趣味

【イラスト】簡単に絵が上手くなる方法~模写からの上達~

投稿日:

「もっとキレイなイラストが書きたい」
「絵心がないと言われたくない・・・」
「簡単に絵が上手くなる方法があればいいのにな」

このように思っている人は少なくないだろう。

なかには単純に絵が上手くなりたいのではなく、仕事場で絵を通して伝えなければならない状況にある人もいはず。

そんなとき、自分の思い通りに絵が描けたらあらゆる悩みが解消される。

そこで今回は絵がもとから下手な人でも上手になれる「簡単に絵が上手くなる方法」を紹介したい。

スポンサーリンク

上達に欠かせない「模写」からスタートしよう

 

「模写」は美術の授業でもよくやる方法。

見本となる絵やイラストをみて、そのまま絵にすることが「模写」だ。

すでに書かれた絵もしくはイラストを下から写すということではなく、見ながらそのまま再現することが“模写”ある。

 

実はイラストレーターとして生活している人の多くは、この「模写」からスタートしている。そのため、絵を描くということの基礎が出来ているケースが多いのだ。

 

どんなプロでも最初は「模写」から始めていたことを考えると、簡単に絵が上手くなる方法などないかのように思えてしまう。

が、簡単に絵が上手くなる方法は存在する。
そのベースとなるのが「模写」なのだ。

模写は絵を上手に描くための基礎。
よって、まずは好きなキャラクターやデザインをもとに模写をしていこう。

 

いきなり絵やイラストが上手になるとは限らないが、模写をし続けることで線の流れが分かるようになってくる。

 

この模写をマスターすることによって、絵が上手い人の描き方に近づくことも可能だ。

よって簡単に絵が上手になる方法をマスターするためにも、まずは模写を習得し、時間がゆるす限り毎日欠かさず行ってほしい。

 

スポンサードリンク

簡単に絵が上手くなる方法のコツ

 

簡単に絵が上手くなる方法のコツとして挙げられるのは、“苦手な線やパーツを克服”することだ。

苦手な分野は目をつむりがちになってしまうが、絵を上手くなりたいならば克服していかなければならない。

が、前述した模写を続けていくと、

 

自分がどのような部分・線・パーツに苦手意識をもっているのか把握することができる。

 

だからこそ苦手な部分を発見したら、その部分だけ積極的に模写をしていこう。

よく手足を描くのが苦手…と感じる人が多いが、

 

手足の場合は模写よりも自分の手足を観察し描いていた方が上手くいくケースが多い。

 

実物を見て描いた方がどのように動くのかを観察することができるし、自分が描きたい角度から観察することができる。

実際に写真で撮影し、それをみながら描いていくこともひとつの方法だ。

苦手なところを克服できれば絵に対する柔軟性が生まれるため、自由自在に絵を描くことができるようになる。

このように苦手分野の克服は簡単に絵が上手くなる方法のコツと言えるのだ。

 

ただ描くだけではなく想像力も育てよう

 

「何かしら描かないと上達することはできない」と思っているかもしれないが、想像力・構想力と頭の中で考えることも大切なこと。絵心という言葉があるように、イメージ力を持つことも簡単に絵が上手くなる方法のポイント。

 

イラストや絵は描いた人によって個性が違って見えるが、それはそれぞれ独自の描き方をもっているためだ。

 

つまり、自分しか描けない絵があるのだ。

それは単純に絵の上手さではなく、想像力や構想力によるセンスとして解釈することができる。
よって、絵を描くにはその人が持つセンスが重要なポイントになるのだ。

また、頭の中でどのように描きたいのかある程度想像しておくことで絵のテーマが決まる。

これはすなわちテーマを確実にすれば、スムーズに絵が描けることを意味している。

 

別の言い方をすれば「自分しか描けないものがセンス」となり、独自のイラストを生み出すことも可能ということ。

 

きっとその絵に惹かれる人も出てくるはずだ。

 

最後になるが、簡単に絵が上手くなる方法は毎日の練習や模写がベースとなる。これは説明したとおりだが、その人のセンスも大きく関わってくるということも忘れてはいけない。

以上のポイントを踏まえれば、簡単に絵が上手くなる方法を実践することができる。

基礎をマスターすれば誰からも褒められる絵が描けるようになるだろう。

スポンサーリンク

-趣味
-, ,

.

Copyright© Worry-catcher , 2017 All Rights Reserved.