【女性】声が低いことを理由にカラオケにいけない方必見!

言うまでもなく女性は男性よりも声が高いもの。しかし、声が低いという特徴を持った女性は少なくない。

もう少し高い声が出せればカラオケにも行けるのに・・・。このような悩みを持っているなら、まずは声が低い原因を知り、キーを高くするトレーニングを積んでいくことが大切。

そこで今回は声が低いといった悩みを抱える女性を対象に、その原因と対処法を解説していく。

スポンサーリンク

まずは声が低い原因を理解しよう

原因を把握しなければ明確な対処法を導き出すことができない。そこでまずはなぜ自身の声が低いのか理解することが大切だ。

男女問わず、原則として高身長な人ほど声帯が長いケースが多いため、声は低くなる。仮にあなたが平均身長よりも高いとしたなら、声帯が長いことが原因といえるだろう。

が、原因はそれだけではない。たとえば、あなたの家族や周囲が低い声だった場合、それに同調して自然と低い声を発することが習慣となってしまい、低い声が形成された可能性も。

また、声帯を縮める筋力が弱いと声が低くなるため、その筋力が弱いといったケースも考えられる。よって、あなたがどのケースに該当するかをチェックしてほしい。

スポンサードリンク

声を高くするためのステップ

では、声を高くするためにはどのようなステップを踏めばいいのだろうか。

もっとも効果的な方法は、先述したように声帯を伸縮させる筋力を鍛えることだ。なかには声帯なんて鍛えられないのでは?と感じている方もいるだろう。が、声帯の筋肉はその他部位についた筋肉と何ら変わらない。

つまり、筋トレをして筋力をアップするように、声帯の筋肉もトレーニングをすることでいくらでも鍛えることができるのだ。

しかし、声帯の筋肉を鍛えるためには特殊な器具などを用いない。もうおわかりだと思うが、声を高くするためには「ボイストレーニング」を実践する必要がある。

講師(ガイド)から専門的なレッスンを受ければ、ほぼ間違いなくあなたの声は高くなるだろう。さらにその効率をアップしたいなら、日常生活のなかで高い声もしくは大声で話すように心がけることも大切。

意識と実践を積み重ねることで、次第にあなたの声は高くなっていくはずだ。

効果的なボイストレーニング

それでは最後に自宅でできる効果的なボイストレーニングを紹介する。

まずは「あくび」をしているイメージをつかむことからスタート。あくびをすると自動的に喉が大きく開くわけだが、その状態を真似て大きく口を開けて「あ・い・う・え・お」と発音しよう。

舌を上げて発声すると声は高くなり、下げて発声すると声は低くなる。この感覚を体に覚えさせ、自然と声が高く発声できるように訓練すること。なお、最初は小さな声からはじめ、少しずつ大きな声にしていくように心がけてほしい。

このトレーニングにおけるポイントとしては、舌の上げ下げで声の高さが変化することを知り、自在に声の高低をコントロールすることだ。

最初はうまくいかないかもしれないが何事も継続が必要。毎日欠かさずトレーニングを行うことで、徐々に高い声が出せるコツをつかむことができるだろう。

声が低いからカラオケを避けているという女性はぜひお試しあれ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top