金ができない。

また、大学は一気に500万円がなくなってしまうので貯蓄が間に合わないだろう。

「幼稚園」と「大学」の時期はとても貯金が難しくなるということを知っておけば対策を練ることができる。

  • 削減できる固定費は徹底的にカットすること(そのお金は貯蓄にまわす)
  • 浪費を控えること
  • 小学校~高校がお金を貯めるチャンス

以上の3点に注意してお金を貯めていけば養育費を確保することはできるだろう。

たとえ収入が低くても上手にやりくりすれば大丈夫。あなたの心がけ次第で貯めることができるので安心してほしい。

できるだけ早めに養育費の貯金をしていこう。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年9月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top