【奥歯・前歯】虫歯じゃないのに歯が痛い原因は…?

虫歯じゃないのに歯が痛い人は必見。

奥歯・前歯それぞれ痛む原因について詳しく解説しよう。

虫歯=痛いイメージはあるが、虫歯じゃないのに歯が痛いケースもある。なぜ痛みがあるのか、原因について知っておこう。

スポンサーリンク

虫歯じゃないのに歯が痛む原因は?

歯が痛むと「虫歯になっている」と疑うもの。

しかし、歯医者に行っても「虫歯ではない」と判断されるときもある。虫歯じゃないのに歯が痛いとき、主な原因は、「ストレス」だろう。

過剰なストレスを受けている可能性がある。

ストレスによって、歯の神経がやられているのだ。「デスクワークをしているとき、急に前歯がキーンと痛んだ」「ちょっとでもかみ合わせるだけで、奥歯が痛んだ」など、経験あるだろうか。

そのような場合は、ほとんどがストレスだと考えて良い。

歯の神経がダメージを受けているときは、状態によって歯の神経を取り除かなければならない。すでに神経が死んでいる可能性もあるからだ。

まだ神経が死んでいない状態であれば、神経の膿みを取り除くだけで済む。

いずれにせよ、虫歯じゃないのに歯が痛い場合は、歯医者に行って診察してもらうこと。前歯・奥歯の痛みをなくすためにも、スピーディーな対応が大切になる。

スポンサードリンク

奥歯・前歯の痛みは歯以外に問題がある

虫歯じゃないのに歯が痛い場合、歯以外のところに問題がある可能性が高い。

どこが痛むのか、どのような痛みがあるのかによって、問題の箇所も異なる。

例えば、歯が締め付けられたように痛む、かみ合わせたときに前歯・奥歯が痛む場合は、「筋・筋膜痛」になっているだろう。

かみ合わせるときに衝撃的な痛みがある場合は、「上顎洞・鼻粘膜炎」の恐れがある。粘膜の炎症が歯の神経にまで広がると、虫歯じゃないのに歯が痛いと感じるのだ。

奥歯に痛みがある場合は、「群発頭痛」が原因になっている。

群発頭痛による奥歯の痛みは、痛みが頻繁に起こる時期とまったく痛みがない時期が周期でやってくる特徴があるので要チェック。

頭痛の方に問題があるため、歯医者ではなく、頭痛に詳しい医者に診てもらおう。

歯に痛みを感じる三叉神経の圧迫によって、虫歯じゃないのに歯が痛いと感じるときもある。会話をするときに、奥歯・前歯が痛むのなら、「三叉新経痛(さんさしんけいつう)」を疑っておこう。

ほかにも、「帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしごしんけいつう)」「心疾患」「心身性疾患」「歯原性異所性痛(しげんせいいしょせいつう)」が考えられる。

このように、前歯や奥歯が虫歯じゃないのに歯が痛い場合、歯以外の問題にも目を向けなければならない。

虫歯じゃないのに歯が痛い時はすぐ歯医者へ

虫歯じゃないのに歯が痛い…、虫歯になっているわけではないのに…と疑問に思ったら、すぐに歯医者へ行こう。

不安な気持ちのまま生活するよりも、歯医者に行って原因を把握した方が安心だ。

虫歯じゃないのに歯が痛い場合は、さまざまな原因が考えられる。原因は、人によって違うため、事細かく歯科医師に伝えなければならない。

どこが痛むのか、どのような痛みを感じるのか、どのくらい痛むのか詳細を医師に伝えよう。そうすれば、歯科医師も適切な指示ができ、原因もハッキリする。

原因がわからないと対応できない。しかし、原因がわかれば、適切な治療ができるだろう。

前歯・奥歯が虫歯じゃないのに痛いときは、すぐ歯医者に行くことをおすすめする。

また、治療を受けながら自分の生活を規則正しく改善しなければならない。不規則な生活を送っていた人は、もちろんのこと、ストレスをできるだけ溜め込まないように心がけよう。

適切な治療やケアをしていけば、歯の痛みも自然と治まる。

奥歯や前歯が虫歯じゃないのに歯が痛い人は、ぜひチェックしてほしい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top