【イチゴ】食べ物で女性ホルモンを増やす方法【ザクロ】

女性ホルモンは「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類で構成されている。

女性ホルモンの分泌が少なくなると髭が濃くなったり、お肌のたるみやシワが目立ってきたり、体調不良になってしまったりと健康・美容に大きなダメージを与えてしまうだろう。

いつまでも美しくあり続けたいと願う女性は、女性ホルモンの分泌を活性化させることが大切。

では、どうやって女性ホルモンを増やしていけば良いのか、方法についてみていきたいと思う。

スポンサーリンク

女性ホルモンの増やし方はいろいろ

女性ホルモンはどうやって増やすことができるのか、いろいろな方法が雑誌やTV、インターネットで紹介されている。

例えば、女性ホルモンを活性化させるツボを押したり、女性の悩みで多い冷え性を改善したりとさまざま。

とくに冷え性をもっている人はできるだけ早めに改善しておかなければならない。冷え性は血液の流れを悪化させ、ホルモンの分泌を抑制してしまう恐れがあるからだ。

できるだけ体を冷やさないようにゆっくりと湯船に浸かって体をあたため、マッサージやストレッチを毎日続けていこう。そうすれば冷え性は改善される。

また、「恋」をすれば女性ホルモンの分泌が多くなるともいわれている。

恋は心をドキドキさせ、ときめきを私たちに与えてくれるだろう。この気持ちが脳に伝わり、女性ホルモンの分泌を促してくれるらしい。

しかし、どの方法もなんとなくイマイチ…と思っている人も多いはず。そこでオススメしたい方法がある。それは“食べ物で女性ホルモンを増やす方法”!

毎日食べるものを女性ホルモンの分泌を促してくれるものに変えていくだけで、女性ホルモンのエストロゲンを増やすことができる。

次では、なぜ食べ物が女性ホルモンを増やしてくれるのかについて説明しよう。

スポンサードリンク

食べ物から女性ホルモンの分泌を促していく

もっともベストな方法は、「食べ物」から女性ホルモンの分泌を促すこと。

毎日必ずご飯を食べているのだから食事から少しずつ摂取していった方がより効率的。

しかし、女性ホルモンは体内でしか生成されないため、外部からの摂取は難しいといわれている。けれど、女性ホルモンの分泌を促すもの、女性ホルモンと似たような働きをする成分を摂取していけば女性ホルモンの量は増えるので安心してほしい。

実際に美を保ち続けている女性は「食事」に気を使っている人がほとんど。

どんな方法で女性ホルモンを増やしていこうか悩んでいる人はぜひ、食事から変えていってみてはいかがだろうか。

オススメは「イチゴ」と「ザクロ」

女性ホルモンのひとつエストロゲンと似たような働きをする食品として有名なのが、納豆・豆乳・豆腐といった「大豆イソフラボン」。

また、ナッツ類やりんご・ぶどう・梨といったフルーツ、わかめ・ひじき等の海藻類も女性ホルモンを促してくれる成分がたっぷり含まれている。

ほかにも結構たくさんの食べ物があるが、オススメしたいのは「イチゴ」と「ザクロ」の2つ。

イチゴとザクロにはお肌をキレイにしてくれるビタミンCはもちろんのこと、“植物性エストロゲン”がたくさん含まれている。植物性エストロゲンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きが期待できると注目されている成分のひとつ。

ほかの食品と比べても含有量が大きく違うのでオススメだ。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Worry-Catcherとは


当サイト「Worry-Catcher」は、様々な悩みや疑問を解決策およびヒントになる情報を提供する総合情報サイトです。ジャンルは多岐に渡り、大多数が悩みと感じる情報や少数派が悩みと感じる情報までを取り扱っています。当サイトであなたの悩みが解消されることを願っております。

気になる悩みを検索する

2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

復縁で悩んでいる方に

Twitter @ WorryCatcher

return top