特集 生活

【世界一受けたい授業】滑舌を良くする方法はあなたの好感度をupさせる

更新日:

さまざまな悩みや問題をピックアップし、解決していくテレビ番組「世界一受けたい授業」。

言うまでもなく「世界一受けたい授業」は老若男女を問わず人気番組となっているわけだが、同番組で紹介された“滑舌を良くする方法”は現在も注目されているようだ。

「滑舌が悪いから会話が上手にできない」
「相手にうまく伝えられない」

人にとって滑舌は非常に重要でコミュニケーションを図るうえではもはやマストと言っても過言ではない。

では、どうすれば「滑舌を良くする方法」を実践することができるのだろうか。

そこで本記事では以前「世界一受けたい授業」で紹介された<滑舌を良くする方法>を交えながら、現状の悩みを打破するためのポイントをそれぞれ解説していく。

スポンサーリンク

人気番組「世界一受けたい授業」で紹介された“滑舌を良くする方法”

以前、人気番組「世界一受けたい授業」で紹介された“滑舌が良くなる方法”は、いまも支持される効果的なやり方のひとつとなっているようだ。

「世界一受けたい授業」で紹介された滑舌が良くなる方法は、要するに「舌の骨を鍛えてハッキリ喋れるようになる」というもの。やり方が非常に簡単だったことも支持される理由のひとつだったといえよう。

 

滑舌を良くする方法がオンエアされると、ネット上では「改善された」「良くなった気がする」など大きな反響があったのである。

 

では、「世界一受けたい授業」で紹介された滑舌が良くなる方法のやり方を紹介しよう。

 

滑舌が良くなる方法のやり方

「世界一受けたい授業」で紹介された“滑舌がよくなる方法”は以下のとおり。

やりかた

下あごのとがった部分から少し下にいったところにピーンと張った筋肉「顎舌骨筋(がくぜっこつきん)」がある。

この筋肉は頸部(けいぶ)の筋肉のひとつであり、舌の骨に繋がっているのだが、この部分を軽く押すだけでいわゆる「舌の筋肉」を鍛えることができるので、結果として滑舌が良くなるのだ。

何も特別なことをする必要がなく、ただ軽く押すだけなので数ある滑舌を良くする方法の中でもオススメのやり方といえよう。

 

なお、顎舌骨筋は鍛えることで舌の筋肉によい影響を与え、滑舌がよくなることが実証されているとのこと。よって、「世界一受けたい授業」で紹介されたこの滑舌を良くする方法は、継続することで効果が得られると言っていいだろう。

 

滑舌を良くする方法を実践するうえで心得ておくべきことは、「毎日おこなう」ということ。

たった数日で改善されるほどハードなトレーニングではないので、毎日継続することによって徐々に舌の筋肉が鍛えられ、結果として滑舌が良くなるというわけだ。

 

なお、「世界一受けたい授業」で紹介された滑舌を良くする方法は、大切な結婚式のスピーチ前、会議(プレゼン)前などの乗用な発表直前に行うのが効果的とのこと。

 

ただし、顎舌骨筋を押すときは無理のない程度に。
非常に硬い筋肉なので押す力が強いと逆効果になってしまう。

 

スポンサーリンク

「早口言葉」を用いて改善する方法

滑舌を良くする方法として有名なのは「早口言葉」を用いるやり方である。

実は早口言葉を用いるやり方も「世界一受けたい授業」でも紹介され、多くの滑舌で悩む方の救いになったようだ。

では、早口言葉を用いる滑舌を良くする方法はどのように実践すればいいのか。

 

やり方は単純で代表的な早口言葉である「東京特許許可局」を3回続けて言ってみよう。これを毎日継続することでスムーズに発言できるようになる。つまり、早口言葉に“慣れる”ため、その効果が普段の会話にも生かされ、自然と滑舌がよくなっていくのだ。

 

なお、「世界一受けたい授業」では先述した滑舌を良くする方法とこの方法を2つが紹介されていたが、どちらも継続することで改善が期待できるやり方になる。も早口言葉を毎日言い続けることが滑舌を良くする方法だと紹介されたのでぜひ挑戦してほしい。

また、2つのやり方をセットとして継続することで改善効果はさらにアップするとのこと。

実際にこれらのやり方で問題を解決した方は少なくないようだ。

 

紹介されたやり方を実践した方々の感想まとめ

「世界一受けた授業」で紹介された滑舌を良くする方法を実践した方々の感想をまとめてみると、効果を実感している方が多いようで高評価を得ているようだ。

個人ブログ、TwitterをはじめとするSNSで感想をまとめると、次のような声が多く見られた。

  • 「カラオケ前にやったら高い音が楽に出た」
  • 「滑舌が悪いと言われていたけど言われなくなった」
  • 「スムーズに喋ることができるようになった」

 

ただし、いわゆる「三日坊主」でしかない方が「この方法に効果はない」と判断している声もあった。

再三になるが、上記の滑舌を良くする方法は継続することで効果が期待できるやり方になる。要するにたった数回で滑舌を良くなるわけではないので注意してほしい。

 

舌の筋肉を鍛えると言ってもあくまで「ツボ押し」であり、早口言葉を用いるやり方も毎日地道に続けないことには成果が発揮されないため、継続しないことには真の効果が得られないと言っていいだろう。

 

では、最後に「世界一受けたい授業」で紹介された滑舌を良くする方法を実践することで得られるメリットを解説する。

 

滑舌を良くなることで得られるメリット

滑舌を良くする方法を実践し、問題を解消することができれば以下のようなメリットが生まれる。

  • (歌う場合)歌詞をしっかり伝えることができる
  • 明るく社交的な印象を与える
  • 早口で喋ることができるようになる
  • 噛む回数が少なくなる
  • 大切なシーンで失敗しない

 

いずれにしても、滑舌が改善されれば自然に話すことができるようになるので、印象は随分と変わってくることは言うまでもない。

 

特に初対面の人と話すとき、噛まずにハキハキと喋れるようになるので明るく社交的な印象を与えられる点は最大のメリットと言っていいだろう。

 

社会人として働いている人、学校で何か発表することが多い学生にとって、滑舌が改善されることは大きなメリットになる。

滑舌が悪いと相手は聞き取りづらく、伝えたいことを伝えづらい。
最悪、それが相手からすると不快に感じられ、会話が終了してしまうことも・・・。

 

現時点で人と話すのが嫌、苦手意識を持っているという方は、そもそも滑舌の悪さが原因なのでそれを改善すれば世界を変えることができる。

 

ぜひ、「世界一受けたい授業」で紹介された滑舌を良くする方法を毎日実践し、あなたの好感度をアップさせてほしい。

あなたを変えるのはあなた自身でしかないのだから。

 

スポンサーリンク

-特集, 生活
-, , , , ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2018 All Rights Reserved.