特集 生活

【世界一受けたい授業】滑舌を良くする方法はあなたの好感度をupさせる

更新日:

さまざまな悩みや問題をピックアップして解決していく人気番組「世界一受けたい授業」で紹介された“滑舌を良くする方法”について説明する。

滑舌が悪いから会話が上手にできない、相手にうまく伝えられないと悩んでいる人はぜひチェックしてほしい。

滑舌を良くする方法をマスターし、自分の好感度をアップさせよう。

それでは「世界一受けたい授業」で紹介された滑舌を良くする方法を紹介する。

スポンサーリンク

世界一受けたい授業で紹介された方法

世界一受けたい授業で紹介された滑舌が良くなる方法はとても簡単。

下あごのとがったところから少し下にいったところにぴーんと張っている筋肉がある。その筋肉を軽く押すだけ。

この筋肉の名前は「顎舌骨筋(がくぜっこつきん)」。

頸部(けいぶ)の筋肉のひとつであり、舌の骨に繋がっている。顎舌骨筋を鍛えることで舌の筋肉によい影響を与え、滑舌がよくなるのだ。

滑舌を良くする方法としてはとても簡単なのでぜひやってほしいと思う。

毎日ストレッチをしていけば滑舌が改善されることは間違いない。

大切な結婚式のスピーチ前、会議前と直前にするのも効果的。できれば毎日少しでも続けることがオススメ。

ただし、顎舌骨筋を押すときは無理のない程度に。非常に硬い筋肉なので押す力が強いと逆効果になってしまう。

スポンサードリンク

早口言葉を言う方法もオススメ!

よく滑舌を良くする方法として「早口言葉」を言うやり方が挙げられているが、世界一受けたい授業でも紹介された。

代表的な早口言葉である「東京特許許可局」を3回続けて言ってみよう。

最初は少しつまづいてしまうかもしれないが毎日言い続けていけば次第に言えるようになる。つまり、早口言葉に“慣れ”てくるのだ。

早口言葉に慣れると普段の会話でも自然と滑舌がよくなるもの。

世界一受けたい授業でも早口言葉を毎日言い続けることが滑舌を良くする方法だと紹介されたのでぜひ挑戦してほしい。

あきらめずに毎日続けていけばきっと効果があらわれてくるだろう。

最初に紹介した顎舌骨筋を押す方法と同時にやってみるとより効果が実感できるだろう。

実際に世界一受けた授業で紹介された方法を実践した人の感想をチェックしてみると、

  • カラオケ前にやったら高い音が楽に出た
  • 滑舌が悪いと言われていたけど言われなくなった
  • スムーズに喋られるようになった

など、たくさんの人が効果を実感している。

ただし、三日坊主になると効果は続かないので要注意。

一発で滑舌を良くする方法を探している人はなかなか見つからないだろう。

ツボ押しも早口言葉も毎日地道に続けることで滑舌が良くなるのだ。

滑舌を良くする方法を実践しても長い間続けなければ意味がないことを忘れないで毎日続けていこう。

では、世界一受けたい授業で紹介された滑舌を良くする方法を実践していけばどのようなメリットが生まれるのか次で説明する。

滑舌を良くする方法を実践することで生まれるメリット

  • 歌詞がしっかり伝えられる
  • 明るい社交的な印象を与える
  • 早口で喋れる
  • 噛む回数が少なくなる
  • 大切なシーンで失敗しない

滑舌を良くする方法を実践し、解消されれば以上のようなメリットが生まれるだろう。

とくに、初対面の人と話すとき、噛まずにハキハキと喋れたら明るく社交的な印象を与えられる。

社会人として働いている人はもちろんのこと、学校で発表することが多い学生にとっても大きなメリットになるのではないだろうか。

歌が大好きな人は歌詞がハッキリ伝えられるし、歌っていると非常に気持ち良くなる。

滑舌が悪いとどうしても聞き取りづらく、なかなか相手に伝えることができず会話が終了してしまうこともあるだろう。

人と話すのが嫌、苦手意識を持っている人も多い。

滑舌は自分次第で改善できるので世界一受けたい授業で紹介された滑舌を良くする方法を毎日実践していこう。

滑舌を良くする方法はあなたの好感度をアップさせること間違いない。

スポンサーリンク

-特集, 生活

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.