【一人暮らし・夫婦別】上手な貯金の仕方でゆたかな生活を手に入れる

貯金の仕方はみな同じではない。

それぞれの生活あった貯金をすることが大切。

無理をする貯金は長く続かないものだ。

そこで、【一人暮らし】と【夫婦】、
2つの生活に注目して、
上手な貯金の仕方をマスターしていこう。

貯金をするかしないかによって、
ゆたかな生活になれるかどうか変わってくる。

スポンサーリンク

【一人暮らし】のポイントは“意識”

一人暮らしは食費や電気代・光熱費といった固定費、
飲み会、交通費などなどお金がかかるもの。

とくに固定費は自分次第で削減できるため、
節約の大きなポイントになる。

きちんと貯金をしている人は節約をしながら、
20代で100万円ほど貯蓄がある。

上手に貯金することができない人でも、
意識を改革すれば大丈夫。

一人暮らしのポイントはその人の“意識”。

例えば、お腹が空いたとき、
近くのコンビニに行くとすぐに食べ物がゲットできる。

いつもお昼ご飯にコンビニを利用すれば、
毎日お弁当代500円をかけていることになり、
1ヶ月でなんと15,000円もかけているのだ。

これをお弁当持参に変えてみよう。

そうすれば15,000円も浮き、
その分を貯金にまわすことができる。

これは食費だけではない。

電話代や光熱費・電気代も同じだ。
友人と長く電話をしてしまうと電話代がかかってしまうし、
電気をつけっ放しにすると電気代もあがる。

たった少しのことを気をつけるだけで、
一人暮らしでも節約は可能。

身近なところから意識を高めていこう。

スポンサードリンク

【夫婦】のポイントは“人生プラン”

子供は何人ほしいのか、
マイホームをつくるかどうかなどなど、
夫婦で人生プランについて話し合うのがポイント。

お互いの収入を打ち明けていない、
財布を別々にしている夫婦が多いが、
そのままでは上手に貯金をすることはまず不可能。

収入はオープンにしておいた方が良い。

お互いの収入が分からなければ、
家庭に使うお金の話し合いもできないからだ。

夫婦になればひとつの収入源となり、
どのように使うべきなのか話し合いが必要になる。

相手がどのように使うのか考えを聞き、
お互いに意見を述べて、人生プランを考えていこう。

貯金をスムーズに実践している夫婦は、
お財布がひとつになっているところが多い。

まずはそこからだ。

また、収入が少ないからと諦めてしまう夫婦も多い。

収入が少なくても貯金はできる。
次に、マイナスをプラスに変える貯金の仕方についてみていこう。

収入が低い人の方が貯金しやすい

実は、収入が高い人よりも低い人の方が、
貯金がしやすいという傾向が強い。

収入が高くなってしまうとどうしても高いブランドものや、
コース料理など高いものにしか目がいかないからだ。

収入が低い人はその収入に合った生活をしている。
必要なことにしかお金を使っていない。

収入が低い人でも貯金できるポイントとは
どのような点が挙げられるのだろうか。

そのポイントとしては、「出費を記録すること」、
「小額から貯金すること」の2つ。

お金をいつ何に使ったのか、
より細かく記録していこう。

記録すれば自分のお金の使い方を把握することができ、
どのように使えば節約できるのかわかる。

そして、ほんの少しのお金でも地道に貯金すること。

これはとても大切なことだ。

毎月地道に貯金していけば数年で大きくなり、
貯金をするということが身にについてくるだろう。

収入が少なくても貯金はできるということを覚えておこう。
決して諦める必要はない。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top