【リマウチ】関節の炎症を防ぐには早めの対策が大切

関節の病気として知られている「リマウチ」。

なぜリマウチになってしまうのか、リマウチとはどのような病気なのか、対策について詳しくみていきたいと思う。

最近、体がだるくなった、食欲がない、熱っぽさを感じるという人はリマウチの正気症状かも…。

そんな症状に心当たりがある人は要チェック!

スポンサーリンク

リマウチってどんな病気・・・?

言葉は聞いたことがあるけれど、病気の内容について知らないという人も多いのではないだろうか。

リマウチを簡単に説明すると、“関節の病気”になる。

免疫力が低下し、いたるところの関節が弱まってしまうのだ。リマウチが進行してしまうと、関節の痛みがひどくなり、最終的に体が動かなくなってしまう。

関節の炎症だけではなく、その炎症が肺や目にまでやってくることもあるらしい。

リマウチの初期症状としてみられるのは、熱っぽさや体のだるさ。

また、寝起きに体がこわばってしまう症状もリマウチの恐れがある。

いつまで経ってもなかなか治らないのであれば、一度、病院に診せにいった方が良いだろう。

スポンサードリンク

“免疫”がリマウチに大きく関係している

リマウチの原因は人によってさまざま。

多くみられるのは、ストレス・細菌・ウイルス・疲労・過労。また、仕事からくるストレスや疲労が蓄積され、リマウチとしてあらわれることが多い。

とくに、免疫力が弱まっているときはリマウチになりやすいと言われている。

免疫力が低下しているときに細菌・ウイルスに感染し、関節を守るための組織が崩れていってしまうのだ。そうしてリマウチになってしまう。

調査からリマウチになりやすい人は「30代~50代女性」。

免疫力が徐々に弱まり、老化がはじまってくる頃はとくに注意しておかなければならない。

リマウチは早めの処置が1番大切!

関節が炎症を引き起こし、痛みが発生してしまうリマウチ。

関節の痛みを軽減するための3つのポイントがある。

それは、「入浴」・「ストレッチ」・「運動」。

 

「入浴」は、リマウチの痛みを和らげる大きな効果があり、体を芯から温めることで血液の流れを活性化することもできる。

39度のぬるま湯で何回かに分けながら入浴を繰り返していこう。

10分間お湯に浸かったら5分休憩し、再び入る。そしてまた休憩して再び湯船に入る。このようにして2回ほど繰り返していけばOK。

そして、入浴時間は最高30分と決めておくと良い。あまり長く入ってしまうとリマウチに逆効果になってしまうため要注意。

 

2つ目のポイントである「ストレッチ」は、筋肉を鍛え、柔らかくしてくれるので効果的。

簡単なストレッチであれば何でも良いが、オススメは“リマウチ体操”。

リマウチ体操は体の上、首からスタートして、肩・手首・全身・膝・足と下に向けてあちこちの関節を動かしていく。

自分のペースでゆっくりストレッチしていくと痛みがあっても軽くストレッチができるだろう。

毎日地道におこなっていけばリマウチの痛みも次第になくなるはず。ぜひ試してみてほしい。

 

「運動」もストレッチと同じく、リマウチの治療法としてオススメ。

痛みがあまりなければ軽いウォーキングからはじめてみよう。もし、動かすことができない痛みがあれば、無理に自分で解決しようとせず、通院しながら治療していくと良い。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top